SAP の製造オーダー: CO01、MD16、CO02、CO15

製造オーダーは、どの材料を、どの場所で、いつ、どのくらいの量で処理する必要があるかを定義します。 また、どのコンポーネントと一連の操作を使用するか、および注文コストをどのように決済するかも定義します。

  • 計画オーダーは、MRP を実行した結果です。 内部調達に設定された資材の不足がある場合は、計画オーダーが作成され、これを製造オーダーに変換できます。 製造オーダーは「ハードコピー」です。 これらは MRP 実行では調整できなくなりました。
  • GOOD そして、材料の工順データが製造オーダーにコピーされ、これによってオーダー内のコンポーネントのリストと運用データが決定されます。
  • 計画原価は、コンポーネント価格と工順活動価格を介して製造オーダーでも更新されます。
  • 製造オーダーに対して利用可能在庫確認を実行して、オーダー内の欠落しているコンポーネントを特定し、その欠落しているコンポーネントを製造現場でのオーダー実行に持ち込むことができます。
  • 消費する部品のリストとワークセンタでどのような作業を順番に実行するかを示す製造現場向けの製造オーダーを印刷できます。
  • 材料を物理的に生産した後、注文確認を通じて生産を宣言できます。これにより、注文に基づいて機械の稼働価格や人件費などの活動コストが更新されます。
  • 注文確認時に、BOM に従って構成品目のバックフラッシュ (消費) を自動的に実行するかどうかを決定できます。 消費により構成品目の在庫が削減され、SAP の移動タイプ 261 で実行されます。
  • 注文確認時に品目の入庫を自動的に転記することもできます。 入庫により品目の在庫が増加しますが、これは SAP の移動タイプ 101 で実行されます。
  • 注文確認後、コンポーネントのコストや活動コストなどのすべてのコストが注文に借方記入され、入庫を転記すると、コストが注文に貸方記入されます。
  • 製造オーダーが完全に確認されて納品されるか、企業がそのオーダーを実行しないと決定したら、そのオーダーは技術的にクローズする必要があります。これは、オーダーが MRP 実行で考慮されなくなり、在庫/要件リストから削除されることを意味します。 コンポーネントの注文予約も削除されます。

製造オーダーの作成とリリース方法

製造オーダーの作成は、材料を生産し、使用されるコンポーネントを消費するために必要です。また、ワークセンターで実行される一連の操作も指定します。

注文のリリースは、注文が製造現場で実行される準備ができていることを意味します。 自動リリース区分が設定された品目マスタ内の関連する生産スケジューリングプロファイルを使用することにより、登録モード中にもオーダーの自動リリースを実行できます。

ステップ1) SAP 簡単アクセス 画面オープントランザクション CO01

  1. 製造オーダーを作成する必要がある材料コードを入力します。
  1. プラントコードを入力してください。

SAP での製造オーダーの作成とリリース

すべてのフィールドに入力したら、 SAP での製造オーダーの作成とリリース または Enter キーを押して次の画面に進みます。

ステップ2) この画面では

  1. 注文数量を入力します。
  1. スケジュールサブ画面で「現在の日付」オプションを選択します。

SAP での製造オーダーの作成とリリース

フィールド全体を入力したら、クリックを押します SAP での製造オーダーの作成とリリース 確認のため、システムは BOM をコピーし、 データのルーティング 順番に。

ステップ3) 同じ画面内で、

  1. SAP での製造オーダーの作成とリリース 注文を解除します。 次のことwing メッセージが左下隅に表示されます。 SAP での製造オーダーの作成とリリース.
  1. SAP での製造オーダーの作成とリリース 材料の入手可能性を確認するため。 システムは、コンポーネントの可用性に関するメッセージを表示します。

注: 在庫確認で欠品部品が見つかった場合は、注文をリリースしないこともできます。

SAP での製造オーダーの作成とリリース

ボタンをクリック SAP での製造オーダーの作成とリリース 保存するには、次のとおりですwing メッセージが左下隅に表示されます。 SAP での製造オーダーの作成とリリース.

計画オーダーを変換して製造オーダーを作成する方法

計画オーダーは MRP 実行の結果であり、その後の実行プロセスのために製造オーダーに変換する必要があります。

計画オーダーを使用して生産を直接宣言することはできないため、生産オーダーに変換する必要があります。

計画オーダーが製造オーダーに変換されると、計画オーダーはシステムから削除され、MRP で考慮できなくなります (必要材料の計画).

ステップ1) SAP Easy Access 画面からトランザクション MD16 を開きます

  1. 材料のグループであるリストからラジオボタン「MRP コントローラ」を選択します。
  1. 上部の右マーク記号を押すか、キーボードの Enter キーを押します。

計画オーダーを変換して製造オーダーを作成する

システムは以下のような画面を表示します。

ステップ2) この画面では、MRP コントローラと選択日に基づいて計画オーダーを取得します。

  1. 工場コードを入力してください。
  1. MRPコントローラーを入力してください
  1. すべての計画オーダーが抽出されるまでの選択終了日を入力します。

計画オーダーを変換して製造オーダーを作成する

下の右マーク記号をクリックするか、キーボードから入力して次の画面に進みます。

ステップ3)この画面では、

  1. 計画オーダーを変換するグリッドを選択します
  1. 「生産指図に変換」ボタンを押すと変換されます。

    計画オーダーを変換して製造オーダーを作成する

計画オーダー変換後に製造オーダーが作成されます。

生産順序の変更方法

ビジネスで計画数量を変更したい場合、または注文がすでに作成された後に BOM/工順が変更された場合は、製造注文の変更が必要になる場合があります。

ステップ1) SAP Easy Access 画面からトランザクション CO02 を開きます

  1. 変更したい製造オーダー番号を入力してください。

SAP での製造オーダーの変更

同じウィンドウで「概要の表示」ボタンが選択されていることがわかります。これはデフォルトで選択されています。

すべてのフィールドに入力したら、 SAP での製造オーダーの変更 次の画面に移動します。

ステップ2) この画面で順序を変更します。

  1. 以下に示すように、注文数量を 9000 または任意の要件に変更します。

SAP での製造オーダーの変更

すべての変更が完了したら、 ボタンをクリックします SAP での製造オーダーの変更 注文を保存します。 システムは次のようなメッセージを表示します SAP での製造オーダーの変更注文番号 6600000887 が左下隅に保存されました。

製造オーダーの確認方法

ステップ1) SAP Easy access 画面のオープントランザクション CO15 からは、確認と同時に XNUMX つのアクティビティが発生します。

  1. 確認書類の生成
  2. 原材料または半製品を消費する
  3. 完成品または半製品の良好な受領
  1. 製造オーダー番号を入力してください

SAP で製造オーダーを確認する

すべてのフィールドに入力したら、 SAP で製造オーダーを確認する 次の画面に進むには

ステップ2) この画面では、確認する実際の収量数量を入力します。

  1. 申告したい生産数量である収量数量を入力します。
  1. 上部の在庫移動ボタンを押して、確認とともに自動在庫移動が行われていることを確認します。

SAP で製造オーダーを確認する

ステップ3) この画面では、親品目の入庫と構成品目の出庫が表示されます。

指図の最後の作業の管理キーで自動入庫が指定されている場合、生産された品目は利用可能在庫に自動的に転記されます。

自動入庫は、品目マスターワークスケジューリングビューの生産スケジューリングプロファイルによっても有効化できます。

品目マスタ MRP1 ビューでバックフラッシュ区分が設定されている構成品目でオーダーを確認すると、これらの構成品目の出庫 (GI) が自動的に転記されます。

  1. 自動入庫 (GR)、品目の生産は移動タイプ 101 を使用して実行されます。
  1. 自動出庫 (GI)、移動タイプ 261 を使用して実行される構成品目の消費。

SAP で製造オーダーを確認する

ボタンをクリック SAP で製造オーダーを確認する 保存する。

システムは次のようなメッセージを表示します SAP で製造オーダーを確認する 左下隅には、転記が成功または失敗した商品移動の数が示されます。

消費用在庫の不足により失敗した在庫移動はマニュアルで再処理されます。

製造オーダーを TECO (技術的に完了) する方法

製造オーダーが完全に納品された場合、または製造現場でそれ以上処理されない場合には、オーダーの技術的な完了が必要となります。

技術的完了のオーダーステータスが TECO に変更されると、そのオーダーに対してそれ以上の商品移動を行うことはできなくなります。

注文は MRP 実行で使用できなくなり、在庫/要件リストから削除されます。

管理部門は、TECO ステータス後の製造オーダーに対して差異計算を実行できます。

ステップ1) SAP からの簡単なアクセス、オープン トランザクション CO02

  1. TECOしたい注文番号を入力してください。

SAP での TECO (技術的に完全な) 製造オーダー

SAP での TECO (技術的に完全な) 製造オーダー すべてのフィールドに入力したら次の画面に進み、

ステップ2) この画面では、TECO ステータスに製造オーダーを発注する方法が表示されます。

  1. メニュー内をクリック 機能-> 処理を制限する ->技術的に完了しました。システムはステータスにメッセージを表示します - TECO

SAP での TECO (技術的に完全な) 製造オーダー

  1. システムはステータスにメッセージを表示します - TECO

SAP での TECO (技術的に完全な) 製造オーダー

トラブルシューティング

  • BOM と工順は製造オーダーの作成前に存在する必要があり、そうでない場合は製造オーダーにコピーされず、計画コストの更新や確認プロセス中のコンポーネントの消費に問題が発生し、コンポーネントの在庫に影響を与える可能性があります。
  • 注文のリリース済みステータスにより確認が可能になるため、注文確認を行う前に製造オーダーをリリースする必要があります。
  • 何かを受け取った場合 会計 確認プロセスでの在庫移動中にエラーが発生した場合は、品目マスタに正しい評価クラスが設定されていることを確認してください。 会計 財務チームを参照または連絡してください。
  • 製造オーダーの確認時に活動価格の欠落などの原価計算関連のエラーを回避するために、材料の標準原価が更新されていることを確認します。
  • 在庫不足により確認プロセス中に一部の在庫移動が失敗した場合は、構成品目が在庫に持ち込まれた後、それらを個別に処理する必要があります。