SAP PP でルーティングを作成/変更/表示する方法

ルーティングは、生産および計画プロセス中にどの操作またはアクティビティのリストを実行する必要があるかを記述したものです。

また、ワークセンターまたは機械でアクティビティ/操作を実行する必要がある順序または順序も示します。

  • 2 つの製品に対して複数の代替ルートが存在する場合があります。たとえば、製品は XNUMX 台の手動機械 (穴あけと機械) で製造できます。 grinディン)と同時neo通常、1 台の自動機械 (穴あけと穴あけの両方を備えた) で製造されます。 grinこの場合、マテリアルには 2 つの代替ルーティングがあります。 viz、自動機と手動機。 ddfd
  • 複数のマテリアルが同じルーティング グループに従うことができます。これは、マテリアルのグループが単一のルーティングを持つことができることを意味します。
  • ルーティングは、完成品および半製品の材料の作業のスケジュール設定と原価計算のために生産現場で使用されます。
  • 工順は、完成品の運用コストを計算することにより、完成品の標準コスト計算にも使用されます。
  • ルーティングを作成する前に、システムでワークセンターが使用可能であることが必須です。

ルーティングの作成方法

ステップ1) SAP Easy Access メニュー、トランザクション コード CA01 を開きます

  1. 工順を作成する必要がある親材料を入力します。
  1. プラントコードを入力してください。
  1. キー日付 (有効開始日) を入力します。これは、ルーティングがその日付から有効であることを意味します。

SAP PP でのルーティングの作成

すべてのフィールドに入力したら、 SAP PP でのルーティングの作成 または Enter キーを押して次の画面に進みます。
「ヘッダーデtails 

ステップ2) このステップでは、以下に示すルーティング ヘッダー データを維持します。

  1. 使用状況に「1」を入力します。これは生産ルーティング用であり、製造オーダーで使用されます。 他にもプラントの保守・点検計画を目的としたタスクリストの用途があります。
  1. ステータスには、解放されたステータスである「4」を入力します。 これは、工順が資材所要量計画および原価計算に有効であることを示します。
  1. ロット サイズに「99999999」と入力します。これは、ルーティングが 0 ~ 99999999 の注文数量に対して有効であることを意味します。
  1. 操作ボタンを押して一連の操作を追加し、次の手順 3 に進みます。

説明、グループカウンター、基本単位測定などの一部の情報は、システムによって自動的に入力されます。

SAP PP でのルーティングの作成

「操作」タブをクリックすると「操作概要」画面が開きます。

ステップ3) このステップでは、運用データを保守します。

  1. 入力します ワークセンターコード 操作が実行される場所。
  1. 生産確認の実行中に作業をスケジュール、原価計算するか、自動入庫が可能かどうかを決定する入力制御キー。 通常、ビジネス プロセスに応じて構成されます。
  1. 操作説明を入力します。
  1. 材料の基本数量または出力数量を入力します。これは、ポイント 5 で述べた機械および労働時間でどのくらいの量の材料が生産されるかを示します。 6とXNUMX。
  1. 基本数量に必要なセットアップ時間を分単位で入力します。
  1. 基本数量に必要な機械時間を分単位で入力します。

SAP PP でのルーティングの作成

SAP PP でのルーティングの作成 新しいルーティングを保存すると、システムはメッセージを表示します SAP PP でのルーティングの作成左下隅にあります。

ルーティングを変更する方法

古いワークセンターを新しいワークセンターに置き換えたり、製造プロセスにもう XNUMX つの作業を追加したりした場合は、ルーティングを変更します。 機械の生産性が向上した場合は、機械時間または基本数量を変更する必要があります。

ステップ1) SAP Easy access メニューから、トランザクション CA02 を開きます。

  1. 工順を変更する必要がある親材料を入力してください。
  1. プラントコードを入力してください。
  1. キー日付 (有効開始日) は、工順がその日付から有効であることを意味し、現在の日付に自動的に設定されます。

SAP PP でのルーティングの変更

ステップ2) すべてのフィールドを入力したら、(右マークの記号)をクリックしますSAP PP でのルーティングの変更トップメニューから次の画面に進みます。

  1. 制御キーを PP01 (自動入庫インジケータなし) から PP03 (自動入庫インジケータ) に変更します。自動入庫とは、生産確認を行うときに、品目の入庫が自動的に行われることを意味します。
  1. マシン時間を変更します。

すべての変更が完了したら、 をクリックします。 SAP PP でのルーティングの変更 ルーティングを保存します。

SAP PP でのルーティングの変更

ルーティングの表示方法

ルーティングを表示するには、次のようにします。wing 手順。

ステップ1) トランザクション CA03 で開いた SAP Easy Access 画面から

  1. 工順を表示する必要がある親材料を入力します。
  1. プラントコードを入力してください。
  1. キー日付 (有効開始日) は、工順がその日付から有効であることを意味し、現在の日付に自動的に設定されます。

SAP PP でのルーティングの表示

すべてのフィールドに入力したら、SAP PP でのルーティングの表示 トップメニューからサインすると次の画面に進み、ルートが表示されます。

ステップ2) この画面では、工順の稼働データがどのように表示されるかを見ていきます。

  1. 画面には、ワークセンタで実行された作業、基本数量(100 EA)、段取時間(10 分)、機械時間(35 分)などの工順の作業データが表示されます。

SAP PP でのルーティングの表示

トラブルシューティング

  • 品目マスタが存在しない場合があります。 このためには、工順を作成する前に品目の品目マスターを作成する必要があります。
  • 一部のユーザーには「ワークセンターが存在しません」というエラーが表示される場合があります。 この場合、事前にワークセンターを作成しておく必要があります。