SAP PP のワークセンター: 作成、変更、表示

ワークセンターは、製造活動が実行される組織単位です。

言い換えれば、ワークセンターは実際の機械、生産ライン、 Assembly ワークセンター等 製造活動または Opera作業はワークセンターで行われます。

  • ワークセンターはタスクリスト(ルーティング)で使用されます operaションが作成され、製造現場の計画と実行のために製造オーダーまたはプロセス オーダーにコピーされます。
  • ワークセンター データは次の目的で使用されます。
  1. スケジューリング

    製造オーダーが作成されると、 operaに基づいて計算できます operaワークセンターに入力されたルーティングおよびフォーミュラの所要時間。

  2. 原価計算

    の費用 operaワークセンターに入力された式に基づいて、製造オーダーで計算できます。ワーク センターはコスト センターにもリンクされています。

  3. キャパシティプランニング

    利用可能な容量と、容量要件を計算するための式は、ワーク センターに保存されます。

  • ワークセンターはルーティングで使用されます operaションデータ。
  • ワーク センターは製造工場用に作成され、コードによって識別されます。
  • 同様のマシンのグループを単一のワークセンターとして作成することもできます。 たとえば、5 つの同様のマシンを 1 つのワーク センターとして作成し、容量を 5 に設定できます。

ワークセンターの作成方法

ステップ1) SAP Easy access オープン トランザクション CR01 から

  1. ワークセンターを作成する必要がある製造プラントのコードを入力します。
  1. ワークセンターコードを入力してください。
  1. ワーク センター カテゴリに「0001」と入力します。これは、ワーク センターがマシンとして分類されることを意味します。

SAP PP でワークセンターを作成する

すべてのフィールドに入力したら、 SAP PP でワークセンターを作成する または Enter キーを押して次の画面に進みます。

ステップ2) この画面では、ワークセンターの基本データを以下のように入力します。

  1. ワークセンターの説明を入力します。
  1. そのワークセンターの責任者コードを入力します。
  1. 工場内でワークセンターが配置されている物理的な場所を入力します。
  1. 用途を「009」と入力します。これは、ワーク センターが生産ルーティング、メンテナンス タスク リストなどのすべてのタスク リスト タイプに対して有効であることを意味します。
  1. 標準原価計算に使用されるさまざまな活動タイプを含む標準値キーを入力します。

SAP PP でワークセンターを作成する

ステップ3) この画面の「容量タブ」。

  1. 容量カテゴリにマシン カテゴリを表す「001」を入力します。
  1. 処理式を「SAP006」として入力 – ワークセンターの利用可能なキャパシティを計算するために使用されます。

SAP006 =( Operaション量・マシンタイム)/ベース量

  1. 容量カテゴリと処理式を入力したら、 SAP PP でワークセンターを作成する ボタン:

SAP PP でワークセンターを作成する

別の画面が開きます。

ステップ4) この画面の「容量」タブで、容量データを入力します。

  1. 容量の説明を入力します。
  1. を入力してくださいtails マシンキャパシティを担当する「入力キャパシティプランナーグループ」について。
  1. 工場の祝日がリストされている工場カレンダー ID を入力します。 したがって、休日には、そのワーク センターのキャパシティはゼロになります。
  1. 基本測定単位を「MIN」として入力します。これは、ワークセンターの利用可能な能力が時間、つまり分で測定されることを意味します。
  1. ワークセンターを利用できる期間 (開始時刻と終了時刻) を入力します。 operaる。
  1. 機械の故障や予防保全を考慮したワークセンターの稼働率%(標準稼働時間のうちどのくらいの時間を利用しているか)を入力します。 同様のワークセンターの数を意味するキャパシティの数を入力します。
  1. キャパシティ制約があるかどうかを示す「有限スケジュールに関連する」フラグと「長期計画」フラグをチェックします。 opera処理は、容量の制約なしで処理できる特定の日付に移動されます。

SAP PP でワークセンターを作成する

すべてのフィールドに入力したら、SAP PP でワークセンターを作成する ワークセンターのキャパシティの概要に戻ります。

次に、メニューから「スケジュール」タブをクリックすると、システムは次の内容を表示します。wing 画面:

ステップ5) 「スケジュール」タブで、

  1. 生産能力カテゴリに機械カテゴリを表す「001」と入力します。したがって、機械時間は製造オーダーのスケジュール時間を計算するための基準となります。
  2. スケジューリング時間を計算するための処理式を「SAP002」として入力します。

SAP002 = (Operaション数量* 機械時間)/基本数量/番号。分割の。

SAP PP でワークセンターを作成する

すべてのフィールドに入力したら、「原価計算」タブをクリックします。

ステップ6) 「原価計算」タブ内

  1. コストセンターの有効日を表す開始日と終了日を入力します。
  2. 入力コストセンターの宛先 opera費用が計上されることになります。
  3. すべての活動タイプを式とともに入力します。これは活動コストの計算に使用されます。

SAP PP でワークセンターを作成する

ボタンをクリック SAP PP でワークセンターを作成する 新しいワークセンターを保存します。 システムはメッセージを表示します SAP PP でワークセンターを作成する左下隅にあります。

ワークセンターを変更する方法

ワークセンターに割り当てられたコストセンターが財務チームによって変更された場合、ワークセンターの変更が必要になります。 ワークセンターの生産可能時間またはその使用率が変更された場合は、ワークセンターでも変更を行う必要があります。

ステップ1) SAP Easy access 画面から、トランザクション CR02 を開きます。

  1. プラントコードを入力してください。
  2. 変更する必要があるワークセンターコードを入力してください。

SAP PP のワークセンターの変更

すべてのフィールドに入力したら、 SAP PP のワークセンターの変更 ワークセンターの概要画面に移動します。 を使用して、優先タブに直接移動することもできます。 SAP PP のワークセンターの変更 ボタン。

ステップ2)

  1. 以下のスクリーンショットに示すように、ジョブタイプを コストセンター または、いずれかのタブで利用可能時間や使用率 % の変更など、あらゆる種類の変更を行います。

SAP PP のワークセンターの変更

すべての変更が完了したら、 をクリックします。 SAP PP のワークセンターの変更 ワークセンターを保存します。 システムは次のようなメッセージを表示します SAP PP のワークセンターの変更左下隅にあります。

ワークセンターの表示方法

ステップ 1) SAP Easy Access 画面からトランザクション CR03 を開きます。

  1. プラントコードを入力してください。
  2. 表示する必要があるワークセンターコードを入力してくださいyed.

SAP PP でのワークセンターの表示

すべてのフィールドに入力したら、キーボードから Enter を押して、ワーク センターの概要画面に移動します。 を使用して、優先タブに直接移動することもできます。 SAP PP でのワークセンターの表示 ボタン。

トラブルシューティング

  • コストセンターが存在しない場合があります。 このためには、コスト センターを作成し、活動タイプとコスト センターの関係を維持する必要があります。
  • [テクノロジー] タブに移動すると、マシン タイプの選択でつまづいてしまいます。その場合は、 をクリックします。 SAP PP でのワークセンターの表示 タブを離れるには。
  • ワーク センターの作成を続行するには、責任者、キャパシティ プランナー グループを構成する必要があります。