MANTIS バグトラッカーのチュートリアル

Mantis Bug Trackerとは何ですか?

マンティス は、さまざまなソフトウェア プロジェクトのソフトウェア欠陥を追跡するために使用できるオープンソースのバグ追跡ソフトウェアです。 Mantis は簡単にダウンロードしてインストールして使用できます。 Mantisbt は現在、ソフトウェアのホストされたバージョンも提供しています。 Mantis を簡単にカスタマイズして、ソフトウェア開発ワークフローをマッピングできます。

Mantis Bt の顕著な特徴は次のとおりです。

  • Email 通知: e を送信します。mail関係者に対する最新情報、コメント、解決策。
  • アクセス制御: プロジェクト レベルでユーザー アクセスを制御できます。
  • カスタマイズ: Mantis は要件に応じて簡単にカスタマイズできます。
  • モバイル サポート: Mantis は、iPhone、Android、および Windows Phone プラットフォームをサポートします。
  • プラグイン: Mantis Issue Tracker にカスタム機能を追加する、拡張し続けるプラグインのライブラリ。

問題を報告する方法

Mantis をダウンロードする必要はありません。オンラインを使用します。 デモ

ステップ1) マンティスにログインする

問題を報告する

ステップ2) Mantis にログインすると、Mantis のメイン画面の上部にユーザー名が表示され、オプションをクリックして問題を Mantis に報告できます。 「レポート問題」 としてジョブステータス出力ログに記録されます。

問題を報告する

ステップ3) 次の画面で

  1. バグ カテゴリを入力してください
  2. 再現性を入力してください
  3. 重大度を入力してください
  4. 優先度を入力してください
  5. プラットフォームに入るtails
  6. バグレポートの概要を入力してください
  7. 説明を入力してください
  8. エラーを再現する手順を入力してください
  9. 「レポートを送信」をクリックします

問題を報告する

注意: お使いのバージョンの Mantis に表示されるフィールドは延期されます。 に関するセクションを参照してください カスタムフィールド 同様に。

ステップ4)すべてのデを入力した後、tails レポート ウィンドウでレポートを送信すると、すぐにレポートがメイン ウィンドウに表示されます。以下のスクリーンショットに示すように、[問題の表示] をクリックすると、問題が ID とともに画面に表示されます。 "0017896" また、ステータスが新規として表示され、作成日も表示されます。

問題を報告する

Mantis ツールの問題は、問題のステータスに応じて強調表示されます。 たとえば、ここでは問題は承認済みステータスであるため、明るいオレンジ色で強調表示されています。

問題を報告する

ステータスごとに異なる色が割り当てられます。

ステップ5) 問題の #id をクリックすると 0017896、問題がさらに詳しく表示されますtails プロジェクト レポーター、そのステータス、提出日、最終更新日など。

問題を報告する

ステップ6) これらとは別に、以下に示すようにファイル、ドキュメント、画像をバグに追加できます。

問題を報告する

ステップ7) 以下のスクリーンショットに示すように、問題に対処するコメントを追加することもできます。

問題を報告する

ステップ8) 問題レポートの上部にある履歴をクリックすると、問題の履歴を確認できます。この問題の履歴には、tails 問題がいつ作成されたか、いつファイルが問題に追加されたか、または問題にメモが追加されたかどうかなど。

問題を報告する

ステップ9) 問題が送信されると、開発者は電子メールを受け取ります。mail.

問題を報告する

プロジェクトを追加する方法

ステップ1) 「管理」タブで、「プロジェクトの管理」に移動します。

  1. プロジェクト名を入力してください
  2. ステータスの選択
  3. 説明を入力してください
  4. [プロジェクトを追加] をクリックします

プロジェクトを追加する

ステップ2) プロジェクトが作成されます。

プロジェクトを追加する

ユーザーの作成方法

ステップ1) [管理] > [ユーザーの管理] に移動します。 「新しいアカウントを作成」をクリックします

ユーザーを作成する

ステップ2)

  1. 入力します
  2. 本名
  3. メール
  4. アクセスレベル
  5. 「ユーザーの作成」をクリックします

ユーザーを作成する

ステップ3) 次の画面で、ユーザーを目的のプロジェクトに割り当てます。

ユーザーを作成する

ステップ3) アップデートEmail および必要に応じてその他のアカウント設定

ユーザーを作成する

ステップ4) ログイン認証情報がユーザーに送信されます。mail.

ユーザーを作成する

カスタムフィールドの作成方法

ステップ1)

  1. カスタムフィールドの管理に移動します
  2. フィールド名を入力してください
  3. 「新規カスタムフィールド」ボタンをクリックします。

カスタムフィールドの作成

ステップ2)

  1. フィールドタイプの選択
  2. フィールド固有のデータを入力します
  3. 「カスタムフィールドの更新」をクリックします

カスタムフィールドの作成

ステップ4) カスタムフィールドが作成されました

カスタムフィールドの作成

ステップ5) カスタムフィールドを再度クリックし、カスタムフィールドをプロジェクトにリンクします

カスタムフィールドの作成

ステップ6) 「レポートの問題」セクションに、新しいカスタムフィールドが反映されます

カスタムフィールドの作成