SAP PP C223 で本番バージョンを作成する方法

製品バージョンは、製品 BOM (Bill マテリアルの) とプロセスのルーティング。これにより、品目の生産または品目の計画にどの代替 BOM がどの工順とともに使用されるかが決まります。

ロットサイズと有効期限に基づいて、異なる製造バージョンが存在する場合があります。

たとえば、1 ~ 100 リットルの塗料を製造する場合と、100 ~ 1000 リットルの塗料を製造する場合では、異なるバージョンが存在する可能性があるため、両方の場合で異なる BOM 構成が必要になる可能性があります。

  • それは次の内容で構成されますwing データ:
  1. 製品バージョンへの工順の割り当て
  1. 代替 BOM の製造バージョンへの割り当て
  • 製品版は以下で使用されます 資材所要量計画 (MRP)、製造オーダーの作成、および製品の原価計算を行い、最適な工順と対応するプロセスを選択します。 bill 材料の。

SAP で実稼働バージョンを作成する手順

製品版を作成するには、次の手順を実行します。wing ステップ-

ステップ1) SAP Easy Access 画面からトランザクションを開く 223

  1. プラントコードを入力してください。
  1. 製造バージョンを作成する必要がある親材料を入力します。
  1. 材質コードを入力してください。
  1. 製品版のコードとテキストを入力します。
  1. 製品版の有効期限を入力します。
  1. 有効なロットサイズ範囲を入力します。
  1. 生産 BOM の場合、代替 BOM と BOM の使用状況を「1」として入力します。
  1. ルーティング グループとカウンタを入力します。
  1. タスク リストのタイプ、つまりルーティングを入力します。

SAP PP で本番バージョンを作成する

すべてのフィールドに入力したら、 SAP PP で本番バージョンを作成する または Enter キーを押して次の画面に進みます。

ステップ2) この画面では、

  1. 新しく作成した製品バージョンの行を選択します。
  2. 「整合性チェック」を押して、BOM とルーティングが有効かどうかを確認します。

SAP PP で本番バージョンを作成する

ステップ3) この画面では、BOM の有効性と品目の作業手順に関するメッセージが表示されます。

  1. タスク リスト ルーティングが製品バージョンの有効期間 (01.01.2015 ~ 31.12.9999) およびロット サイズ (0 ~ 99999999) 内に存在するかどうかを確認します。
  1. BOM が製品バージョンの有効期間 (01.01.2015 ~ 31.12.9999) およびロット サイズ (0 ~ 9999999999999) 内に存在するかどうかを確認します。

SAP PP で本番バージョンを作成する

クリック SAP PP で本番バージョンを作成する または、キーボードから F3 を押して前の画面に戻ります。

ステップ4) この画面では、テストのステータスが緑色で示されていることがわかります。

  1. 整合性チェックのステータスは緑色で確認できます。

SAP PP で本番バージョンを作成する

クリック SAP PP で本番バージョンを作成する 新しいバージョンを保存するには、システムの左下隅に「製品バージョンが保存されました」というメッセージが表示されます。

トラブルシューティング

  • 場合があるかもしれません GOOD およびルーティングは、実稼働バージョンの有効期間内では無効です。 生産の有効期間が BOM と BOM の有効期間の間にあることを確認してください。 ルーティング.