SAP PP の長期計画 (LTP): MS31、MS04、MD61

SAP PP 長期計画 (LTP)

SAP PP の長期計画 (LTP) は、すべての BOM レベルで将来の需要と供給の状況をシミュレーションするために使用されます。 主な機能は、生産能力の状況、材料要件、および材料を希望の時間内に提供するベンダーの能力を確認することです。

これは実際の実行ではなく、実際の計画状況に影響を与えないシミュレーション実行であり、ワーク センターのキャパシティ状況をかなり前から確認できます。 このような情報が事前に入手できれば、キャパシティのボトルネックに対処するために追加のマシンが必要かどうかを早い段階で決定できます。

  • LTP(長期計画)とは、将来の生産計画をシミュレーションするためのシミュレーション版MRPのことです。
  • 模擬版から模擬版へ計画を移行することが可能です。 operaシミュレーションを通じてすべての容量と要件を満たすことができることが判明した場合、有効バージョン「00」(実際の計画)。
  • 購買部門は長期計画の結果を活用することもできます。彼らは将来の要求数量に関する情報を使用して、将来の発注書を見積もります。これは彼らにチャンスを与えますunity 納品スケジュールやベンダーとの契約について交渉するため。
  • ベンダーには、将来の見積発注書と納品スケジュールのプレビューが送信されるため、長期計画の結果による利点も得られます。
  • 一般的には、 計画された独立要件 (PIR) バージョンはアクティブまたは非アクティブのいずれかになります。 LTP の場合、計画された独立バージョンはシミュレーション バージョンであるため、非アクティブにする必要があります。アクティブな PIR バージョンのみが取得されます operaティブプランニング(MRP)。
  • 既存のマスターデータをLTPに使用できます。 ただし、LTP に別のマスターデータ (BOM と工順) を使用することも可能です。
  • 長期計画データを削除する場合は、計画シナリオを削除する必要があり、別の非アクティブなバージョンで新しい要件を使用してサイクル全体を再実行できます。
  • 長期計画データを利用して、工順活動数量をそれぞれの原価センタに転送することもできます。 管理部門は、標準原価計算に使用される原価センタ予算値と活動数量 (LTP 実行によって計算される) を除算することにより、活動価格計算を計算できます。

SAP で非アクティブなバージョンの独立要件を作成する方法

ステップ1) SAP の簡単なアクセス、トランザクション MD61 を開きます

SAP PP 長期計画 (LTP)

  1. 要件を作成する必要がある材料コードを入力してください
  1. プラントコードを入力してください。
  1. バージョンを「02」と入力します。これは非アクティブなバージョンであり、要件は MRP ではなく長期計画実行で考慮されます。
  1. 需要を作成する必要がある計画期間の日付を入力します。
  1. 計画期間を月 M として入力します。

SAP での独立要件の非アクティブなバージョンの作成

すべてのフィールドに入力したら、 SAP での独立要件の非アクティブなバージョンの作成 または Enter キーを押して次の画面に進みます。

ステップ2) この画面では、月次バケットに資材の所要量を入力します。

  1. バージョン「02」とアクティブチェック box これは、非アクティブ/シミュレーション要件であり、LTP 実行でのみ考慮されることを意味します。
  1. 月次バケットに所要量を入力します。

SAP での独立要件の非アクティブなバージョンの作成

クリック SAP での独立要件の非アクティブなバージョンの作成 すべてのデータを入力した後に保存すると、システムにメッセージが表示されます SAP での独立要件の非アクティブなバージョンの作成.

SAP PP で計画シナリオを作成する方法

計画シナリオの作成は、長期計画の実行に必要です。 PIR 形式の年間シミュレーション所要量が計画シナリオに割り当てられます。BOM 選択 ID は、LTP 実行で関連する BOM を選択するためにシナリオに割り当てられます。 現在の在庫、既存の予定入庫を LTP 実行に含めたり、除外したりすることもできます。

ステップ1) SAP easy access 画面からトランザクション MS31 を開きます

SAP PP での計画シナリオの作成

  1. 計画シナリオ (選択した数字または英数字) を入力し、シナリオの説明を入力します。

    SAP PP での計画シナリオの作成

    キーボードの Enter キーを押して次の画面に移動します。

ステップ2) この画面では、

  1. LTP 実行を実行する必要がある計画期間を入力します。
  1. 開始在庫を空白のままにしておきます。これは、現在の在庫が LTP 実行で考慮されないことを意味します。
  1. BOM 選択 ID「01」は、アクティブな BOM が LTP 実行で展開されることを意味します。

SAP PP での計画シナリオの作成

ステップ3) 同じ画面内で、

  1. 上部の「計画された独立要件」ボタンを押すと、小さなポップアップウィンドウが表示されます。
  1. 小さなポップアップ画面で、バージョン「02」と計画期間を入力します。

SAP PP での計画シナリオの作成

ステップ4) 同じ画面内で、

  1. 上部の「Plants」ボタンを押すと、小さなポップアップ画面が表示されます。
  1. 製造工場コードを入力してください。
  1. すべての項目を確認したら、「確認」ボタンを押してください。tails

SAP PP での計画シナリオの作成

ステップ5) 同じ画面内で、

  1. 「リリース+保存」ボタンを押すと、計画ファイルのエントリが生成されます。
  1. ポップアップウィンドウで「はい」をクリックするとシナリオが解除されます。

SAP PP での計画シナリオの作成

「はい」ボタンをクリックすると、システムはオンライン モードまたはバックグラウンド モードで計画ファイル エントリを作成するように求めます。

ステップ6) この画面では、

  1. 計画ファイルのエントリが生成されます。 「すぐに」ボタンをクリックしてエントリを生成します。

SAP PP での計画シナリオの作成

計画ファイルのエントリに関するメッセージが生成されます。これは、システムが長期計画の実行に関連する品目の数を識別したことを意味します。

SAP PP での計画シナリオの作成

この画面を閉じることも、簡単アクセス画面に戻ることもできます。

SAP PP で長期計画 (LTP) を実行する方法

SAP PP で長期計画を実行するための段階的なプロセスを次に示します。

ステップ 1) SAP 長期計画オプションに移動し、必要な情報を入力します。tails

トランザクション MS02 では、LTP を実行します。

SAP PP での長期計画 (LTP) の実行

  1. 計画シナリオを入力します。
  1. 材質コードを入力してください。
  1. MRP を実行する製造プラント コードを入力します。
  1. 処理キーを「NETCH」と入力します(合計期間の純変化)
  1. MRP リストに「1」を入力すると、システムは在庫/所要量リストと同様の MRP リストを作成します。 later 前回の MRP 実行の分析。
  1. LTP を実行するので、計画モード「1」を入力します。
  1. スケジューリング区分「2」を入力します。これは、LTP がリードタイムスケジューリングを実行し、工順時間を考慮して模擬計画オーダーの期間を計算することを意味します。
  1. 計画シナリオの設定を使用するには、「1」を入力します。つまり、確定入金は LTP 実行では考慮されません。

SAP PP での長期計画 (LTP) の実行

キーボードで Enter キーを 2 回押して、LTP を実行します。 システムは LTP の実行に時間がかかり、計画に関するメッセージをスローします。

ステップ2)調達提案状況の確認

この画面では、

  1. 作成された調達提案の数に関するメッセージを確認します。

SAP PPP での長期計画 (LTP) の実行

SAP で在庫/要件リストを確認する方法

このリストには、計画シナリオの要件 (非アクティブな PIR) と模擬計画オーダーなどの受入要素が表示されます。このリストには、リアルタイムではなく、すべてのシミュレーション データが表示されます。 opera有効なデータ。

ステップ1) トランザクション MS04 内

  1. 計画シナリオを入力します。
  1. 材質コードを入力してください。
  1. 工場コードを入力してください

SAP で在庫/要件リストを確認する

Enter キーを押して次の画面に移動します。

ステップ2) この画面では、

  1. 計画オーダーが PIR に対して生成されたかどうかを確認し、計画オーダーの再スケジュール日を確認します。 これらはすべて模擬的な計画オーダーであり、リアルタイム データとは何の関係もありません。

SAP で在庫/要件リストを確認する

SAP のキャパシティ状況を確認する方法

ステップ1) SAP Easy Access からトランザクション CM38 を開き、ワークセンタでの能力要件を確認します。 ワークセンターにはシミュレーションの計画オーダーがロードされるため、時間の観点から能力要件が発生します。

  1. 計画シナリオを入力します。
  2. 工場コードを入力してください。

SAPでキャパシティ状況を確認する

Enter キーを押して次の画面に移動します

ステップ2) この画面では、

  1. ワークセンターの能力負荷を確認してください。これは基本的に次の比率です。 容量要件 (中 hours) と利用可能な容量 (in hours).

SAPでキャパシティ状況を確認する

SAP の模擬購入情報システムを分析する方法

LTP は購買要求の代わりに「計画オーダー」を生成し、計画オーダーには「供給源」はありません。 ただし、Standard Information System レポートではベンダーを確認できます。

LTP 活動の後、PURCHIS 情報システムの新しいバージョンが作成されます。

ステップ1) トランザクション MS70 内

  1. 計画シナリオを入力します。
  1. オプション「標準/移動」を選択します。 avg。 これは、模擬計画オーダーが標準/移動価格で評価されることを意味します。 avg 価格。
  1. 「テストモード」のチェックを外して実行します。 バージョン情報構造 001 が自動的に作成されます。

SAP の模擬購入情報システムを分析する

実行ボタンを押すと、システムはバージョン 001 の購入情報システムを更新し、値のある模擬発注数量を使用して、購入プランナーが年間全体の原材料を計画し、サプライヤーと交渉できるようにします。

実行ボタンを押すと次の画面に進みます。

ステップ2) トランザクション MCEC では、前のステップで行われた購買情報システムの更新を確認できます。ベンダーの注文数量を確認できます wise 一定期間。これはすべてシミュレーション バージョンで行われます。

  1. 計画シナリオを入力します。
  1. プラントコードを入力してください。
  1. 分析する期間を入力してください

SAP の模擬購入情報システムを分析する

このレポートを実行するには、上部の実行ボタンを押すか、キーボードから F8 を押します。 レポートの次の画面には、模擬発注数量が表示されます。

ステップ3) この画面には、模擬年間生産計画に基づいた原材料の予想購入数量と金額が表示されます。

  1. シミュレーション版でPOの数量と金額を確認する

SAP の模擬購入情報システムを分析する

トラブルシューティング

  • 長期計画を効果的に実行するには、BOM や工順などのすべての PP マスター データが整備されている必要があります。マスター データがなければ、BOM の最下位レベル (原材料) までドリルダウンして計画することができないためです。
  • 実際のデータでの競合を避けるために、PIR 数量は非アク​​ティブ バージョンで入力してください。