SAP QM マスターデータ: SAP のマスター検査特性

SAP Quality Management モジュール内および他の SAP アプリケーションでは、検査計画と検査ロット処理に関するデータを維持する必要があります。

検査ロットを登録して検査結果を記録する前に、検査計画のための基本的な SAP マスタデータを更新する必要があります。

フォロー SAP QM マスターデータは、材料を検査する前に設定する必要があります。

SAP QM のマスター検査特性 (MIC)

マスター検査特性は、長さ、幅、粘度などの材料の検査仕様を記述するために必要です。

プラントレベルでマスター検査特性を作成し、検査計画活動を簡素化および標準化します。

また、MIC の重複作成を避けるためにマスター検査特性を整理するのにも役立ちます。

これらの特性は、工順、マスターレシピ、検査計画、保守タスクリストで使用できます。 単一の MIC に対して異なるバージョンを作成することもできます。

検査特性に検査方法やカタログを添付することができます。

以下は、で使用できるマスター検査特性のタイプです。 SAP.

a) 定量的

定量特性は、定量検査の結果を記録するために使用されます。

結果の記録を実行しながら、検査の値をこれらのタイプの特性に直接入力できます。 上限値、下限値、中央値などの特性仕様限界は、マスター レベルで、または検査計画の作成時に各検査特性に対して定義できます。

検査特性レベルに検査方法を付加することもできます。

b) 定性的

定性的特性は、「OK」または「Not ok」などの属性検査の結果を記録するために使用されます。

カタログ タイプ 1 のコード グループ/選択されたセットは、定性検査特性に対する結果を記録するために使用できます。 検査特性に応じて適切な検査方法を付けることができます。

SAP での検査方法

検査方法には、検査を実施するための手順が記載されています。

「検査方法」をマスター検査特性に割り当てることも、検査計画内の検査特性に直接割り当てることもできます。

あるプラントで検査方法を作成し、その検査方法の元のプラントを利用して他のプラントの検査計画に使用することもできます。

SAP QM のサンプリング手順

サンプリング手順は、検査ロットのサンプル サイズを決定する手順です。 検査計画に活用できます。

サンプリング手順は、固定サンプル、パーセンテージ サンプル、100%、またはサンプリング スキームを使用することができます。 サンプル スキームは、サンプリング計画の集合です。

サンプリング計画は、特定の検査ロット数量に基づいてサンプル サイズを定義し、サンプルが合格または不合格かどうか、およびその方法を決定するための基準を定義します。

ビジネス要件に応じて、サンプリング サイズが決定されます。 たとえば、医薬品のバッチを検査する必要がある場合、製造される医薬品の量に応じて、検査のためのサンプリングが計画されます。

SAP検査計画

使用した品質の結果を取得したい場合は、検査計画の定義が必要です。

  • たとえば、検査方法を定義するには、次のようにします。
  • 検査対象物
  • 材料の検査はどのように行われる必要があるか
  • 検査する特性、作業場所、検査仕様。
  • 検査計画は、XNUMX つまたは複数の材料の品質検査がどのように行われるかを定義します。 検査計画では、検査作業の順序やマスター検査特性の検査に使用できる仕様の範囲、検査のサンプルサイズを計算するためのサンプリング手順、MICを検査するための検査方法などを定義します。
  • 検査計画の「ステータス」と「使用状況」を保持し、計画がアクティブか非アクティブかを確認できます。 SAP システムによって生成されたグループ番号 (クライアント レベル) とグループ カウンタ (プラント レベル) を使用して検査計画を識別できます。 検査するパラメータが同じであれば、複数の材料を XNUMX つの計画に添付することができます。

SAP の品質情報記録

品質情報記録は「材料とベンダーの関係」について維持されます。 特定のベンダーから供給される製品の品質が損なわれた場合に、特定のベンダーを介した材料の調達を阻止するために使用されます。

この SAP マスターでは、ベンダーと品目の組み合わせの品質システムを維持します。

この SAP マスターは、QM 調達キーが品目マスターで有効な場合にのみ必須になります。

見積書または発注書が登録されると、SAP システムは Q-info レコードが必要かどうか、品目と仕入先の組み合わせに使用できるかどうかをチェックします。

Q-info レコードに基づいて、発注書をリリースできるかどうかのチェックが行われます。

原材料検査機能を使用したい場合は、品質情報記録を維持する必要があります。つまり、材料が工場に到着する前に材料が検査を受けることになります。 入庫 (GR).

この検査は、SAP システムで品目、ベンダー、プラントの組み合わせに対して作成された発注書にのみ基づいて行われます。 材料がすでにソース検査を通過している場合、GR (入庫) 検査はありません。

Q 情報レコードは、検査が制限されているシナリオでも役立ちます。 これは、「xyz」ベンダーから調達された場合は検査を継続する必要がありますが、「abc」ベンダーから調達された場合は継続する必要がないことを意味します。

SAP QM でマスター検査特性を作成する方法

SAP QM でマスター検査特性を作成する方法を段階的に説明します。

ステップ 1) SAP Easy access メニューに移動します

SAP Easy access メニューから、トランザクション コード QS21 を開きます

  1. プラントコードを入力してください。
  1. 作成する必要があるマスター検査特性コードを入力します。
  1. MIC がその日付から有効であることを意味するキー日付 (有効開始日) を入力します。

SAP QM でのマスター検査特性の作成

すべてのフィールドに入力したら、 SAP QM でのマスター検査特性の作成 または Enter キーを押して次の画面に進みます。

ステップ 2) マスター検査特性の一般データを更新する

このステップでは、以下に示すマスター検査特性の一般データを保守します。

  1. チェックを入れますbox 測定可能な定量的特性を作成する場合は、定量的です。
  1. ステータスを「リリース済み」と入力します。
  1. MIC データを完全に保持する必要があるため、「完全コピー モデル」を入力します。
  1. 選択した短いテキストを入力します。
  1. 制御インジケータボタンを押して、下限値と上限値、つまり材料が許容される仕様範囲などの他の重要なデータを維持します。

SAP QM でのマスター検査特性の作成

ステップ 3) 上限と下限を維持する

このステップでは、制御インジケーターボタンを押すと、小さな画面がポップアップ表示され、下限値と上限値のデータが維持されます。

  1. チェックにフラグを立てるbox 下側規格限界の場合。
  1. チェックにフラグを立てるbox 規格の上限について。
  1. チェックにフラグを立てるbox この MIC で使用するサンプリング手順と同様に、サンプリング手順についても同様です。

SAP QM でのマスター検査特性の作成

Enter キーを押して次の SAP 画面に移動します。

ステップ 4) 絶対下限値および絶対上限値データを維持する

このステップでは、絶対的な下限値と上限値のデータを維持します。

  1. MICの小数点以下の桁数と測定単位を入力します
  1. スペックの下限を 4 として入力します
  1. 仕様の上限を 4.5 と入力します。

SAP QM でのマスター検査特性の作成

Enter キーを押して SAP の最初の画面に移動し、データを保存します。 次のようなメッセージが表示されます SAP QM でのマスター検査特性の作成.

SAP で検査メソッドを作成する方法

SAP で検査メソッドを作成する手順は次のとおりです。

ステップ1) SAP Easy access メニューから、トランザクション コード QS31 を開きます

  1. プラントコードを入力してください。
  1. 作成する検査方法コードを入力します。
  1. 「有効日」を入力します。これは、検査方法がその日から有効であることを意味します。

SAP で検査メソッドを作成する

Enter キーを押して、次の SAP QM 画面に移動します。

ステップ2) この SAP QM 画面では、

  1. ステータスを「リリース済み」と入力します。
  1. 検査方法の短いテキストを入力し、検査フィールドを検索しますarchi検査方法についてはngです。

SAP で検査メソッドを作成する

保存ボタンを押して検査方法を保存します。

SAP でサンプリング手順を作成する方法

以下は、SAP でサンプリング手順を作成する方法を段階的に示したプロセスです。

ステップ1) SAP Easy access 画面からトランザクション QDV1 を開きます

  1. 作成する必要があるサンプリング手順コードを入力します。

SAP でのサンプリング手順の作成

ステップ2) すべてのフィールドを入力したら、(右マークの記号)をクリックしますSAP でのサンプリング手順の作成 トップメニューから署名して、次の SAP 画面に進みます。

  1. サンプリング タイプとして「固定サンプル」を選択しますが、全数検査またはサンプリング スキームを選択することもできます。
  1. 特性の合格および不合格のルールを定義する評価モード「属性検査非確認単位」を選択します。
  1. 次へボタンを押して、次の SAP 画面に移動します。

SAP でのサンプリング手順の作成

ステップ3) この SAP 画面では、

  1. 「サンプル」ボタンを押すと、サンプルサイズを定義するための小さなポップアップ画面が開きます。
  1. サンプルサイズを「5」と定義します。

SAP でのサンプリング手順の作成

保存ボタンを押してサンプリング手順を保存します。

SAP QM で検査計画を作成する方法

Following SAP QM で検査計画を作成する手順は次のとおりです。

ステップ1) SAP Easy access 画面からトランザクション QP01 を開きます

  1. 検査計画を作成するために必要な材料コードを入力します。
  1. プラントコードを入力してください。
  1. 検査計画が有効となるキー日付(有効開始日)を入力します。

SAP QM で検査計画を作成する

キーボードの Enter ボタンを押して次の画面に進みます。

ステップ2) この SAP 画面では、ヘッダー データを保守します。

  1. 使用法を「5」と入力すると検査計画が入庫に対して有効になることを意味し、ステータスを「4」と入力すると計画がリリースされます。
  1. ロットサイズを「99999999」と入力します。これは、検査計画が検査ロット数量 99999999 に対して有効であることを意味します。
  1. 「操作」ボタンを押して次の画面に進みます。

SAP QM で検査計画を作成する

ステップ3) この SAP 画面では、検査特性が維持される稼働データを更新します。

  1. 品質ラボのワークセンターを入力します。
  1. コントロール キーに「QM01」と入力します。これは、操作が品質チェックを目的としたものであることを意味します。
  1. 「検査特性」ボタンを押して次の SAP 画面に移動します。

SAP QM で検査計画を作成する

ステップ4) この SAP 画面では、操作の検査特性を更新します。

  1. マスター検査特性名「MOIST」を入力します。
  1. 検査方法を入力します。
  1. 入力サンプリング サンプルを決定する手順。

SAP QM で検査計画を作成する

すべてのフィールドに入力すると、下限値と上限値が自動的に入力されます。

保存ボタンを押して、材料の検査計画を保存します。

SAP で品質情報レコードを作成する方法

SAP で品質情報レコードを作成する方法を段階的に説明します。

ステップ1) SAP Easy access 画面からトランザクション QI01 を開きます

  1. 品質情報レコードを作成するために必要な材料コードを入力します。
  1. ベンダーコードを入力します。
  1. 工場コードを入力します。

SAP での品質情報レコードの作成

キーボードの Enter ボタンを押して次の画面に進みます。

ステップ2) この SAP 画面では、リリース日を維持します。

  1. 「この日付までリリース」と入力します。これは、材料をリリース日までベンダーに注文できることを意味します。
  1. この特定のベンダーからのこの品目の注文をブロックする場合は、ブロック機能を入力します。

SAP での品質情報レコードの作成

プレス検査。 Control+Tab で次の画面に移動します。

ステップ3) この SAP 画面では、検査管理データを更新します。

  1. この特定のベンダーの材料を検査したくない場合は、検査コントロールに「検査なし」と入力します。
  1. ソース検査を使用する場合は、チェックにフラグを立てますbox ソース検査の場合は、ソース検査タイプを「01」と入力します。それ以外の場合は空白のままにします。

SAP での品質情報レコードの作成

保存ボタンを押して品質情報記録を保存します。

SAP での品質情報レコードの作成

トラブルシューティング

  • 作成前に、検査計画と品質情報レコード、マスター検査特性、サンプリング手順、検査方法、品目マスター、仕入先マスターが SAP システムで利用可能である必要があります。