工程内検査 SAP QM: CO01 および QA32

工程内検査(時間基準)は、生産工程における中間品や完成品の工程内品質検査の結果を記録するために使用されます。

例えば2回に1回の検査 hours、検査ごと shift、などについては今後検討していきます。

「工程内検査」ロットには、SAP システムの製造オーダーへの参照/リンクが含まれます。

ルーティング operaこれには、工程内チェック中に検査する必要がある検査特性が含まれます。

検査ロットは製造指図リリ​​ース時に生成されます。 工程内検査の検査タイプは「03」です。

注意: このタイプの検査は在庫を管理するのではなく、生産プロセスを管理します。

工程内検査は次のとおりですwing プロセスステップなど

  • 工程での検査ロットの作成 注文リリース

品質検査ロットの作成 SAPシステム 製造オーダー発行時に自動生成されます。

  • 検査ロット一覧

検査ロットをリストするには、トランザクション コード QA33 を使用できます。 検索条件としては、

  1. 材料)
  2. 品質検査ロット作成日
  3. 検査日
  4. 植物
  5. 検査タイプ03
  • タスクリストを検査ロットに割り当てる

タスクリストは資材のルーティングから自動的に割り当てられます。

  • 計算例

サンプリング手順に品質上の特徴が伴う場合 operaマスターレシピを作成すると、1 つの品目に対して複数の計画が利用可能な場合、SAP システムはロット作成/プラント割り当て時にサンプルを自動的に計算します。

  • 結果の記録

結果の記録は、製造指図に対して作成された検査ロットに対して行われます。

すべての特性は入力用の SAP 記録画面に表示されます。 SAP システムは、属性検査のコード値を取得するために f4 検索を実行します。

定量的データの場合、許容限界 (上限および下限) に基づいて、SAP システムが評価を提案します。 どちらの場合も、検査官は提案を受け入れるか拒否することができます (手動)。

  • 使用の決定

当社が使用を決定する際には、検査結果に基づいて検査ロット内の製品の合否を決定していただきます。 使用を決定したら検査は完了です。 在庫転記は工程内検査に限定されます。

生産オーダーの作成とリリース方法

この SAP トランザクションでは、SAP システムで品質検査ロットをトリガーする製造オーダーを作成してリリースします。

ステップ1) SAP Easy access メニューからトランザクション コード CO01 を開き、次の内容を入力します。wing details.

  1. 製造指図を作成する材料コードを入力します。
  1. SAP画面に生産工場を入力します。
  1. 生産注文タイプを入力します。

製造オーダーの作成とリリース

すべてのフィールドに入力したら、 製造オーダーの作成とリリース または Enter を押して次の SAP 画面に移動します。

ステップ2) 次の SAP 画面で次のように入力します。wing details.

  1. SAP画面で生産数量を入力します。
  1. ドロップダウンから「現在の日付」を選択します box.
  1. 「解除」ボタンを押すと注文が解除されます。

製造オーダーの作成とリリース

ここで、「割当」タブをクリックして検査ロットが生成されたかどうかを確認し、次のSAP画面に移動します。

ステップ3) この SAP 画面では、

  1. 製造オーダーのリリース時にトリガーされた検査ロットを確認できます。

製造オーダーの作成とリリース

検査ロットを確認後、保存ボタンをクリックして注文を保存します。

製造オーダーの作成とリリース

結果記録のやり方

ステップ1) SAP Easy access メニューから、トランザクション コード QA32 を開きます。

ここでは、材料の工程内検査を実施し、検査仕様書に照らして結果を記録します。

  1. SAP 画面にプラント コードを入力します。
  1. 検査ロットの原点を「03」として入力します。これは、工程内検査に使用される標準の SAP 検査タイプです。
  1. 実行を押すと検査ロットの一覧が表示されます。

SAP QM での結果の記録

ステップ2) この SAP 画面では、

  1. 前のステップで生成された検査ロットと材料を確認できます。
  1. SAP システムのステータスを REL CALC として確認します。これは、検査仕様が検査ロットにコピーされ、サンプル サイズが計算されていることを示します。 工程内検査のために品質在庫を無制限または他の在庫カテゴリに転送することは適用されない/必須ではないため、ここでは SPRQ ステータス (在庫転記) を確認できません。
  1. 「結果」ボタンを押して次の SAP 画面に移動し、結果を記録します。

SAP QM での結果の記録

ステップ3) この SAP 画面では、品質検査ロットの生成結果が表示されます。

  1. 「ビジュアル」などの定性マスター検査の特徴を短いテキストで確認できます。
  1. 検査計画でサンプリング手順が割り当てられている場合、SAP システムによって自動的に計算されたサンプル サイズ「5」が表示されます。
  1. 検査仕様に対して実際の結果を手動で入力します。

SAP QM での結果の記録

保存ボタンを押して検査結果を保存します。

使用決定の仕方

ステップ1) SAP Easy access 画面から、前のステップで結果の記録を行った同じトランザクション QA32 を開きます。

ここでは検査ロットに対する使用判定を行い、検査ロットの合否を決定します。

フォローしてくださいwing SAP 画面の手順、

  1. プラントコードを入力してください。
  1. 検査ロットの原点を「03」として入力します。これは、工程内検査に使用される標準の SAP 検査タイプです。
  1. 実行ボタンを押すと検査ロットとロット数量の一覧が表示されます。

SAP QM での使用の決定

ステップ2) この SAP 画面では、

  1. 用途決定ボタンを押して次の画面に進みます

SAP QM での使用の決定

ステップ3) この SAP 画面では、

  1. ロットの合格には UD コードを「A」として選択すると、使用決定コードに基づいて品質スコアが「100」として表示されます。 原材料検査で見たように、在庫転記を行うための「検査ロット在庫」タブがないことがわかります。

SAP QM での使用の決定

保存ボタンを押して使用決定を保存し、プロセス検査が完了します。

次は SAP QM チュートリアルでは、生産後に最終検査を行う方法を見ていきます。

トラブルシューティング

  • ルーティングデータからの検査特性を検査ロットにコピーする必要があり、これがないと結果の記録と使用の決定を行うことができません。
  • 検査特性が検査ロットの後の作業手順に追加される場合、検査ロットは CRTD ステータスを取得します。 このような場合、検査仕様を手動で割り当て、ステータスを作成済み (CRTD) からリリース済み (REL) に変更する必要があります。 検査ロットがリリースされると、結果の記録と使用の決定を行うことができます。
  • 使用の決定は手動で行う一方で、結果を記録するには、検査計画にサンプリング手順を割り当てる必要があります。 検査ロット内のサンプルを計算する必要があります。