SAP で入庫を作成する方法: MIGO、MB1C、MB03

入庫を作成するには、次を使用できます。 ミゴ or MB1C トランザクション。

MIGO はすべての移動シナリオにすべてのオプションを備えているように設計されているため、ほとんどの人が MIGO を使用します。

SAP で入庫を作成するプロセス

ステップ1)

  1. 実行する ミゴ トランザクション。
  2. 選択する A1 – 入庫 プロセス。
  3. 選択する R01 – 注文書.
  4. ここに注文番号を入力してください。
  5. 実行ボタンをクリックします。

SAP で入庫を作成する

ステップ2) 私たちの資料は項目概要セクションに転送されます。

投稿日と文書の日付を選択します (デフォルトのように今日のままにすることをお勧めします)。

SAP で入庫を作成する

ステップ3)

  1. ヘッダー レベルの [ベンダー] タブを選択して、ベンダー情報を表示できます。
  2. 品目番号をクリックすると、画面の下部にいくつかのタブが表示され、それらのタブのいずれかを選択して品目に関する特定の情報を表示できます。
  3. 「材質」タブを選択すると、一般的な材質データが表示されます。

SAP で入庫を作成する

ステップ4) このタブで数量情報を確認します。 変更すれば初期値より安く入庫することも可能です。 注文した数量は画面の下部に表示されます。

SAP で入庫を作成する

ステップ5) 次のタブには、商品の目的地に関する情報が含まれています。

  1. 入金処理に使用される移動タイプを確認できます。
  2. 仕向先工場と保管場所、
  3. 入荷時の在庫タイプも同様です。 この品目は品質検査に転記される予定であることがわかります (この区分は品目マスタで設定されており、前のトピックで参照しました)。そのため、満足のいく品質であることが確認されるまで使用できません。
  4. 商品の受取人や荷降ろしポイントに関する情報もあります。

保管場所を変更する必要がある場合、または在庫転記タイプを上書きする必要がある場合は、ここで実行できます。

SAP で入庫を作成する

ステップ6) このタブには発注書関連のデータが表示されます。

  1. 納品完了インジケーター (発注書上) の更新タイプを変更できます。 投稿時に自動的に更新されるように設定されていますが、プロセスで別のアプローチが必要な場合は変更できます。

SAP で入庫を作成する

  1. すべてのタブを確認し、データが正確であることを確認した後、項目に OK のフラグを付けることができます。 これで文書を投稿できるようになりました。

SAP で入庫を作成する

転記すると、重要文書が生成されたことがわかります。

SAP で入庫を作成する

トランザクションコードを使用して入出庫伝票を確認できるようになりました MB03.

  1. トランザクションを実行する MB03.
  2. 入出庫伝票と伝票年度を入力します。
  3. ENTERを押します。

SAP で入庫を作成する

ドキュメントとアイテムに関するいくつかの基本情報を確認できます。

Double 項目をクリックします。

SAP で入庫を作成する

項目についてtails、追加のアイテム情報が表示されます。

SAP で入庫を作成する

これで入庫の転記は完了です。 このプロセスは、製造オーダーと入荷の場合でも同じです。