督促の実行方法: SAP F150

督促

保留中の顧客/ベンダーとの連絡プロセスです。 bills (SAP ではオープンアイテムと呼ばれます)。 SAP では、督促プロセスをスケジュールし、督促実行のさまざまな督促レベルを管理できます。督促プロセスには以下が含まれます。wing 手順:

  1. 督促プログラムにパラメータを入力します。古い督促実行のパラメータをコピーして日付を調整できます。
  2. 督促実行では、勘定科目を選択し、期限を過ぎた品目がないか調べ、督促が必要かどうかを確認し、督促レベルを割り当てます。 すべての督促データは督促提案に保存されます。
  3. 督促提案は、督促担当者が結果に満足するまで、必要に応じて何度でも編集、削除、再作成できます。
  4. 必要に応じて、このステップをスキップして、督促実行の後に直接督促通知を印刷することもできます。
  5. ワンクリックで督促通知が印刷され、マスターレコードおよび関連文書内の督促データが更新されます。

SAP での督促手順

ステップ1) バックグラウンドでスケジュールされたジョブとして完全督促実行を実行します。トランザクション F150 を入力します。 SAP コマンドフィールド

SAP で督促を実行する

ステップ2) 次の画面で、フォローを入力します。wing

  1. 督促実行日を入力してください
  2. 督促実行 ID を入力します。

SAP で督促を実行する

ステップ3) 「パラメータ」タブ内

  1. 督促日を入力してください
  2. 督促対象の文書が考慮される日付を入力してください
  3. 督促の会社コードを入力してください
  4. 顧客を入力し、 ベンダー 督促される

SAP で督促を実行する

ステップ4) 督促パラメータの保存

SAP で督促を実行する

ステップ5) 「スケジュール」ボタンを押して督促実行をスケジュールします。

SAP で督促を実行する

ステップ6) 次の画面で、生成された督促状を印刷するプリンタを選択します。

SAP で督促を実行する

ステップ7) 次の画面で督促実行時間をスケジュールします。

SAP で督促を実行する

ステップ8) 督促実行のステータスを確認する

SAP で督促を実行する

ステップ9) スプール依頼で督促通知を確認できます。

SAP で督促を実行する

SAP で督促を実行する

SAP で督促を実行する