SAP CRM Web UI: 設定、アプリケーション、および拡張ツール

概要

  • SAP CRM には、多くの標準ロール (営業担当者など) が定義されており、これらのロール内のアプリケーション (アカウント管理など) も含まれています。
  • 一般的なシナリオでは、企業は標準アプリケーションをそのまま使用せず、小規模または大規模な機能強化を行います。
  • これを考慮して、SAP CRM には、SAP 標準アプリケーションを強化するためのツールが実装されています。 これらのツールを使用すると、ビューの変更、フィールドの追加、テーブルの追加などを既存のアプリケーションに行うことができます。
  • これらのツールには主に次のものが含まれます。
  • Web UI設定ツール
  • アプリケーション拡張ツール (AET)

Web UI設定ツール

  • の任意のビューに表示されるレイアウト SAP CRM Web UI 構成として維持されます
  • これらの構成は 4 つのパラメータ値を使用して識別されます
  • したがって、異なるパラメータ値を使用した新しいレイアウトで Web UI 設定を強化できます。
  • Web UI に表示されるフィールドは、データ ディクショナリで定義されたデータベース構造から取得されます。
  • 要件に従って、すべてのフィールドがすべての画面に表示されるわけではありません
  • Web UI設定ツールを使用して画面を変更することが可能
  • このツールを使用すると、画面から一部のフィールドを削除することができます。
  • また、データディクショナリ構造で利用可能なフィールドを画面に追加することもできます。
  • のすべてのページで、 CRM Web UI、「Web UIツール」に移動するボタンがあります
  • このボタンを使用できるようにするには、事前定義されたロールが必要です
  • したがって、このボタンを表示したり、このツールで変更を行ったりするには、ユーザーは十分な権限を持っている必要があります
Web UI設定ツール
Web UI ページのボタン 以下で勉強してみましょう
  1. 設定可能エリア Web UI設定ツール: 画面内の設定可能な領域が強調表示されます。
  2. ページの設定 Web UI設定ツール: 現在のページを設定するためのポップアップが開きます。

Web UI設定ツール

Web UI設定ツール
「ワークセンターの構成ビュー」ページ
  1. パーソナライゼーション Web UI設定ツール
    1. これにより、ユーザーはビューの独自のレイアウトを設定できます
    2. これは個々のユーザーに影響し、アプリケーション全体には当てはまりません
  1. ページを印刷する Web UI設定ツール: 現在のページを印刷します。
  • 新しいレイアウトを作成するには、「新規」ボタンを使用して空のフォームを作成することができます
  • また、既存の構成をコピーして、必要に応じて変更することもできます。
  • Web UI 構成ツールは、フィールドをレイアウトに追加するためのドラッグ アンド ドロップ機能をサポートしています
  • また、フィールドのさまざまなプロパティを設定する機能も提供します。
  • まれに、これらの機能強化の実装には、Web UI コンポーネントの ABAP プログラミングも含まれます。
Web UI設定ツール
概要ページのフォーム ビューの構成ビュー – I

利用可能な構成 (上のスクリーンショット)

  • 構成は次の一意の組み合わせで識別されます。wing フィールド:
  • 役割設定キー
  • コンポーネントの使用
  • オブジェクトタイプ
  • オブジェクトのサブタイプ
  • さまざまな組み合わせに応じて、ビューに複数の構成を使用できます。
  • この割り当てブロックの行を選択すると、「現在の構成デザイン」が更新され、選択した構成で設計されたレイアウトが表示されます。
  • 構成を操作するためのボタン (上のスクリーンショットを参照): これらは、「利用可能な構成」で選択した構成の「現在の構成デザイン」を変更するためのボタンです。

    1. キャプションの追加: ボタンを使用すると、概要ページのフォーム ビューにキャプションを追加できます。
    2. 行の追加: このボタンは、「現在の構成デザイン」領域に行を追加します。
    3. 上に移動: このボタンは、選択したフィールドを現在の行の XNUMX 行上に移動します。
    4. 下に移動: このボタンは、選択したフィールドを現在の行の XNUMX 行下に移動します。
    5. 利用可能なフィールドを表示:(図 3) レイアウトに追加できるすべてのフィールドを表示し、アプリケーション上で表示できるようにします。
    6. フィールド プロパティの表示:(図 3) レイアウト上で選択されたフィールドのプロパティを表示および設定できることを示します。
    7. 編集モードでは、これらのプロパティの一部を変更できます。
Web UI設定ツール
概要ページのフォーム ビューの構成ビュー – II
  • このツールは、ビュー レイアウトからのフィールド (データ ディクショナリで利用可能) の追加または削除をサポートします。
  • このツールでは、CRM に反映されるようにフィールドをデータ ディクショナリ構造およびテーブルに追加することはできません。
  • テーブルビューの構成画面には異なるレイアウトがあり、ユーザーは使用可能な列とこれらの列のプロパティを設定する必要があります。
Web UI設定ツール
テーブルビューの構成ビュー

セキュリティ上の懸念

  • エンド ユーザーは、構成ツールでこれらの設定を実行するためのアクセス権を持たないでください。 これらのロールはスーパー ユーザーまたは開発者のみに提供されます
  • 加えられた変更は、アプリケーションにアクセスするすべてのユーザーに表示されます
  • UI 構成ツールに実装された変更に加えて、エンド ユーザーはビューの個人用設定を行うことができます。 パーソナライゼーション設定は個々のユーザーに適用され、エンド ユーザー間で共有されません。
  • 要件に応じて、カスタマイズ設定内でパーソナライゼーションを制御できます
  • これは、開発者がユーザーによるビューのパーソナライズを制限できるカスタマイズ設定があることを意味します。
  • この設定を適用すると、エンド ユーザーは個人用設定ボタンを使用できなくなります。

アプリケーション拡張ツール (AET)

  • Application Enhancement Tool は、SAP 標準アプリケーションを拡張するための包括的なツールです。データベース レベルまでの変更はツール自体によって実装され、コーディングの手間はほとんどありません。
  • このツールは、Web UI 構成ツールとも統合されています。
アプリケーション拡張ツール
ボタンをクリックすると設定領域が強調表示されます
  • UI 構成ツールと同様に、最初にアプリケーションから構成可能な領域 (青で強調表示されている) を選択する必要があります。
  • これにより、以下に示すように、同じウィンドウで UI 構成ツールが開きます。
    アプリケーション拡張ツール
    AET用UI設定ツール

AET の機能強化に関連するボタンを選択する必要があります (上で強調表示されている)

  • 表示拡張機能: 既存の拡張機能を表示できます。 強化を選択して変更することが可能です
  • 「フィールドの作成」ボタンを使用して、選択ビューで新しいフィールドを作成できます。

Following 既存のフィールドとテーブルの拡張機能の表示です。

アプリケーション拡張ツール
ディスプレイ拡張ビュー

このビューには、それぞれの割り当てブロックにビューとテーブルの機能拡張のためのボタンがあります。

  • 新規: このボタンを使用すると、新しいフィールドを作成したり、テーブルを作成したりすることができます。
  • 最初の列 (拡張 ID) のハイパーリンクを使用すると、既存の拡張を編集できます。

ビューの強化

  • 「新規」ボタン (上のスクリーンショットに表示) をクリックした後にビューを拡張するには、新しいフィールドまたは新しいテーブルを追加する必要があるビジネス オブジェクト部分を選択する必要があります。
ビューの強化
ビジネスオブジェクト部分の選択
  • 選択したオブジェクトに応じて、データベース テーブルと構造が選択されます。
  • フィールドの作成中に、フィールドのプロパティを設定する必要があります。
ビューの強化
新しいフィールドのプロパティを設定する
  • 選択したプロパティに従ってフィールドが生成され、新しいフィールド用にさまざまなレイヤーが強化されます。
  • 「エクスポート モードを有効にする」ボタンを使用すると、フレームワークがフィールド定義で使用されるデータ要素からプロパティを選択できるようになります。
  • エキスパート モードでは、データ要素フィールドの値を設定する必要があります。
  • データ要素の定義では、ラベル(説明)などのプロパティを設定することができます。
  • したがって、フィールドのさまざまなプロパティは、データ ディクショナリのデータ要素定義を使用して自動的に設定されます。
ビューの強化
新しいフィールドのプロパティを設定 – エキスパート モードが有効化
  • 同様に、AET を使用してテーブルフィールドを作成できます。
  • テーブルの場合、de を指定する必要があります。tails テーブル全体と、テーブルに対して生成される個々のフィールドの
ビューの強化
AET を使用したテーブル ビューの作成
  • AET を使用してフィールドまたはテーブルが生成されると、アプリケーションが再起動され、ユーザーは新しいフィールドまたはテーブルを使用できるようになります。
  • これらのフィールドとテーブルには、必要なデータベース テーブルも更新されます。
  • これは、これらのフィールドに値を入力して保存を実行すると、その値がデータベースに保存されることを意味します。