SAP SD 税決定手順のチュートリアル: VK12、OX10、OVK4、OVK1

SAP では、条件法手法を使用してシステム内の税金 (源泉徴収税を除く) を計算します。 税額の計算には、税計算手順 (システムで定義) と税コードが使用されます。

税法は税計算手順の最初のステップです。 税コードは次のように説明しますwing –

  • 税の種類 (税タイプは T コード -OVK1 で定義できます)。
  • 単位 税額が計算/入力されます。
  • GLアカウント 税金の転記のため。
  • の計算 追加税.

各国には、標準システムで定義された特定の税務手続きがあります。 税金の計算手順には次のものが含まれます。wing フィールド:

  • ステップ — プロシージャ内の行の順序を決定します。
  • 条件の種類 — 税計算モデルがどのように機能するかを示します (レコードが固定金額用かパーセンテージ用か、およびレコードが自動的に処理できるかどうか)。
  • 参照ステップ s - システムは、計算に使用する金額/値 (例: 基本金額) を取得します。
  • アカウント/プロセスキー— 税務手続きと税データが転記される総勘定元帳口座との間のリンクを提供します。 これは、税勘定の自動割り当てに役立ちます。 この自動割り当てを有効にするには、以下を定義する必要があります。wing:
  • キーを投稿する (特定の要件がない限り、GL 転記キー: 借方: 40、貸方: 50 を使用するだけで十分です)。
  • キャンペーンのルール どのフィールドに基づいて勘定設定を行うかを決定します (税コードや国キーなど)。

ステップ 1) 税区分

税カテゴリは、類似の製品税率またはサービス税率をグループ化して管理するために使用されます。 税率は税コードごとに定義されます。 税率は税タイプにリンクされており、税手続きに含まれます (この関係では、単一の税コードがさまざまな税タイプに対して複数の税率を持つことが技術的に可能です)。税コードは税手続きに割り当てられます。これは GL マスターレコードに添付されます。 GL アカウントが文書処理で使用されるたびに、特定の税務手続きにアクセスできます。

ステップ1.1)

  1. コマンドフィールドに T コード OVK3 を入力します。
  2. 「新規エントリー」ボタンをクリックします。

SAP SD 税カテゴリ

ステップ1.2)

  1. 税カテゴリ、税クラスおよび説明を入力します。
  2. 保存ボタンをクリックします。

SAP SD 税カテゴリ

「データを保存しました」というメッセージが表示されます。

ステップ 2) 税タイプを定義する

ステップ2.1)

  1. コマンドフィールドに「T コード – OVK1」と入力します。
  2. 新しいエントリボタンをクリックします。

SAP SD の税タイプの定義

ステップ2.2) 税の国/順序/税カテゴリを入力し、データを保存します。

SAP SD の税タイプの定義

ステップ 3) 税決定のためのプラントの割当

ステップ3.1)

  1. コマンドフィールドにTコードOX10を入力します。
  2. 「新規エントリー」ボタンをクリックします。

税決定のためのプラントの割当

ステップ3.2)

  1. 植物/名前1を入力します。
  2. 国番号/市外局番を入力してください。

データを保存します。

税決定のためのプラントの割当

ステップ 4) 物品税を定義します。

  1. コマンドフィールドにTコードOVK4を入力します。
  2. 「新規エントリー」ボタンをクリックします。

税決定のためのプラントの割当

ステップ4.1)

  • 税カテゴリ/税分類と説明を入力します。
  • データを保存します。

税決定のためのプラントの割当

ステップ 5) 税金決定の定義

ステップ5.1)

  1. コマンドフィールドにTコードVK12を入力します。
  2. 条件タイプを入力します。

税金の決定を定義する

ステップ5.2) 「国内税」を選択します。

税金の決定を定義する

ステップ5.3)

  1. 国/顧客税クラス/物品税クラスを入力します。
  2. レポートを実行します。

税金の決定を定義する

ステップ5.4) 顧客税区分/物品税区分/金額/有効期間および税コードを入力します。

税金の決定を定義する

レコードを保存します。