納入日程行カテゴリ決定チュートリアル: SAP VOV6

納入日程行カテゴリとは何ですか?

SAP システムでは、納入日程行を持つ販売伝票の明細のみがコピーされます。納入日程行には、納期や数量、所要量の転送や在庫管理に関する情報などの納入関連情報がすべて含まれています。

納入日程行カテゴリには XNUMX つの英数字キーがあります。

1) キーの最初の文字は使用されます –

チャー あなたが使用します
A お問い合わせ
B 引用
C 販売注文
D Returns

2) キーの XNUMX 番目の文字の使用 –

チャー あなたが使用します
T 在庫管理なし(サービスなど)
X 出庫による在庫管理なし
N 計画性がない
P MRP
V 消費ベースの計画

別の販売伝票の納入日程行カテゴリ。 お問い合わせ:

  • 在庫状況の確認はありません。
  • 配送には関係ありません。
  • スケジュール線は情報提供を目的としています。

引用:

  • 納入日程行は納入には関係ありません。
  • 移動タイプはありません(移動タイプはマテリアルの移動のタイプを表します)。

注文:

  • 納入日程行は納入に関連します。
  • 移動タイプは601です。

戻る:

  • 納入日程行は納入に関連します。
  • 移動タイプは651です。

納入日程行カテゴリを定義する

納入日程行カテゴリは XNUMX つの方法で定義できます。

  1. 既存の納入日程行カテゴリをコピーし、要件に従って変更します。
  2. 既存の納入日程行カテゴリを変更します。
  3. 新しい納入日程行カテゴリを作成します。

ステップ1)

  1. コマンドフィールドにTコードVOV6を入力します。
  2. 終了した納入日程行カテゴリのリストが表示されます。
  3. 新しい納入日程行カテゴリを作成するには、新しいエントリをクリックします 納入日程行カテゴリ

納入日程行カテゴリ

ステップ2)

  1. スケジュールラインアイテムカテゴリとその説明を入力します。
  2. 移動タイプを入力します(実行する必要がある材料移動のタイプを説明するために使用されます)。 例: 領収書、発行、転送、取消。
  3. 注文タイプ/品目カテゴリ/アカウントを入力します。 アシスタントの猫。
  4. アイテム rel.f.dlv/Preq.del.sched を確認します。

納入日程行カテゴリ

ステップ3) 保存をクリックします 納入日程行カテゴリボタン。 「データが保存されました」というメッセージが表示されました。

納入日程行カテゴリ