SAP CRM アクション プロファイル: 完全なチュートリアル

はじめに

  • SAP CRM 内では、アクションは後処理フレームワーク (PPF) 基本コンポーネントを指します。
  • アクションは出力、フォローアップアクティビティ、またはワークフローを自動的にトリガーできます。
  • アクション処理は、トランザクション処理 (CRMD_ORDER)、 billしている(BILLSAP CRM の ING)、ケース管理 (CRM_CASE) など
  • SAP ERP システムの出力決定をアクションで置き換える
  • アクションは、ヘッダー レベルでトランザクション全体 (トランザクション タイプ) に対して決定でき、また個々のアイテム (アイテム カテゴリ) に対しても決定できます。

SAP CRMアクションプロファイル

この図は、アクション構成のロードマップを示しています。 SAP CRM

SAP CRMアクションプロファイル

  • アクションを使用すると、事前定義されたプロセスを SAP CRM トランザクション処理に実装できます。

SAP CRMアクションプロファイル
アクション、アクション プロファイル、および条件を定義するための SPRO パス

SAP CRMアクションプロファイル
SPRO でのアクション プロファイルの定義

  • 特定の「アクション」に対して、「スケジュール条件」を定義できます。
  • このスケジュール条件は、このアクションを実行可能にする前にチェックされます。
  • 実行時、これらのプロセスは、トランザクション処理の特定の状況を定義するユーザー定義の条件に基づいてスケジュールされます。
  • アクションは計画されたアクティビティまたはタスクであり、スケジュール条件はこのアクションが実行される状況です。
  • スケジュールされたアクションでは、異なる処理タイプが可能です。
  • 処理タイプは、アクションの実行方法を定義します。
  • この処理タイプから、SAP ワークフロー、BAdI メソッド呼び出し、SmartForm、またはアラートをトリガーできます。
  • アクション定義 (t コード SPPFC または SPPFCADM) 内で処理時間を指定することができます。これにより、トランザクション処理実行のどこでこのアクションが実行されるかを指定します。
  • アクションはパートナーの機能に依存する場合があります。
  • アクション定義でパートナー機能を割り当てることができます。
  • アクションは、アクションプロファイルを使用して SAP CRM トランザクションにリンクされます。
  • アクション プロファイルには複数のアクション定義を含めることができます。
  • アクション定義とそれぞれの条件 (スケジュール条件と開始条件) の設定と実装に基づいて、これらのアクションは対応する SAP CRM トランザクションに対して実行されます。
  • アクションをサポートするトランザクションの場合、アクション ログはトランザクション CRMD_ORDER を使用して GUI で分析するか、トランザクション内で分析できます。 Web UI 対応する割り当てブロックへのアクセスが提供されている場合。

SAP CRMアクションプロファイル
CRMD_ORDER のトランザクションのアクションの詳細

SAP CRMアクションプロファイル
CRMD_ORDER のトランザクションのアクションの詳細

  • 次のコマンドを使用すると、トランザクションに対してスケジュールおよび実行されたアクションのリストを表示できます。wing 図 3 と 4 にあるような個々のアクションの情報:
  • ステータス (スケジュールされたアクション、処理されたアクション)
  • 説明(アクションの目的)
  • 処理タイプ
  • 作成者、作成日
  • 例: 契約が期限切れになる XNUMX か月前に、担当営業従業員はカテゴリ「e-」のアクティビティを受け取ります。mail彼の中でbox 顧客に手紙を書いて、契約を更新したいかどうかを確認するよう彼に念を押しました。

の賃貸条件

  • アクションが実行される前に、次の XNUMX つの条件がチェックされます。
  • スケジュール条件: アクションは、このアクションに定義されたスケジュール条件が満たされた場合にのみ実行がスケジュールされます。 また、スケジュール条件は、SAP 標準 BAdI EVAL_SCHEDCOND_PPF の実装内で評価できます。
  • 開始条件: スケジュールされたアクションの場合、実行前に開始条件がチェックされます。 したがって、開始条件が満たされると、スケジュールされたアクションが実行されます。
  • アクションのこれらの条件は、t コード SPPFCADM での構成中に定義されます。
  • 日付と日付ルールを使用して、条件を時間に依存させることができます。
  • 条件は、ビジネス オブジェクトまたはクラスと定数のコンテナー属性の式を使用して実装できます。
  • 条件が適切な構文であるかどうかをチェックし、テストすることができます。
  • 条件を定義するには XNUMX つのモードがあります。
  • マウス指向の PC モード
  • 直接テキスト入力モード (従来型)

パラメータ条件を作成します。

SAP CRMの条件

パラメータ条件を設定します:

SAP CRMの条件

パラメータ条件値の変更:

SAP CRMの条件

条件エディターの個人設定:

SAP CRMの条件

ビザの処理時間

処理時間は、開始条件が満たされたアクションがトランザクション処理でいつ実行されるかを定義します。 したがって、スケジュールされたアクションの開始条件が満たされると、維持されている処理時間に従って実行できます。 フォロwing 処理時間の可能なオプションは次のとおりです。

  • 選択レポートを使用した処理:
  • この場合、アクションは選択レポートの実行後に実行されます。 この処理タイプは、SLA の監視など、期限の監視に使用されるアクションに特に役立ちます。
  • 即時処理:
  • アクションは開始条件が満たされるとすぐに開始されます。
  • 文書保存時の処理:
  • トランザクションが保存されると、アクションが開始されます。 したがって、アクションの開始条件が満たされていても、アクションの実行はトランザクションの保存中にのみトリガーされます。

アクション定義での処理時間の設定:

ビザの処理時間

処理タイプ

アクション定義では、処理の種類を指定します。 処理タイプは、処理時にアクションがどのように処理されるかを指定します。 さまざまな処理タイプを使用できます。

  • スマートフォーム
  • ワークフロー
  • メソッド

メソッドは、SAP 標準 BAdI EXEC_METHODCALL_PPF の BAdI 実装です。 によって提供される標準実装が多数あります。 SAP 標準トランザクションで使用されるもの、たとえば:

  • COPY_DOCUMENT (フォローアップドキュメントを作成するため)
  • COMPLETE-DOCUMENT (ドキュメント内で完了ステータスを設定)
  • CREDIT_MEMO (クレジットメモ項目の作成)
  • 1O_EVENT_CREATE (ワークフロー イベントの作成)

処理タイプ

トランザクション SPPFCADM

このトランザクションは PPF のカスタマイズ用です。

トランザクション SPPFCADM

これは、アクション プロファイルとアクション定義を定義するために使用できます。 また、アクションプロファイルで定義されたアクションを設定することもできます。 アクション プロファイル内で定義されたアクションは、SAP が提供するウィザードと画面を使用して条件を維持できるように構成できます。

その他の便利なトランザクション コード:

  • CRMC_ACTION_CONF – アクション構成
  • CRMC_ACTION_DEF – アクション定義
  • CRMC_ACTION_WIZARD – ウィザードによる定義のアクション

アクションモニター

プログラム RSPPFプロセス、アクション モニターを担当し、Post Processing Framework (PPF) から生成され、アクションの処理を確認するために使用できます。 したがって、アクション モニターを使用して、複数のトランザクションのアクションの処理を監視し、トリガーすることができます。

アクション モニターのトランザクション コードは CRMC_ACTION_JOB です。

アクションモニターでは、選択レポートを使用して処理時間が「処理中」に設定されているアクションを一覧表示し、これらのアクションの処理を開始することができます。 したがって、SLA などの期限監視に使用されるアクションに特に役立ちます。

また、保存時の処理時間でアクションを処理するために使用することもできます。 トランザクションに変更を加えずに一定時間後に時間依存条件が満たされた場合、プログラムは実行できるため、このような場合にもアクションが開始されます。 したがって、テスト目的または繰り返しアクションの場合、このレポートを使用して、処理時間が「即時」または「ドキュメントの保存時」であるアクションを選択して処理することもできます。

アクションモニター

アクションモニターの実行

アクションプロファイル

アクションは、アクション プロファイルを使用して CRM トランザクション用に設定されます。 アクションはアクション プロファイルで作成され、さまざまな CRM トランザクションに割り当てることができます。 アクション プロファイル内では、並べ替え順序とステータス (アクティブまたは非アクティブ) を使用して複数のアクションを定義できます。 アクティブなアクションをスケジュールでき、スケジュールされたアクションは次のように実行されます。wing カスタマイズで維持された並べ替え順序。 アクション プロファイル内の個々のアクションについては、アクション定義とアクション設定を維持できます。

トランザクション処理中に、許可されたすべてのアクションがアクション プロファイルを使用して識別されます。 このため、アクション プロファイルで非アクティブとしてマークされていないアクションは実行対象とみなされます。 アクションの実行順序を識別するために使用される、個々のアクションのアクション プロファイルで維持される並べ替え順序。 これらのアクションのさらなる処理は、特定された個々のアクションのアクション定義とアクション構成に基づいて行われます。

アクションプロファイルをトランザクションタイプまたは品目カテゴリに直接割り当てることができます。 また、条件手法、つまりアクションプロファイルの決定も価格設定と同じように定義できます。

SPRO で「アクション プロファイルとアクションの定義」に進みます。

  1. アクションプロファイルを選択してください
  2. 表示をクリック

アクションプロファイル

アクションプロファイルのプロパティが表示されます

アクションプロファイル

  1. アクション定義の選択
  2. 表示をクリック

アクションプロファイル