SAP BI/BW のインフォキューブとは何ですか? 作成方法は?

インフォキューブとは何ですか?

Infocube は、ソース システムから物理的に抽出したデータを保持するデータ ストレージ領域です。 インフォキューブは、データターゲットとインフォプロバイダの両方として機能できます。 レポートの観点から見ると、インフォキューブは自己完結型のデータセットと言えます。

たとえば、MONTH – PRODUCT-CUSTOMER-REGION のようなディメンションを持つ Sales Amount Infocube は、地域別または顧客別の総売上高など、任意の軸で表示できます。 インフォキューブのディメンションはエンティティまたは階層です。

インフォキューブ

BIW (Business Intelligence Warehouse) は、16 のディメンションを定義する機能を提供し、そのうち 3 つは事前定義されています。

インフォキューブ

上の立方体は、単純な 3 次元立方体を示しています。 各次元には、分析用に 248 の特性を保持できます。 上の立方体の XNUMX つの四角形は、対応する顧客/地域/部門の組み合わせの相対値を表します。

インフォキューブの構造

  • インフォキューブは拡張スター スキーマに従います。
  • 中心にファクト テーブルがあり、キューブの外側にマスター データがある 16 個のディメンション テーブルに囲まれています。
  • インフォキューブは、BI の中心となる多次元データ モデルです。
  • これは、XNUMX つまたは複数の関連するビジネス プロセスを含む自己密閉型のデータ セットです。 レポートユーザーは、インフォキューブに対してクエリを定義または実行できます。
  • 要約/集約されたデータを長期間保存するために使用されます。 インフォキューブは、ディメンション テーブルに囲まれた XNUMX つのファクト テーブルで構成されます。
  • SAP 提供されるインフォキューブは通常 0 の数字で始まります。独自のインフォキューブは A から Z までの文字で始まり、長さは 3 から 9 文字でなければなりません。

インフォキューブの種類

インフォキューブは、データの保持・配布方法に応じてXNUMXつのタイプに分類されます。

  • 標準インフォキューブ:データをキューブ内で物理的に維持するために使用されます。 読み取り専用も可能です。
  • 仮想インフォキューブ: データはキューブ内に物理的に保持されません。クエリの実行中に、それぞれのソース システムからデータが取得されます。
  • リアルタイム情報キューブ: データを物理的にキューブに格納します。読み取りと書き込みが可能です。 データの計画に大きく使用されます。

標準インフォキューブの作成方法

ステップ1) インフォキューブの作成

  1. トランザクションコード RSA1 に移動します
  2. [OK]ボタンをクリックします。

標準インフォキューブの作成

ステップ2)

  1. 「モデリング」タブ→「情報プロバイダー」に移動します。
  2. 「情報エリア」を右クリックします。
  3. コンテキストメニューから「インフォキューブの作成」をクリックします。

標準インフォキューブの作成

標準インフォキューブの作成

ステップ3)

  1. 技術名を入力します。
  2. 説明を入力します。
  3. オプションボタン「標準インフォキューブ」を選択します。

作成ボタンをクリックします

標準インフォキューブの作成

ステップ4) [次元 1] を右クリックして、[プロパティ] をクリックします。

標準インフォキューブの作成

ステップ5) Info オブジェクト情報に従ってディメンションの名前を変更します。

標準インフォキューブの作成

ステップ6) ディメンションを右クリックして、「InfoObject Direct Input to Insert」を選択します。 インフォオブジェクト 次元へ。

標準インフォキューブの作成

ステップ7) 「特性」を選択します。

標準インフォキューブの作成

ステップ8) 特性で航空会社 ID を選択します

標準インフォキューブの作成

Dimension にドラッグ アンド ドロップします。

標準インフォキューブの作成

ステップ9) 同様に、新しいディメンションを作成し、手順 4 ~ 8 に従って InfoObject を追加します。

標準インフォキューブの作成

ステップ10) インフォキューブへのキーFigureInfoObjectの追加

標準インフォキューブの作成

ステップ11) 上記のプロセスに従ってキー数値をさらに追加します

標準インフォキューブの作成

ステップ12) インフォキューブをアクティブ化します。

標準インフォキューブの作成

インフォキューブの追加ポイント:

寸法テーブルの技術名は、パターン /BIC/「D」を使用してシステムによって割り当てられます。 #”。最初の # は a1、2 番目の # は XNUMX などとなります。.

樹液で提供されるキューブの場合、/BI0/D として始まります。

特徴 Infoobject は、顧客が作成したディメンションに自由に追加できます。

ディメンション テーブルは最適に使用する必要があります。

特性情報オブジェクトをディメンションに追加する際に、最適なカーディナリティを確保します。例: デパートには 10,000 人の顧客と 1000 種類の資材があります。 カーディナリティは m:nつまり、各顧客は多くの材料を購入できるということです。 このような種類のカーディナリティは、同じディメンション テーブル内で維持すべきではありません。

Thumbrule : ディメンション内で m:n を避けます。

DOS

  • 「モデリング」タブ→「情報プロバイダー」に移動します。
  • 「情報エリア」を右クリックします。
  • コンテキストメニューから「インフォキューブの作成」をクリックします。
  • 技術名を入力します。
  • 説明を入力します。
  • オプションボタン「標準インフォキューブ」を選択します。

しないでください

  • 標準 Infocube は、ユーザーが次の場合に使用できます。
  • 多次元分析を容易にしたい。
  • データ量の多い要約・集計情報を保存したい。
  • ディメンション テーブルにオブジェクトが XNUMX つだけ配置されている場合は、ラインアイテムディメンションを使用します。
  • 高い粒度の記録を維持します。
  • グループ M: 同じ次元内の N 個のカーディナリティ。
  • ナビゲーション属性を介して文字情報を取得することにさらに注意を払ってください。
  • ディメンション テーブルでカーディナリティの高い情報を維持します。