VB.Net プログラムとコード例: モジュール、クラス、構造

VB.Net のモジュール

VB.Net プログラムは次のもので構成されます。wing モジュール:

  • 名前空間宣言
  • XNUMX つ以上の手順
  • クラスまたはモジュール
  • Variables
  • 主な手順
  • コメント
  • ステートメントと式

VB.Net での Hello World プログラムの例

以下は、VB.Net での簡単な Hello World プログラムの例です。

ステップ1) 新しいコンソール アプリケーションを作成します。

ステップ2) 以下を追加wing コー​​ド:

Imports System
Module Module1

    'Prints Hello Guru99 
    Sub Main()

        Console.WriteLine("Hello Guru99")
        Console.ReadKey()

    End Sub
End Module

ステップ3) ツールバーの「開始」ボタンをクリックして実行します。 次のように出力されるはずですwing コンソール上:

ハローワールドプログラム

上記のプログラムのさまざまな部分について説明します。

ハローワールドプログラム

コードの説明:

  1. これを名前空間宣言と呼びます。 私たちが行っていることは、System という名前の名前空間をプログラミング構造に含めることです。 その後、エラーが発生することなく、その名前空間で定義されているすべてのメソッドにアクセスできるようになります。
  2. これをモジュール宣言と呼びます。 ここでは、Module1 という名前のモジュールを宣言しました。 VB.Net はオブジェクト指向言語です。 したがって、すべてのプログラムにクラス モジュールが必要です。 このモジュール内で、プログラムで使用するデータとメソッドを定義できます。
  3. これはコメントです。 コメントとしてマークするには、文の先頭に一重引用符 (') を追加します。 VB.Net コンパイラはこの部分を処理しません。 コメントの目的は、コードの読みやすさを向上させることです。 これらを使用して、コード内のさまざまなステートメントの意味を説明します。 コードを読んだ人は誰でも簡単に理解できるでしょう。
  4. VB.Net モジュールまたはクラスには複数のプロシージャを含めることができます。 実行可能コードを定義する必要があるのはプロシージャ内です。 これは、プロシージャがクラスの動作を定義することを意味します。 プロシージャには、Function、Sub、Get、Set、AddHandler、 演算子、、RemoveHandler、または RaiseEvent。 この行では、Main サブプロシージャを定義しました。 これは、すべての VB.Net プログラムのエントリ ポイントを示します。 モジュールが実行されたときに何を行うかを定義します。
  5. ここで、プライマリ メソッドの動作を指定しました。 WriteLine メソッドは Console クラスに属し、System 名前空間内で定義されます。 これがコードにインポートされたことを思い出してください。 このステートメントにより、プログラムの実行時に「Hello Guru99」というテキストがコンソールに表示されます。
  6. この行は、プログラムの実行直後に画面が閉じたり終了したりするのを防ぎます。 画面は一時停止し、ユーザーが画面を閉じるアクションを実行するまで待機します。
  7. メインのサブプロシージャを終了します。
  8. モジュールを終了します。

VB.Netのクラス

VB.Net では、クラスを使用して、 データ型。 これは、クラス定義がデータ定義であるという意味ではありませんが、そのクラスのオブジェクトが何で構成されているか、およびそのようなオブジェクトに対して実行できる操作を記述します。

オブジェクトはクラスのインスタンスです。 クラス メンバーは、クラス内で定義されたメソッドと変数です。

クラスを定義するには、Class キーワードを使用します。このキーワードの後に​​、クラス名、クラス本体、および End Class ステートメントを続ける必要があります。 これについては次で説明しますwing 構文:

[ <attributelist> ] [ accessmodifier ] _
Class name 
   [ Inherits classname ]
   [ statements ]
End Class

ここでは、

  • attributeList は、クラスに適用される属性のリストを示します。
  • accessModifier は、定義されたクラスのアクセス レベルです。 これはオプションのパラメーターであり、Public、Protected、Protected Friend、Friend、Private などの値を取ることができます。
  • Inherits は、継承する親クラスを示します。

VB.Net クラスの例

Following VB.Net でクラスを作成するコード例です。

ステップ1) 新しいコンソール アプリケーションを作成します。

ステップ2) 以下を追加wing コー​​ド:

Imports System
Module Module1

    Class Figure
        Public length As Double

        Public breadth As Double
    End Class
    Sub Main()
        Dim Rectangle As Figure = New Figure()
        Dim area As Double = 0.0

        Rectangle.length = 8.0

        Rectangle.breadth = 7.0
        area = Rectangle.length * Rectangle.breadth
        Console.WriteLine("Area of Rectangle is : {0}", area)

        Console.ReadKey()
    End Sub
End Module

ステップ3) ツールバーの「開始」ボタンをクリックしてコードを実行します。 次の情報を取得する必要がありますwing ウィンドウ:

VB.Netクラスの例

私たちは以下を使用しましたwing コー​​ド:

VB.Netクラスの例

コードの説明:

  1. Module1 という名前のモジュールを作成します。
  2. Figure という名前のクラスを作成します。
  3. length of type という名前のクラス メンバーの作成 Double。そのアクセス レベルはパブリックに設定されており、これは公的にアクセスされることを意味します。
  4. 型の幅という名前のクラスメンバーの作成 Double。そのアクセス レベルはパブリックに設定されており、これは公的にアクセスされることを意味します。
  5. 授業を終了します。
  6. メインのサブプロシージャを作成します。
  7. Rectangle という名前のオブジェクトを作成します。 このオブジェクトは Figure 型になります。これは、Figure クラス内で定義されたすべてのメンバーにアクセスできることを意味します。
  8. area 型の名前付き変数の定義 Double そしてその値を 0.0 に初期化します。
  9. Figure クラスで定義された length プロパティにアクセスし、その値を 8.0 に初期化します。
  10. Figure クラスで定義された width プロパティにアクセスし、その値を 7.0 に初期化します。
  11. 長さと幅の値を乗算して長方形の面積を計算します。 この計算の結果は area 変数に代入されます。
  12. コンソール上のテキストと四角形の領域を印刷します。
  13. ユーザーがコンソールを閉じるアクションを実行するのを待機してコンソールを一時停止します。
  14. サブプロシージャを終了します。
  15. 授業を終了します。

VB.Net の構造

構造体はユーザー定義のデータ型です。 構造体は、さまざまな種類のデータをまとめてパッケージ化する方法を提供します。 構造体は、structural キーワードを使用して宣言されます。

VB.Net 構造の例

VB.Net で構造体を作成する例を次に示します。

ステップ1) 新しいコンソール アプリケーションを作成します。

ステップ2) 以下を追加wing コー​​ド:

Module Module1
    Structure Struct
        Public x As Integer
        Public y As Integer
    End Structure
    Sub Main()
        Dim st As New Struct
        st.x = 10
        st.y = 20
        Dim sum As Integer = st.x + st.y
        Console.WriteLine("The result is {0}", sum)
        Console.ReadKey()

    End Sub 
End Module

ステップ3) ツールバーの「開始」ボタンをクリックしてコードを実行します。 次の情報を取得する必要がありますwing ウィンドウ:

VB.Net の構造

私たちは以下を使用しましたwing コー​​ド:

VB.Net の構造

コードの説明:

  1. Module1 という名前のモジュールを作成します。
  2. Struct という名前の構造体を作成します。
  3. 整数型の変数 x を作成します。 一般にアクセスできるように、アクセス レベルがパブリックに設定されています。
  4. 整数型の変数 y を作成します。 一般にアクセスできるように、アクセス レベルがパブリックに設定されています。
  5. 構造の終わり。
  6. メインのサブプロシージャを作成します。
  7. Struct 型の st という名前のオブジェクトを作成します。 これは、Struct という名前の構造内で定義されたすべてのプロパティにアクセスできることを意味します。
  8. 構造体 Struct 内で定義された変数 x にアクセスし、その値を 10 に初期化します。
  9. 構造体 Struct 内で定義された変数 y にアクセスし、その値を 20 に初期化します。
  10. 変数 sum を定義し、その値を上記 XNUMX つの変数の値の合計に初期化します。
  11. テキストと上記の操作の結果をコンソールに表示します。
  12. コンソール ウィンドウを一時停止し、ユーザーがコンソール ウィンドウを閉じる操作を行うのを待ちます。
  13. メインのサブプロシージャの終了。
  14. モジュールの終わり。

で新しいプロジェクトを作成する方法 Microsoft Visual Studio

IDEは統合開発環境の略です。ここでコードを記述します。 Microsoft Visual studio VB.Net プログラミング用の最も一般的なタイプの IDE を形成します。

インストールするには Visual Studio これを使用します ガイド.

コードを記述するには、新しいプロジェクトを作成する必要があります。

Following 新しいプロジェクトを作成する手順は次のとおりです。 Visual Studio:

ステップ 1) のファイルメニューに移動します。 Visual Studio

Open Visual Studioをクリックし、「ファイル」メニューをクリックし、ツールバーから「新規」→「プロジェクト」を選択します。

コンソール アプリケーション プロジェクト Visual Studio

ステップ2) 選択します Windows フォーム申請

新しいウィンドウで、左側の垂直ナビゲーション ウィンドウから [Visual Basic] をクリックし、選択します Windows フォームアプリケーション。

コンソール アプリケーション プロジェクト Visual Studio

ステップ 3) プロジェクトに名前を付けます

名前を付けて「OK」ボタンをクリックします。 プロジェクトが作成されます。

を作成したことになります。 Windows フォームアプリケーションプロジェクト。このタイプのプロジェクトでは、要素をドラッグ アンド ドロップすることでグラフィカル ユーザー インターフェイスを作成できます。

でコンソール アプリケーション プロジェクトを作成する方法 Visual Studio

コンソール上で実行されるアプリケーションの作成が必要になる場合があります。 これには、コンソール アプリケーション プロジェクトを作成する必要があります。 次のことwing これを達成するには、次の手順が役立ちます。

ステップ1) Open Visual Studioをクリックし、「ファイル」メニューをクリックし、ツールバーから「新規」、「プロジェクト」の順に選択します。

コンソール アプリケーション プロジェクト Visual Studio

ステップ2) 新しいウィンドウの左側の垂直ナビゲーション ウィンドウで [Visual Basic] をクリックします。 コンソール アプリケーションを選択します。

コンソール アプリケーション プロジェクト Visual Studio

ステップ3) 名前を付けて「OK」ボタンをクリックします。 プロジェクトが作成されます。

まとめ

  • A VB.Netプログラム さまざまな部分から構成されています。
  • 名前空間をプログラムにインポートすると、そのモジュールで定義されているすべてのメソッドと関数を使用できるようになります。
  • すべての VB.Net プログラムにはモジュールが必要です。
  • VB.Net コンパイラはコメントを無視します。
  • VB.Net プログラムには複数のプロシージャを含めることができます。