ダウンロードとインストールの方法 Visual Studio C# の場合 Windows

Microsoft Visual Studio の統合開発環境 (IDE) です。 Microsoft。コンピュータプログラムの開発に使用されます。 Microsoft Windows. Visual Studio は、.Net プラットフォーム上に構築されたすべてのアプリケーションのワンストップ ショップです。を使用してアプリケーションを開発、デバッグ、実行できます。 Visual Studio.

この IDE を使用して、フォーム ベースのアプリケーションと Web ベースのアプリケーションの両方を設計および開発できます。以下はインストール方法の段階的なプロセスです。 Visual Studio.

ダウンロードとインストールの方法 Visual Studio を用意しました Windows

のを見てみましょう Visual Studio インストール手順とダウンロード Visual Studio IDE を使用して、後続のチュートリアルでプログラムの作成に取り組むことができます。このチュートリアルでは、ダウンロードする方法を学びます Visual Studio を用意しました Windows.

ステップ1) ダウンロード Visual Studio

まず、フォローにアクセスしてくださいwing Visual Studio 無料ダウンロードリンク https://visualstudio.microsoft.com/downloads/

ダウンロードとインストール Visual Studio

あなたが選択することができます

  • Visual Studio 2019 コミュニティ版
  • Visual Studio 2019 Professional Edition (30 日間の無料トライアル)

ステップ 2) .exe ファイルを開きます

ダウンロードしたexeファイルをクリックします

ダウンロードとインストール Visual Studio

ステップ 3) インストールを開始します

次の画面で、「続行」をクリックして開始します Visual Studio インストール

ダウンロードとインストール Visual Studio

ステップ 4) インストールを完了させます

Visual Studio 初期ファイルのダウンロードが開始されます。ダウンロード速度はインターネット接続によって異なります。

ダウンロードとインストール Visual Studio


ステップ 5) ソフトウェアのバージョンを選択します

次の画面で「インストール」をクリックします

ダウンロードとインストール Visual Studio

ステップ6) デスクトップバージョンを選択します

次の画面では、

ダウンロードとインストール Visual Studio

  1. 「.Netデスクトップ開発」を選択します。
  2. インストールをクリックします

ステップ 7) ファイルがダウンロードされるまで待ちます

Visual Studio ステップ 6 での選択に基づいて関連ファイルがダウンロードされます

ダウンロードとインストール Visual Studio

ステップ8) PCを再起動します。

ダウンロードが完了すると、完了するために PC を再起動するように求められます。 Visual Studio

ダウンロードとインストール Visual Studio

ステップ9) 開く Visual Studio

再起動後、 Visual Studio IDE

ダウンロードとインストール Visual Studio

  1. 好みのテーマを選択してください
  2. [スタート]ボタンをクリック Visual Studio


ステップ10) 使用を開始する Visual Studio

In Visual Studio IDE では、[ファイル] メニューに移動して、新しい C# アプリケーションを作成できます。

ダウンロードとインストール Visual Studio

以上です Visual Studio C# のインストール用。

Visual Studio 主な機能

の主な機能は次のとおりです Visual Studio:

  1. 創造 任意の .Net 言語のアプリケーションの - Visual Studio IDE を使用して任意の場所でアプリケーションを作成できます。 .Net言語。 したがって、開発者は使用できます C#, VB.Net またはアプリケーションを開発するための F# も可能です。
  2. あらゆる種類のアプリケーションの作成 – また, Visual Studio IDE を使用して、あらゆるタイプのアプリケーションを作成できます。 (Web ベースのアプリケーションまたは Windows フォームベースのアプリケーション)。
  3. アプリケーションをその場でデバッグ – アプリケーションは構築中にテストできます。 IDE を使用すると、開発プロセス中の任意の時点でプログラムを実行できます。 したがって、開発者は開発段階自体でエラーをチェックできます。
  4. 拡張機能 - IDE には、サードパーティの拡張機能をインストールする機能があります。例としては、ソース コード リポジトリ管理に使用される Subversion があります。 Subversion は、コードを中央リポジトリにアップロードするために使用されます。これは、コードのコピーが常に存在するようにするために行われます。 Visual Studio には、IDE 自体からそのようなソフトウェアと統合する機能があります。したがって、開発者は IDE 自体からコード リポジトリを操作できます。