VB.Net テキストBOX コントロールのチュートリアル: プロパティと例

テキストとはBox コントロール?

テキストBox Control を使用すると、実行時にフォームにテキストを入力できます。 デフォルト設定ではテキストは XNUMX 行のみ受け入れられますが、複数行を受け入れるように変更できます。 スクロールバーをテキストに含めることもできますBox コントロール。

テキストBox プロパティ

次のことwing Visual Basic Text の最も一般的なプロパティです。Box コントロール:

  • TextAlign– テキストの配置を設定するため
  • スクロールバー– 垂直方向と水平方向の両方のスクロールバーを追加する場合
  • マルチライン– テキストを設定するにはBox 複数行を許可する制御
  • 最大長さ– テキストの最大文字数を指定します。Box コントロールは受け入れます
  • インデックス– 制御配列のインデックスを指定するため
  • 使用可能– テキストを有効にするためbox コントロール
  • 読み取り専用– true に設定すると、テキストを使用できるようになります。Box コントロールを false に設定すると、テキストを使用できなくなります。Box コントロール。
  • 選択開始– テキストの開始点を設定または取得するためBox コントロール。
  • 選択の長さ– テキスト内で選択されている文字数を設定または取得します。Box コントロール。
  • 選択されたテキスト– テキストを返しますBox 現在選択されているコントロール。

テキストbox イベント

イベントの目的はテキストを作成することですBox コントロールは、クリック、 double をクリックするか、テキストの配置を変更します。テキストの共通イベントは次のとおりですBox コントロール:

  • AutoSizeChanged– AutoSize プロパティの変更によってトリガーされます。
  • 読み取り専用変更あり– ReadOnly プロパティ値の変更によってトリガーされます。
  • – テキストをクリックするとトリガーされますBox コントロール。

テキストの作成方法Box

ステップ1) テキストを作成するにはBox、テキストをドラッグしますBox ツールからの制御box WindowForm に次のように入力します。

テキストを作成するBox

ステップ2)

  1. テキストをクリックしますBox フォームに追加したコントロール。
  2. 画面の左下にある「プロパティ」セクションに移動します。 テキストの名前を変更する box テキストからBox1 から HelloTextBox:

テキストを作成するBox

ステップ3) 以下を追加wing コントロールにテキストを追加するコード:

Private Sub Form1_Load(sender As Object, e As EventArgs) Handles MyBase.Load
        'Add text to the control
         HelloTextBox.Text = "Hello. Welcome to Guru99!"
  End Sub

ステップ4) これで、上部バーにある「開始」ボタンをクリックしてコードを実行できるようになります。

テキストを作成するBox

ステップ5) 次の情報を取得する必要がありますwing 形:

テキストを作成するBox

上記の完全なコードのスクリーンショットを次に示します。

テキストを作成するBox

コードの説明:

  1. Form1 という名前のパブリック クラスの作成
  2. Form1_Load という名前のサブプロシージャを作成します。 フォームがロードされるときに呼び出されます。
  3. コメント。 VB.net コンパイラはこれをスキップします。
  4. サブプロシージャを終了する
  5. 授業を終了します。

パスワード文字

時々、テキストが必要になることがあります box パスワードを入力するために使用されます。 これは、そのテキストに入力された内容がすべてであることを意味します。 box 機密性を保つため。 これは次の方法で可能です VB.net。 それは、 PasswordChar プロパティを使用すると、任意の文字を使用できるようになります。 例を使用してこれを説明してみましょう。

新しいプロジェクトを作成することから始めます。 XNUMX つのテキストをドラッグしますBox コントロール、XNUMX つのラベル、XNUMX つのボタンをフォームに追加します。 XNUMX つのラベルとボタンのテキストを次のように変更します。wing:

パスワード文字

テキストをクリックしてください box [ユーザー名] ラベルの横にあるウィンドウの左下にある [プロパティ] セクションに移動します。 UsernameField という名前を付けます。

パスワード文字

テキストに対しても同じことを行いますBox 「パスワード」ラベルの横にあるコントロールに「PasswordField」という名前を付けます。

パスワード文字

ここで、PasswordField Text を作成する必要があります。Box 入力された文字ごとに show * を制御します。 以下を追加wing コー​​ド:

Private Sub PasswordField_TextChanged(sender As Object, e As EventArgs) Handles PasswordField.TextChanged
       PasswordField.PasswordChar = "*"
End Sub

次に、「開始」ボタンをクリックしてコードを実行します。 フォームがポップアップ表示されます。

ユーザー名とパスワードを入力して、何が起こるかを観察します。 以下を参照してくださいwing:

パスワード文字

ユーザー名は表示されますが、パスワードは非表示になっています。 上記のコードは次のとおりです。

パスワード文字

コードの説明:

  1. Form1 という名前のクラスを作成します。
  2. PasswordField_textchanged() という名前のサブプロシージャを作成します。 フォームがロードされるときに呼び出されます。
  3. PasswordChar プロパティを使用して、ユーザーがパスワードを入力するときに * を表示します。
  4. サブプロシージャを終了します。
  5. 授業を終了します。

テキスト内の改行Box

デフォルトでは、テキスト内に XNUMX 行のテキストのみ作成できます。 box。 これを達成するには XNUMX つの方法があります。 それらについて話し合ってみましょう。

テキストをドラッグアンドドロップしますBox フォームをコントロールします。 コントロールに GuruWelcome という名前を付けます。

テキスト内の改行Box

テキストをクリックしてください box コントロールを再度操作し、マウス カーソルを [プロパティ] セクションに移動します。 Multiline プロパティの値を True に変更します。

テキスト内の改行Box

あるいは、次のようにコード内で Multiline プロパティを true に設定することもできます。

GuruWelcome.Multiline = True

以下を追加wing コー​​ド:

 Private Sub Form1_Load(sender As Object, e As EventArgs) Handles MyBase.Load

        GuruWelcome.Multiline = True

        GuruWelcome.Text = "Line 1"

        GuruWelcome.Text = GuruWelcome.Text & ControlChars.NewLine & "Line 2"

    End Sub

実行すると、XNUMX 行のテキストが分離されます。

テキスト内の改行Box

コードの説明:

  1. Form1 という名前のクラスの作成
  2. Form1_Load() という名前のサブルーチンの作成
  3. Multiline プロパティを True に設定します。 本文box 複数の行を入力できるようになります。
  4. テキストの最初の行をテキストに追加する box.
  5. テキストに XNUMX 行目のテキストを追加する box。 Controlchars.NewLine プロパティは、XNUMX つの行を分割するのに役立ちます。
  6. サブルーチンを終了します。
  7. 授業を終了します。

整数値の取得

VB.net はすべてを文字列として扱います。 これは、テキストから整数を読み取ることを意味します box 文字列として指定した場合は、それを整数に変換します。 これは通常、 Integer.Parse() 方法。

これを実証するには、新しいテキストを作成します。 box コントロールとボタン。 テキストを与える box 名前の年齢。 ボタンに Button1 という名前を付けます。 次のようにする必要がありますwing インタフェース:

整数値の取得

以下を追加wing コー​​ド:

Private Sub Button1_Click(sender As Object, e As EventArgs) Handles Button1.Click
        Dim x As Integer
        x = Integer.Parse(age.Text)
        MessageBox.Show(x)

コードを実行し、テキストにあなたの年齢を入力してください box。 「年齢を表示」ボタンをクリックします。 以下を参照してくださいwing:

整数値の取得

入力した値はメッセージで返されますBox.

整数値の取得

コードの説明:

  1. Form1 という名前のクラスを作成します。
  2. Button1_Click という名前のサブプロシージャを作成します。 ボタンをクリックすると呼び出されます。
  3. x という名前の整数変数を定義します。
  4. テキストから読み取った値を変換するbox 名前付きの年齢を整数に変換します。
  5. 上記で変換した値をメッセージに表示するBox.
  6. サブプロシージャを終了します。
  7. 授業を終了します。

読み取り専用テキストBox

テキストを作成できますbox 読み取り専用。 これは、ユーザーがテキスト内に表示される値を変更できないことを意味します。box。 これを行うには、 ReadOnly プロパティを True に設定します。 これを実証するには、新しいテキストを作成します。box そして、それに guru99 という名前を付けます。 以下を追加wing コー​​ド:

Private Sub guru99_TextChanged(sender As Object, e As EventArgs) Handles guru99.TextChanged

        guru99.Text = "welcome to Guru99"

        guru99.ReadOnly = True

    End Sub

コードは以下を返すはずですwing:

読み取り専用テキストBox

ここでは、コードは次のとおりです。

読み取り専用テキストBox

コードの説明:

  1. Form1 という名前のクラスを作成します。
  2. guru99_TextChanged という名前のサブルーチンを作成します。
  3. テキストにテキストを追加するbox guru99という名前です。
  4. テキストの ReadOnly プロパティの設定box トゥルーに。 これにより、テキストがテキスト上に表示されますbox 変更不可。
  5. サブプロシージャを終了します。
  6. 授業を終了します。

最大長さ

MaxLength プロパティは、テキストに含める単語または文字の最大数を設定するのに役立ちます。box できるようになります。 これを実証するには、テキストを作成します。Box コントロールを作成し、fullName という名前を付けます。 以下を追加wing コー​​ド:

Private Sub fullName_TextChanged(sender As Object, e As EventArgs) Handles fullName.TextChanged

        fullName.MaxLength = 8

    End Sub

コードを実行し、フルネームを入力してみてください。 空白を含めて 8 文字を超える文字を入力することはできません。

最大長

コー​​ド:

最大長

コードの説明:

  1. Form1 という名前のクラスを作成します。
  2. fullName_TextChanged という名前のサブプロシージャを作成します。
  3. fullNameテキストの作成box 最大 8 文字のみを受け入れます。
  4. サブプロシージャを終了します。
  5. 授業を終了します。

まとめ

  • テキストBox Control を使用すると、実行時にフォームにテキストを入力できます。 ユーザーからの意見を得るのに適しています。
  • デフォルト設定では、テキストはBox コントロールは XNUMX 行のテキストのみを受け入れます。 ただし、これを変更することは可能です。
  • ユーザーがテキストに入力した内容を非表示にすることができますBox特にパスワードをキャプチャする必要がある場合に最適です。
  • テキストに入力する必要がある最大文字数を設定することもできます。Box.
  • テキストを作成できますBox 編集不可。つまり、ユーザーはそこに表示されるテキストを変更できません。