QTP/UFT の序数識別子: オブジェクト識別の例

序数識別子とは何ですか?

記録セッション中にオブジェクトを識別するには必須プロパティと補助プロパティが不十分な場合、QTP は 序数識別子 記録セッション中にオブジェクトを識別するためにキャプチャされた他のプロパティに加えて。 デフォルトでは、順序識別子のタイプがテスト オブジェクト クラスごとに存在します。

オブジェクト識別ウィンドウでは、オブジェクトのデフォルトの順序識別子を変更できます。

QTP の序数識別子: 完全なチュートリアル

HP UFT には XNUMX 種類の序数識別子があります。

  1. インデックスベース
  2. ロケーションベース
  3. 作成時間

インデックスベース

  • インデックスベースの順序識別子を使用する場合、記録中に QTP は値を割り当てます。 INDEX プロパティ オブジェクトの
  • 値は、ソース コード内でオブジェクトが出現する順序に基づきます。
  • 最初に出現した値は 0 です
  • インデックスのプロパティ値はオブジェクト固有です。
  • したがって、Index:=3 を使用して WebEdit テスト オブジェクトを記述すると、クイック テストはページ上の XNUMX 番目の WebEdit オブジェクトを検索します。
  • いいねwiseIndex:=1 を使用して WebButton テスト オブジェクトを記述すると、Quick Test はページ上の XNUMX 番目の WebButton オブジェクトを検索します。

ロケーションベース

  • 位置ベースの順序識別子を使用する場合、記録中に Micro Focus UFT は値を割り当てます。 ロケーション 財産 オブジェクトを一意に識別するためのオブジェクトの。
  • 値は、オブジェクトがウィンドウ、フレーム、またはダイアログ内に表示される順序に基づきます。 box、同じプロパティを持つ他のオブジェクトとの関係で。
  • オブジェクトの最初の出現は 0 です。
  • 値は列内で上から下、左から右に割り当てられます。

作成時間

  • 作成時間の順序識別子を使用する場合、記録中に QTP は値を割り当てます。 作成時間 財産 Webブラウザの
  • 識別子は Web 環境でのみ使用できます。
  • この値は、ブラウザーが開かれた他のブラウザーとの相対的な順序を示します。
  • 記録中に開いた最初のブラウザには値 CreationTime=0 が与えられ、後続のブラウザには値 1、2、3 などが与えられます。

こちらをクリックすると、ツールが開きます。 ビデオにアクセスできない場合

関連情報

自己練習用に、上記のチュートリアルで使用した Web ページをダウンロードしてください。