QTP/UFT のローカルおよび共有オブジェクト リポジトリ

QTP のオブジェクト リポジトリとは何ですか?

オブジェクト リポジトリは、テスト オブジェクトと、それを処理するために QTP によって認識される情報のコレクションです。 ユーザーがテストを記録すると、オブジェクトとそのプロパティがデフォルトでキャプチャされます。

QTP ではオブジェクト識別はどのように機能しますか?

  • HP QTP は、「人間」のようなテクノロジーを使用して、 オブジェクト識別
  • 間に USBレコーディング, QTP が操作が実行される GUI オブジェクトのプロパティを学習しようとする時間。
  • 実行時、Micro Focus UFT コンプares 保存されたオブジェクトのプロパティと、画面上で利用可能なオブジェクトの実際のプロパティを持ち、画面上の位置に関係なくオブジェクトを一意に識別します。
  • 保存されたオブジェクトとそのプロパティは、TEST オブジェクトと呼ばれます。
  • ランタイム中に、テスト対象のアプリケーションで使用できる実際のオブジェクトは、ランタイム オブジェクトと呼ばれます。
  • これは クイックテスト 「テストオブジェクトモデル」
  • テスト オブジェクトに関する情報はオブジェクト リポジトリに保存されます
  • アドインは、記録されるオブジェクトの性質を事前にクイック テストに指示するのに役立ち、オブジェクトのプロパティを学習するのに必要な時間を短縮します。

以下の例でオブジェクトの識別を学習しますwing ビデオ

こちらをご覧ください。 ビデオにアクセスできない場合

オブジェクトリポジトリの種類

QTPには2種類のオブジェクトリポジトリがあります

  1. ローカルオブジェクトリポジトリ
  2. 共有オブジェクトリポジトリ

ローカルオブジェクトリポジトリ

  • ローカル オブジェクト リポジトリはデフォルトのオブジェクト リポジトリです
  • アクションに固有であり、特定のアクションにのみ使用できます。
  • アプリケーションが時間に関して動的ではない場合は、ローカル オブジェクト リポジトリが推奨されます。
  • ローカル オブジェクト リポジトリは再利用できません
  • ローカル オブジェクト リポジトリでは、次のような多くの操作を実行できます。
  • テスト対象アプリケーションのリポジトリに保存されているオブジェクトを強調表示します。
  • AUT 内の特定のオブジェクトがオブジェクト リポジトリに保存されているかどうかを確認します
  • オブジェクトの切り取り、コピー、貼り付け、変更および削除
  • プロパティの値を誤って変更した場合は、更新関数を使用してアプリケーションからその説明を更新できます。

共有オブジェクト リポジトリ: 作成、関連付け、編集

  • アプリケーションが動的でオブジェクトの説明が頻繁に変更される場合は、グローバルまたは共有オブジェクト リポジトリが推奨されます。
  • 共有オブジェクト リポジトリとローカル オブジェクト リポジトリでは、自動化プロジェクトでは共有オブジェクト リポジトリがより一般的に使用されます。
  • ただし、ローカル オブジェクト リポジトリと比較すると、メンテナンスと管理のオーバーヘッドがかかります。

共有オブジェクト リポジトリを作成して使用するには、大きく XNUMX つの手順を実行する必要があります。

  • 共有オブジェクトリポジトリの作成
  • 共有オブジェクトリポジトリの関連付け
  • 共有オブジェクトリポジトリの編集

一つずつ見ていきましょう

ステップ 1) 共有オブジェクト リポジトリの作成

  • デフォルトでは、すべてのリポジトリはローカルです。 共有オブジェクト リポジトリを作成するには、「オブジェクト リポジトリ」ダイアログで Box, [ファイル] > [ローカル オブジェクトのエクスポート] をクリックします。
  • リポジトリ ファイルの拡張子は .tsr です。「guru99」などの適切な名前を付けて保存します。
  • 共有リポジトリ ファイルが作成されました

ステップ 2) 共有オブジェクト リポジトリの関連付け

  • 次のステップでは、リポジトリをテストに関連付けて、使用できるようにします。
  • リポジトリをテストに関連付けるには、「リソース」 > 「リポジトリの関連付け」をクリックします。
  • テストで使用可能なアクションに関連付けるリポジトリを選択できます。
  • これで、この共有リポジトリを使用してテストを開発できるようになりました

ステップ 3) 共有オブジェクト リポジトリの編集

  • オブジェクト リポジトリ マネージャーを使用して、共有リポジトリを編集できます。
  • [リソース] > [オブジェクト リポジトリ マネージャー] を選択します。 作成したオブジェクト リポジトリ「guru99」を開きます
  • デフォルトでは、リポジトリは読み取り専用モードで開かれます。 編集を有効にするには、[ファイル] > [編集を有効にする] をクリックします。
  • 編集が有効になると、オブジェクトの切り取り、コピー、貼り付け、名前変更などのすべての操作がオブジェクト リポジトリでも実行できるようになります。
  • オブジェクト リポジトリ マネージャーを使用すると、XNUMX つのオブジェクト リポジトリを比較できます。 QTP は、両方のリポジトリで何が固有で、何が共通であるかを静的に示します。
  • オブジェクト リポジトリ マージ ツールを使用すると、XNUMX つのリポジトリを XNUMX つにマージできます。