QTP/UFT の Object Spy、GetRoProperty、GetToProperty の例と

このチュートリアルでは、 オブジェクトスパイ。

Object Spy は、環境内のオブジェクトに関連付けられた有用なプロパティとメソッドを特定するのに役立ちます。

HP/マイクロフォーカス UFT チュートリアル も説明しています GetROProperty、GetTOProperty、および SetTOProperty

クリック こちら ビデオにアクセスできない場合

GetRoProperty

  • GetRoProperty – オブジェクト プロパティのランタイム値を取得するために使用される組み込みメソッドです。
  • GetRoProperty の使用には 4 つのステップが必要です
  • ステップ 1) GetRoProperty を使用するオブジェクトをオブジェクト リポジトリに記録します。
  • ステップ 2) 記録されたオブジェクトに対して、使用できる実行時プロパティを特定します。 オブジェクトスパイを使用することもできます。
  • ステップ 3) GetRoProperty メソッドを使用して、特定されたランタイム プロパティを取得し、その値を変数に保存します。
  • ステップ 4) この値をさらなる控除に使用します

SetToProperty と GetToProperty

  • に保存されている Web ボタンを考えてみましょう。 オブジェクトリポジトリ
  • テストが実行されると、QTP は Test Object および comp と呼ばれるこのオブジェクトのコピーを作成します。ares ランタイムオブジェクトを使用して
  • GetToProperty を使用すると、テスト オブジェクトのプロパティの値を取得できます。
  • SetToProperty を使用すると、テスト オブジェクトのプロパティ値を変更できます。
  • テストが完了すると、このテスト オブジェクトは破棄され、SetToProperty を使用してオブジェクト プロパティに加えた変更も破棄されます。
  • テストが再実行されると、オブジェクト リポジトリに保存された元のプロパティ値を使用してテスト オブジェクトの新しいコピーが作成されます。
  • テスト スクリプトに複数行のコードがあり、環境が散発的である場合は、GetToProperty および SetToProperty の使用を検討できます。
  • 注: SetRoProperty はありません。

オブジェクトスパイ:

  • オブジェクト スパイは、テストとランタイムの両方のオブジェクトのプロパティとメソッドを表示できる QTP の機能です。
  • また、選択したメソッドの構文も示します。
  • Object Spy は、選択したオブジェクトの完全な階層を提供します。