SAP ABAP のスマート フォーム

SAP スマート フォームは、SAP システムで大量印刷するためのフォームを作成および管理するために使用されます。SAP スマート フォームは、出力媒体として、プリンター、FAX、電子メールをサポートしています。mail、またはインターネット (生成された XML 出力を使用)。

SAP は、SAP スクリプトの制限を克服するために 1998 年に SmartForms を導入しました。 SmartForms は、SAP スクリプトよりも開発、保守、移送が簡単です。

スマートフォームとSapScriptの比較

  • SmartForms では複数のページ形式が可能ですが、SmartForms ではそうではありません。 SAP スクリプト
  • メイン ウィンドウなしで SmartForm を使用することも可能です。
  • ルーチンは SmartForms ツールで作成できます。
  • SmartForms は、アクティブ化されると汎用モジュールを生成します。
  • SmartForms ではラベルを作成できません。

スマートフォームの利点

  • 完全にグラフィカル ユーザー インターフェイスにより、プログラミングの知識がなくてもフォームを適応させるのに役立ちます。
  • スマートフォームを有効化すると、システムは実行時に汎用モジュールを自動的に生成します。
  • 変更を加えるには、ドラッグ アンド ドロップ、カット アンド ペーストを使用する必要があります。 これらのアクションには、コーディング行の作成やスクリプト言語の使用は含まれません。
  • 静的テーブルと動的テーブルを挿入できます。 これには、表の個々のセルの改行、表の見出しと小計のイベントのトリガー、出力前のデータの並べ替えが含まれます。
  • スマート フォームを使用すると、ユーザーはグラフィックを含めることができ、表示することができます。yed フォームの一部として、または背景グラフィックとして。印刷中、ユーザーは必要に応じて背景グラフィックを非表示にすることができます。
  • 生成されたファイルを使用して Web パブリッシングが可能です XML 出力

ArchiSAP Smart Form の構造

ArchiSAP Smart Form の構造

スマートフォームガイド

それを見てみましょう SAPシステム

  1. トランザクションを入力してください スマートフォーム トランザクションコード内で box.
  2. 次の画面でフォーム名を入力し、「作成」をクリックします。

スマートフォームガイド

次の画面は XNUMX つのセクションに分かれています。

スマートフォームガイド

ナビゲーションウィンドウ ノードとサブノードで構成されます。 sap フォームに属するすべての要素 (テキスト、ウィンドウなど) が含まれています。

  • メンテナンスウィンドウ 要素の属性を示します
  • フォームプリンター ウィンドウにはページのレイアウトが表示されます

スマート フォームを作成するたびに、SAP は汎用モジュールを作成/生成します。 SAPscripts とは異なり、SAP FORMS では言語を変更できます。

ナビゲーション ウィンドウには次の項目があります。

グローバルデータ宣言 : ここで定義されたデータは、コーディング目的でスマートフォーム全体で使用できます。

フォームインターフェイス : ここでは、Print プログラムからスマートフォームに渡されるすべてのデータが定義されます。

スマートフォームガイド

ページを右クリックすると、新しいページ、ウィンドウ、グラフィック、またはアドレスを作成できます。

スマートフォームガイド

印刷は「次のページ」フィールドに基づいて行われます。

ただし、処理はナビゲーション ウィンドウの順序に従って行われます。

スマートフォームガイド

背景画像とグラフィックスについては、白黒またはカラーのビットマップ画像を選択でき、標準テキストの形式で保存されます。 スマートフォーム画面から迂回してフォームグラフィックス画面を開くこともできます。 トランザクションコード: Se78

スマートフォームガイド

スマートフォームウィンドウのグラフィックスでの設定 -

スマートフォームガイド

Windows スマートフォームで

Windows スマートフォームで

2つのタイプがあります Windows

  1. メイン
  2. 二次

注意すべき重要なポイント

  • 1 ページに複数のメイン ウィンドウを含めることはできません。複数のセカンダリを持つことができます windows
  • 二次ウィンドウに印刷するものは何であれ、静的である必要があります。 (PO に 20 行があり、ページ制限がある場合、その行はメイン ウィンドウの次のページに繰り越されます。つまり、先行タイプと後続タイプのコンテンツでは、メイン ウィンドウに順番に印刷されます。これはそうではありません。セカンダリで許可される windows.

Windows スマートフォームで

メイン ウィンドウ内で、フォーム出力をカスタマイズするための導入としてテキストを追加できます。

Windows スマートフォームで

各ウィンドウの出力オプションにより、配置する線のサイズ、幅、色、背景が決まります。

Windows スマートフォームで

Smartforms には、中央住所管理で維持される住所番号を指定するオプションがあります。 アドレスは ADRC テーブルから直接取得され、フォームに入力されます。

Windows スマートフォームで

Smartforms では XNUMX つの異なるエディターが使用可能です viz。 通常のエディター

Windows スマートフォームで

そしてグラフィックエディター。

Windows スマートフォームで

この設定は、ユーティリティの構成エディターを使用して変更できます。

テーブル内 painter、クライアントの要件に応じてフォーマットを描画できます (見出し、小見出し、項目、小計、総計など)。

テーブル レイアウトを使用して、次のことを決定できます。

  • 行とセルの数
  • 各行の高さ
  • 各セルの幅
  • ウィンドウ内のテーブルの配置

Windows スマートフォームで

表には、表で使用されるさまざまな線の種類が示されています。 線の種類は、各セルのサイズと各線のセルの数を定義します。

Windows スマートフォームで

スマートフォームプログラミングフロー

SAP スマート フォーム テンプレートを作成する場合、ユーザーはスマート フォーム ビルダーを使用してフォーム レイアウトを作成し、スマート フォーム テンプレートで必要なフィールド、条件、および特別なプログラミング命令を定義します。

フォームの設計が完了したら、印刷プログラムでフォームをテストしたりアクセスしたりする前に、フォームをアクティブ化する必要があります。フォームをアクティブ化すると、フォームのすべての処理を処理する汎用モジュールの生成が開始されます。

この汎用モジュールは、アプリケーションプログラム/印刷プログラムと対話して、指定されたデバイスのユーザー定義出力メディアに出力を作成します。

スマートフォームの場合、スマートフォームの処理には2つの機能モジュールを使用します。 最初の汎用モジュールに、スマート フォームの名前をインポート パラメータとして渡します。 これにより、実際にスマートフォームを呼び出す動的に生成された汎用モジュールの名前が返されます。

スマートフォーム名は関数モジュールに渡すことができます – 'SSF_FUNCTION_MODULE_NAME'

スマートフォームプログラミングフロー

これにより、参照されるスマートフォームの汎用モジュール名が返されます。

スマートフォームプログラミングフロー

印刷プログラムは FM を呼び出します。 「SSF_FUNCTION_MODULE_NAME」 実行時に関数モジュール名を取得します。 その後、取得した関数モジュールを呼び出してスマートフォームを実行します。

スマートフォームプログラミングフロー

テンプレート

テンプレートは、出力の正確なサイズがわかっている場合、または出力が固定形式である場合に使用できます。

例: 税金フォーム/小切手/航空券フォーム/鉄道チケット: これらはすべてテンプレートを使用します。

テーブルとテンプレートの大きな違いは、テーブルでは高さが動的に変化することです。テンプレートでは行を「行」と呼びます。

SAP ABAP のテンプレート

スマート スタイルには次のものが含まれます。

  • スマート スタイルのデフォルト値を含むヘッダー データ
  • インデントと間隔、フォント属性、タブ、アウトラインと番号付けを含む段落フォーマット
  • 効果(上付き文字、下付き文字)、バーコード、フォント属性を含む文字形式
  • 段落または文字形式の色と下線

トランザクション「smartforms」/「smartstyles」を使用してスマート スタイルを作成できます。

SAP ABAP のテンプレート

このチュートリアルはこれですべてです