SAP の値に関するプロセスとヘルプ要求に関するプロセス

まず、SAP でのスクリーン フロー ロジックとその使用法について何も知らない場合は、ダイアログ プログラムに関するチュートリアルを確認することをお勧めします。

それでは、POHとPOVについて詳しく見てみましょう

ヘルプリクエスト (POH) のプロセス: F1 ヘルプ

  • F1 キーが押されるたびに、指定されたデータ要素の POH イベントが実行されます。
  • PROCESS ON HELP-REQUEST イベントが画面のプロセス ロジックに存在しない場合は、ABAP ディクショナリ内の項目のドキュメントが基礎として使用され、表示されます。 終了しない場合でもヘルプは表示されません。
  • フィールドのヘルプドキュメントを表示するには、次のコードをコーディングする必要があります。wing POH イベントの画面フロー ロジック:
PROCESS ON HELP-REQUEST
FIELD <f> [MODULE <mod>] WITH <num>
  • フィールドに画面固有のデータ要素ドキュメントがある場合、番号を指定して表示することができます。 。
  • 人数、個数、総数リテラルまたは変数を指定できます。 変数は宣言され、対応する ABAP プログラム内で入力される必要があります。
  • FIELD ステートメントは画面フィールドの内容を転送しないことに注意してください。 PROCESS ON HELP-REQUEST イベントの ABAP プログラムに追加します。 ヘルプドキュメントが表示されるだけです。 それでおしまい。

モジュール通常の PAI モジュールと同様に、ABAP プログラムで定義されます。 モジュールの処理ロジックは、問題のフィールドに対して適切なヘルプが表示されることを保証する必要があります。 テキストフィールドを含む追加の画面を呼び出す代わりに、次のいずれかを使用する必要があります。wing 適切な SAPscript ドキュメントを表示する汎用モジュール

HELP_OBJECT_SHOW_FOR_FIELD

  • この汎用モジュールは、ABAP ディクショナリからの構造またはデータベーステーブルのコンポーネントのデータ要素ドキュメントを表示します。
  • コンポーネントと構造またはテーブルの名前をインポート パラメーター FIELD および TABLE に渡します。

HELP_OBJECT_SHOW

  • この汎用モジュールを使用して、SAPscript ドキュメントを表示します。
  • ドキュメント クラス (たとえば、一般テキストの場合は TX、データ要素ドキュメントの場合は DE) とドキュメントの名前をインポート パラメータ DOKCLASS および DOKNAME に渡す必要があります。
  • 技術的な理由により、行タイプ TLINE の空の内部テーブルを汎用モジュールの tables パラメータに渡す必要もあります。

値のプロセス (POV): F4

  • ユーザーが機能「可能なエントリ」(F4) を選択すると、開発者によって保存されている場合、システムはフィールドの可能な入力値 (値、チェックテーブル、マッチコード) を表示します。
  • ユーザーが「可能なエントリ」を呼び出した場合、イベント PROCESS ON VALUE-REQUEST は常に処理されます。
  • 画面上のフィールドに可能な値を定義するには、次のように定義する必要があります。wing 画面フローロジックのPOVイベント内:
PROCESS ON VALUE-REQUEST

FIELD field name MODULE module name
  • 上記で定義したモジュール内の可能な値には、一般的な汎用モジュールを使用する必要があります。 HELP_VALUES_GET_WITH_TABLE ABAP ディクショナリから可能な値を取得します。

入力ヘルプに使用できる関数が他にもいくつかあります。

F4IF_FIELD_VALUE_REQUEST

  • ABAP ディクショナリの入力ヘルプを動的に呼び出します。
  • ABAP ディクショナリの構造またはデータベーステーブルのコンポーネント名を、インポートパラメータ TABNAME および FIELDNAME で汎用モジュールに渡すことができます。
  • 汎用モジュールは ABAPディクショナリ このコンポーネントの入力ヘルプ。 関連する画面フィールドがすべて読み取られます。
  • インポートパラメータ DYNPPROG、DYNPNR、および DYNPROFIELD を指定すると、ユーザーの選択が画面上の対応するフィールドに返されます。
  • テーブル パラメータ RETURN_TAB を指定すると、代わりに選択内容がテーブルに返されます。
MODULE VALUE_CARRIER INPUT.

CALL FUNCTION 'F4IF_FIELD_VALUE_REQUEST'

EXPORTING

TABNAME    = 'DEMOF4HELP'

FIELDNAME  = 'CARRIER1'

DYNPPROG   =  PROGNAME

DYNPNR  =  DYNNUM

DYNPROFIELD= 'CARRIER'.

ENDMODULE.

F4IF_INT_TABLE_VALUE_REQUEST

  • この汎用モジュールは、 ABAPプログラム.
  • 値リストはテーブルパラメータ VALUE_TAB として汎用モジュールに渡されます。
  • インポートパラメータ DYNPPROG、DYNPNR、および DYNPROFIELD を指定すると、ユーザーの選択が画面上の対応するフィールドに返されます。
  • テーブル パラメータ RETURN_TAB を指定すると、代わりに選択内容がテーブルに返されます。
CALL FUNCTION 'F4IF_INT_TABLE_VALUE_REQUEST'
EXPORTING

RETFIELD         =  'CONNID'
DYNPPROG         =  PROGNAME
DYNPNR           =  DYNNUM
DYNPROFIELD      =  'CONNECTION'
VALUE_ORG        = 'S'
TABLES
VALUE_TAB        = VALUES_TAB.

POHとPOVについては以上です。 疑問がある場合はコメントを残してください。