SAP スクリプト チュートリアル: SE71、SE78、SCC1、VF03、SO10

SAP スクリプトは、SAP システム独自のテキスト処理システムです。見た目も操作性も他の主要なテキスト処理システムとよく似ています。

事前にフォーマットされたテキストを事前にフォーマットされた形式で印刷するために使用されます。

SAPScript のコンポーネント

SAP スクリプトは、次の XNUMX つの主要コンポーネントで構成されます。

SAPScript のコンポーネント

  1. テキストの行を入力および編集するためのエディター
  2. 印刷レイアウトのスタイルとレイアウト セット。これらは、対応する更新トランザクションを使用して個々のテキストとは独立して登録され、テキストに割り当てられます。 later
  3. Composer は中央の出力モジュールです。 SAP スクリプト コンポーザーは外部からは見えません
  4. SAP スクリプト コンポーネントを独自のアプリケーション プログラムに組み込み、プログラム内からレイアウト セットの出力を制御できるプログラミング インターフェイス
  5. テキスト、スタイル、レイアウトセットを保存するためのいくつかのデータベーステーブル

レイアウトセット

プログラミング インターフェイスを使用してドキュメントを出力するには、R/3 アプリケーション プログラムにいわゆるレイアウト セット (フォームの一種) が必要です。SA​​P スクリプトでは、レイアウト セットは個々の印刷ページのレイアウトを記述し、テキスト要素を使用して定義可能な出力ブロックを提供します。印刷プログラムが呼び出すことができます。レイアウト セットは、ドキュメントのページ デザインとして定義できます。

独自に設定したレイアウトにはデータは含まれません。 ドキュメントのデータの選択は、印刷プログラムを通じて行われます。 印刷プログラムはデータベース テーブルからデータを選択し、それをレイアウト セットに供給します。 印刷プログラムが実行されると、ドキュメントが画面やプリンターに印刷されます。

通常、SAPScript レイアウトは次のもので構成されます。wing コンポーネント

  1. ヘッダーデータ: ヘッダー データは、SAP 印刷の情報と制御に使用されます。 ヘッダー データは 2 つの部分で構成されます – デバイスに依存しない – スタート ページ、デフォルトの段落、言語属性などの情報を保存します。デバイスに依存するものは、ページ形式、インチあたりの方向の行数などの情報を保存します。
  2. 段落と文字の形式: 段落はさまざまな属性を使用して書式設定されます。 たとえば、標準の段落属性では、左または右のマージン、配置、行間などを指定します。フォント属性では、フォント ファミリ、フォント サイズなどを指定します。文字形式では、段落内のテキストのブロック全体を書式設定できます。
  3. Windows およびテキスト要素: Windows ページ内の個々のテキスト領域 (ヘッダー アドレス、日付、フッター) です。これは、ドキュメントに含まれる情報を特定のグループに結合し、各グループを印刷ページの個別の領域に表示するのに役立ちます。ウィンドウごとにテキスト要素 (ウィンドウ テキスト) を定義できます。印刷プログラムは、名前によってテキスト要素にアクセスし、それらをフォーマットして、それぞれのウィンドウに印刷します。使用する段落と文字形式はフォームで定義する必要があります。
  4. ページ: これらはドキュメントの個々のページであり、一意の名前が必要です。 個々のページでレイアウトが異なる場合がよくあります。請求書の最初のページは、それ以降のページとは異なり、住所や顧客データなどの一般的な情報を繰り返す必要はありません。
  5. ページへ移動します。 Windows: 定義しながら windows ページ ウィンドウでは、出力領域の左上端とその幅と高さを指定することによって、出力媒体内に長方形の出力領域を定義します。

制御コマンド

「制御コマンド」の目的は、出力フォーマットを制御できるようにすることです。これらのコマンドは、SAP スクリプト エディタでは解釈されませんが、処理のために SAP スクリプト コンポーザに渡されます。 これには、たとえば、行とページの書式設定、段落に従ったテキストの書式設定、および指定された文字形式が含まれます。

構文

Enter /: in the paragraph format

  • NEW-PAGE – 明示的な改ページ
  • PROTECT ………ENDPROTECT – 段落全体を XNUMX ページに印刷します。
  • INCLUDE – 別のテキストの内容を現在のテキストに含めるには
  • PERFORM – ABAP プログラムのサブルーチンを呼び出すため

印刷プログラム

スクリプトの実行は、 ABAPプログラム、これは印刷プログラムと呼ばれます。 各印刷プログラムには、カスタマイズから呼び出される ENTRY フォームが必要です。

標準構成の場合、テーブル TNAPR でフォーム名 (スクリプト名)、印刷プログラム名、および出力タイプを確認できます。 印刷プログラムは、フォーム コントロール関数を使用してスクリプトを呼び出します。

印刷プログラムは、フォーム制御関数のすべてまたは一部を呼び出してスクリプトを実行します。

  • OPEN_FORM (必須) レイアウト セットの出力を開きます
  • CLOSE_FORM (必須) レイアウトセットの出力を終了します
  • START_FORM (オプション) 新しいレイアウト セットを開始します
  • WRITE_FORM (必須) レイアウトセット要素を呼び出します
  • END_FORM (オプション) 現在のレイアウトセットを終了します

出力タイプ

出力タイプでは、内部使用に必要な印刷フォーム、または顧客またはベンダーに送信するフォームを指定できます。 出力タイプは内部電子式にすることもできます mail 他の部署のスタッフに送りたいメッセージ。

たとえば、「プリントアウト」は、出力タイプの 1 つとして分類できます。 billドキュメントを実行中、つまり、この出力タイプが実行されるとき、 bill文書が印刷されます。同様に、「Fax」も出力タイプにすることができます。つまり、この出力タイプが実行されると、 bill書類が送られてくる

あらゆるドキュメントのすべての出力タイプ (例: billing document) はテーブル NAST に保存されます。出力タイプはプログラム RSNAST00 を通じて実行されます。

例 : a の出力タイプ bill文書を作成中-

  1. VF03へ
  2. 入力します bill文書番号を入力してもう一度 Enter キーを押します
  3. 「Goto -> Header」メニューで「Output」を選択します。
  4. ここで、Z101 は印刷出力の出力タイプです。

出力タイプ

標準のテキストとグラフィック

レポートの標準テキストはトランザクションを使用して作成できます SO10

グラフィックスとプリンター マクロは次のようにアップロードされます。 レポート RSTXLDMC を個々の標準テキスト文書に変換するか、トランザクションを通じて SE78。 グラフィックは「ベースライン TIFF 6.0」形式でアップロードされます (PC 上の .tif ファイル)

SAP スクリプトおよび標準テキスト要素は、RSTXSCRP プログラムを使用して XNUMX つのシステム間でエクスポートまたはインポートできます

クライアント間でのスクリプトのコピー:

SAP スクリプトはクライアント依存のオブジェクトです。プログラムとは異なり、あるクライアントで SAP スクリプトに加えられた変更は、他のクライアントには反映されません。 あるクライアントから別のクライアントにスクリプトをコピーするには、次の場所に移動します。 SE71 そして、「ユーティリティ」メニューで利用可能な「クライアントからコピー」オプションを使用するか、トランザクションを使用して、スクリプトが保存されているトランスポートリクエストを元のクライアントからインポートします。 SCC1 。

注意すべき重要なポイント

  1. SAP スクリプトはバージョンを維持しません。 そのため、SAP スクリプトを変更する場合は、変更内容がスクリプト内に明確に文書化されていることを確認してください。 これは定型文にも当てはまります。
  2. フォームの出力は、画面で表示した場合とプリンターで表示した場合では異なります。 したがって、常にプリンタでスクリプトの出力をテストしてください。