Selenium NUnit の例を使用した C# チュートリアル

Selenium 概要

Selenium オープンソースのウェブです 自動化テスト 複数のブラウザと複数のブラウザをサポートするツール operaティングシステム。これにより、テスターは Java、C#、Python、.Net、Ruby、PHP、Perl などの複数のプログラミング言語を使用して自動テストをコーディングできるようになります。

C# の概要

C# は、C++ と Java から派生したオブジェクト指向プログラミング言語です。 C# を使用すると、開発者は次を使用してアプリケーションを構築できます。 Visual Studio .Net プラットフォーム上で。次のことwing の主な特徴は C#.

  1. オブジェクト指向プログラミング言語です
  2. コンソールの開発をサポートし、 windows および Web ベースのアプリケーション
  3. カプセル化、継承、ポリモーフィズムなどの機能を提供します。

C# の基本構文

C# のプログラムには以下を含める必要があります。wing セクション

  1. 名前空間宣言
  2. クラス
  3. クラスの属性とメソッド
  4. 主な方法
  5. プログラムステートメント

例 -

以下はサンプルです Selenium システム コンソールに「Guru99」というテキストを表示する C# サンプル プログラム。

using System;
namespace FirstProgram {
class DemoPrint {
static void main(){
    Console.WriteLine("Guru99");
	}
  }
}

説明:

  • 上記の名前空間 Selenium C# の例は、複数のクラスのコレクションです。各名前空間はキーワード「using」を使用して宣言する必要があります。
  • コードの最初のステートメントには、名前空間「System」がプログラムに含まれています。 システム名前空間は、C# で使用される基本的なクラスとイベントを定義します。 使用する名前空間はプログラムの要件によって異なります。
  • XNUMX 番目のステートメントは、クラス「DemoPrint」の名前空間「FirstProgram」を宣言しています。 AC# ファイルには、同じ名前空間内に複数のクラスを含めることができます。
  • XNUMX 番目のステートメントにはクラス宣言が含まれています。 クラスには複数の属性と複数のメソッドが含まれる場合があります。
  • XNUMX 番目のステートメントには、Main メソッドの宣言が含まれています。 main メソッドは、各クラスの実行のエントリ ポイントです。
  • 最後のステートメントは、ステートメントをコンソールに出力するために使用される C# 構文です。 WriteLine は、クラス「Console」のメソッドです。

Selenium C# セットアップあり

設定方法 Visual Studio   Selenium ウェブドライバー:

今これで Selenium C# チュートリアル、セットアップの手順を段階的に学びましょう Visual Studio   Selenium ウェブドライバー:

Visual Studio 開発者が次のような複数のプラットフォームにわたってアプリケーションを構築するために使用する統合開発環境 (IDE) です。 Windows, Android、iOS およびクラウドベースのアプリケーション。

ステップ1) URLに移動します

https://visualstudio.microsoft.com/downloads/ をクリックします '無料ダウンロード' ボタン表示yed on Visual Studio 通信unity タブ

セットアップ Visual Studio 連絡先 Selenium webdriver

ステップ2) ダウンロードしたexeを開きます。 管理者権限を求められたら、「はい」をクリックします。

セットアップ Visual Studio 連絡先 Selenium webdriver

ステップ3) 以下のポップアップが表示されます。 「続行」ボタンをクリックします。

セットアップ Visual Studio 連絡先 Selenium WebDrive

以下のポップアップに示されているように、ファイルがダウンロードされます。

セットアップ Visual Studio 連絡先 Selenium WebDrive

ステップ4) 次の画面で、

チェックを選択してくださいboxのための

  • ユニバーサル Windows プラットフォーム開発
  • .Netデスクトップ開発

「インストール」をクリックします。

セットアップ Visual Studio 連絡先 Selenium WebDrive

各コンポーネントのインストールが完了するまで待ちます。 ファイルのサイズは 16GB なので時間がかかります。

セットアップ Visual Studio 連絡先 Selenium WebDrive

ステップ5) 以下のポップアップが表示されますyed。 「再起動」ボタンをクリックします。

セットアップ Visual Studio 連絡先 Selenium WebDrive

ステップ6) マシンが再起動したら、「」を検索します。Visual Studioスタートメニューの「検索結果」をクリックします。次のことwing ポップアップが表示されます。 「今はだめです、たぶん」をクリックします later既存のアカウントをお持ちでない場合は、「」リンクをクリックしてください。

セットアップ Visual Studio 連絡先 Selenium WebDrive

ステップ7) 次の画面で、

  • 好みのカラーテーマを選択してください
  • 「開始」ボタンをクリックします Visual Studio「」

セットアップ Visual Studio 連絡先 Selenium WebDrive

ステップ8) Visual Studio 「はじめる」画面が表示されます。

セットアップ Visual Studio 連絡先 Selenium WebDrive

新しいプロジェクトを作成します Visual Studio:

ステップ1) [ファイル]メニューで、[新規作成] > [プロジェクト]をクリックします。

新しいプロジェクトを作成する Visual Studio

ステップ2) 次の画面で、

  1. 「Visual C#」オプションを選択します。
  2. 「コンソール アプリ (.Net Framework)」をクリックします。
  3. 名前を「Guru99」と入力します
  4. [OK]をクリックします。

新しいプロジェクトを作成する Visual Studio

ステップ3) 以下の画面が表示されますyed プロジェクトが正常に作成されたら。

新しいプロジェクトを作成する Visual Studio

セットアップ Visual Studio   Selenium ウェブドライバー:

ステップ1) [ツール] -> [N] に移動します。uGet パッケージマネージャー -> Nの管理uGet ソリューションのパッケージ

セットアップ Visual Studio 連絡先 Selenium webdriver

ステップ2) 次の画面で

  1. 検索する Selenium 結果の画面上で
  2. 最初の検索結果を選択
  3. プロジェクトチェックを確認するbox
  4. 「インストール」をクリックします

セットアップ Visual Studio 連絡先 Selenium webdriver

ステップ3) ポップアップ画面で「OK」ボタンをクリックします

セットアップ Visual Studio 連絡先 Selenium webdriver

ステップ4) 以下のメッセージが表示されますyed パッケージが正常にインストールされたら。

セットアップ Visual Studio 連絡先 Selenium webdriver

NUnit フレームワーク: 概要

NUnit は、 単体テスト によってサポートされるフレームワーク Visual Studio および Selenium ウェブドライバー。 NUnit は、.Net アプリケーションで最も広く使用されている単体テスト フレームワークです。 NUnit はテスト結果を次の形式で表示します。 readable 形式に変換し、テスターが自動テストをデバッグできるようにします。

NUnit フレームワークと NUnit テスト アダプターをインストールする必要があります。 Visual Studio それを使うために。

NUnit フレームワークをインストールする手順

今これで Selenium C# チュートリアルで、NUnit フレームワークをインストールするプロセスを学びましょう。

ステップ1) [ツール] -> [N] に移動します。uGet パッケージマネージャー -> Nの管理uGet ソリューションのパッケージ

NUnit フレームワークをインストールする

ステップ2) 次のウィンドウで

  1. NUnitを検索する
  2. 検索結果を選択してください
  3. プロジェクトの選択
  4. インストールをクリックします。

NUnit フレームワークをインストールする

ステップ3) 以下のポップアップが表示されます。 「OK」ボタンをクリックします。

NUnit フレームワークをインストールする

ステップ4) インストールが完了すると、以下のメッセージが表示されます。

NUnit フレームワークをインストールする

NUnit テスト アダプターをダウンロードする手順

この NUnit チュートリアルでは、NUnit テスト アダプターをダウンロードする手順について説明します。

以下の手順は 32 ビット マシンでのみ機能することに注意してください。 64 ビット マシンの場合は、次の方法で「NUnit3 テスト アダプター」をダウンロードする必要があります。wing 以下で説明するのと同じプロセス。

ステップ1) [ツール] -> [N] に移動します。uGet パッケージマネージャー -> Nの管理uGet ソリューションのパッケージ。その画面では、

  1. NUnitTestAdapter を検索
  2. 「検索結果」をクリック
  3. プロジェクトの選択
  4. インストールをクリックします。

NUnit テスト アダプターをダウンロード

ステップ2) 確認のポップアップで「OK」をクリックします。 インストールが完了すると、以下が表示されますwing メッセージ-

NUnit テスト アダプターをダウンロード

Selenium およびNUnitフレームワーク

統合 selenium NUnit フレームワークを使用すると、テスターはさまざまなテスト クラスを区別できます。 NUnit を使用すると、テスターは SetUp、Test、TearDown などのアノテーションを使用して、テストの実行前後にアクションを実行できます。

NUnit フレームワークは次のものと統合できます Selenium NUnit テスト クラスを作成し、NUnit フレームワークを使用してテスト クラスを実行します。

この手順の下に Selenium NUnit フレームワークを使用してテスト クラスを作成して実行するには、C# フレームワーク チュートリアルが必要です。

NUnit Test クラスを作成する手順 Selenium:

ステップ1) ソリューション エクスプローラーで、プロジェクトを右クリック > [追加] > [クラス]

NUnit テスト クラスを作成する Selenium

ステップ2) クラス作成ウィンドウが表示されます。

  1. クラスに名前を付けます
  2. 「追加」ボタンをクリックします

NUnit テスト クラスを作成する Selenium

ステップ3) 以下の画面が表示されます。

NUnit テスト クラスを作成する Selenium

ステップ4) 以下を追加wing 作成したクラスにコードを追加します。 Chromeドライバーの初期化中に「chromdriver.exe」ファイルの場所を指定する必要があることに注意してください。

using NUnit.Framework;
using OpenQA.Selenium;
using OpenQA.Selenium.Chrome;
using OpenQA.Selenium.Firefox;
using System;
using System.Collections.Generic;
using System.Linq;
using System.Text;
using System.Threading.Tasks;

namespace Guru99Demo
{
	class Guru99Demo						
    {
        IWebDriver driver;

        [SetUp]
		public void startBrowser()
        {
            driver = new ChromeDriver("D:\\3rdparty\\chrome");
        }

        [Test]
		public void test()
        {
            driver.Url = "http://www.google.co.in";
        }

        [TearDown]
		public void closeBrowser()
        {
            driver.Close();
        }

    }
}

ステップ4) 「ビルド」→「ソリューションのビルド」をクリックします。

NUnit テスト クラスを作成する Selenium

注意: ビルド時に「エントリ ポイントに適した静的な 'main' メソッドが含まれていません」のようなエラーが表示される場合があります。

NUnit テスト クラスを作成する Selenium

これを解決するには、[プロジェクト] > [プロパティ] に移動し、出力タイプを「クラス ライブラリ」に変更します。 デフォルトは「コンソールアプリケーション」です。

NUnit テスト クラスを作成する Selenium

ステップ5) ビルドが成功したら、[テスト エクスプローラー] ウィンドウを開く必要があります。 「テスト」をクリックします -> Windows -> テストエクスプローラー

NUnit テスト クラスを作成する Selenium

ステップ6) [テスト エクスプローラー] ウィンドウが開き、使用可能なテストのリストが表示されます。 テスト エクスプローラーを右クリックし、[選択したテストの実行] を選択します。

NUnit テスト クラスを作成する Selenium

ステップ7) Selenium 指定された URL でブラウザを開いてブラウザを閉じる必要があります。テスト エクスプローラー ウィンドウで、テスト ケースのステータスが「合格」に変更されます。

NUnit テスト クラスを作成する Selenium

Selenium C# の WebDriver コマンド

C# は、ブラウザーとの対話にインターフェイス「IWebDriver」を使用します。 次のことwing で使用できるコマンドのカテゴリです。 Selenium C# で。

  1. ブラウザコマンド
  2. Web 要素コマンド
  3. ドロップダウンコマンド

今すぐ Selenium C Sharp チュートリアル、勉強しましょう Selenium WebDriver コマンドを 1 つずつ

ブラウザコマンド:

Following C# で使用できるブラウザ コマンドのリストです。 Selenium.

コマンド名 説明 構文
URLコマンド このコマンドは、指定された URL をブラウザで開くために使用されます。
driver.Url = "https://www.guru99.com"
タイトルコマンド このコマンドは、現在開いている Web ページのページ タイトルを取得するために使用されます。
String title = driver.Title
ページソースコマンド このコマンドは、現在開いている Web ページのソース コードを取得するために使用されます。
String pageSource = driver.PageSource
閉じるコマンド このコマンドは、最近開いたブラウザ インスタンスを閉じるために使用されます。
driver.Close();
コマンドを終了する このコマンドは、開いているすべてのブラウザ インスタンスを閉じるために使用されます。
driver.Quit();
バックコマンド このコマンドは、ブラウザ履歴の前のページに移動するために使用されます。
driver.Navigate().Back();
前進コマンド このコマンドは、ブラウザ履歴の次のページに移動するために使用されます。
driver.Navigate().Forward()
リフレッシュコマンド このコマンドはブラウザの更新を実行するために使用されます。
driver.Navigate().Refresh()

Web 要素コマンド

Webelement は、Web ページ上のすべての要素を表します。 これらは HTML タグで表されます。 各ボタン、テキストboxes、リンク、画像、テーブル、フレームは Webelements に分類されます。 OperaWeb 要素のアクションは、IWebelement インターフェイスを使用してトリガーできます。 Webelement を操作するには、Web ページ上で要素を見つけて実行する必要があります。 operaそれに関する問題。 Firebug や Firepath などのツールを使用して、 Xパス ヴェーベレメントの。

次のことwing は、C# で使用できる Webelement コマンドのリストです。

コマンド名 説明 構文
クリックコマンド このコマンドは、Webelement をクリックするために使用されます。 要素をクリック可能にするには、要素が Web ページ上に表示されている必要があります。 このコマンドはチェックに使用されますbox そしてラジオボタン operaションも同様です。
IWebelement element = driver.FindElement(By.xpath("xpath of Webelement"));  element.Click();
クリアコマンド このコマンドは、テキストの既存の内容をクリアするために特に使用されます。box例えば、。
IWebelement element = driver.FindElement(By.xpath("xpath of Webelement")); 
element.Clear();
SendKeys コマンド このコマンドはテキストに値を入力するために使用されます boxエス。 入力する値はパラメータとして渡す必要があります。
IWebelement element = driver.FindElement(By.xpath("xpath of Webelement")); 
element.SendKeys("guru99");
ディスプラyed command このコマンドは、特定の要素が表示されているかどうかを識別するために使用されます。yed ウェブページ上で。このコマンドはブール値を返します。 Web 要素の可視性に応じて true または false。
IWebelement element = driver.FindElement(By.xpath("xpath of Webelement")); 
Boolean status = element.Displayed;
有効なコマンド このコマンドは、特定の Web 要素が Web ページ上で有効になっているかどうかを識別するために使用されます。 このコマンドはブール値を返します。 結果として true または false。
IWebelement element = driver.FindElement(By.xpath("xpath of Webelement")); 
Boolean status = element.Enabled;
選択されたコマンド このコマンドは、特定の Web 要素が選択されているかどうかを識別するために使用されます。 このコマンドはチェックに使用されますboxes、ラジオボタン、選択 operaション。
IWebelement element = driver.FindElement(By.xpath("xpath of Webelement")); 
Boolean status = element.Selected;
コマンドを送信します: このコマンドは click コマンドに似ていますが、違いは HTML フォームに「送信」タイプのボタンがあるかどうかです。 click コマンドは任意のボタンをクリックしますが、submit コマンドはタイプが submit のボタンのみをクリックします。
IWebelement element = driver.FindElement(By.xpath("xpath of Webelement"));  element.submit();
テキストコマンド このコマンドは、Webelement の内部テキストを返します。 このコマンドは結果として文字列値を返します。
IWebelement element = driver.FindElement(By.xpath("xpath of Webelement")); 
String text=element.Text;
タグ名コマンド このコマンドは、Web 要素の HTML タグを返します。 結果として文字列値を返します。
IWebelement element = driver.FindElement(By.xpath("xpath of Webelement"));  String tagName = element.TagName;
GetCSSValue コマンド: このメソッドは、Web 要素の色を rgba 文字列 (赤、緑、青、アルファ) の形式で返すために使用されます。
IWebelement element = driver.FindElement(By.xpath("xpath of Webelement")); 
String color = element.getCSSValue;

出力– 要素の色が赤の場合、出力は rgba(255,0,0,1) になります。

ドロップダウンコマンド:

落ちます operaC# での機能は、SelectElement クラスを使用して実現できます。

次のことwing さまざまなドロップダウンがあります operaC# で使用できるオプション。

コマンド名 説明 構文
SelectByText コマンド このコマンドは、オプションのテキストに基づいてドロップダウンのオプションを選択します。
IWebelement element = driver.FindElement(By.xpath("xpath of Webelement")); 
SelectElement select = new SelectElement(element);
select.SelectByText("Guru99");
SelectByIndex コマンド このコマンドは、インデックスに基づいてオプションを選択するために使用されます。 ドロップダウンのインデックスは 0 から始まります。
IWebelement element = driver.FindElement(By.xpath("xpath of Webelement")); 
SelectElement select = new SelectElement(element);
select.SelectByIndex("4");
SelectByValue コマンド このコマンドは、オプション値に基づいてオプションを選択するために使用されます。
IWebelement element = driver.FindElement(By.xpath("xpath of Webelement")); 
SelectElement select = new SelectElement(element);
select.SelectByValue("Guru99");
オプションコマンド このコマンドは、表示されるオプションのリストを取得するために使用されます。yed ドロップダウンで。
IWebelement element = driver.FindElement(By.xpath("xpath of Webelement")); 
SelectElement select = new SelectElement(element);
List<IWebelement> options = select. Options;
int size = options.Count;
for(int i=0;i<options.size();i++)
{
String value = size.elementAt(i).Text;
Console.writeLine(value);
}

上記のコードは、すべてのオプションをドロップダウン内のコンソールに出力します。

IsMultiple コマンド このコマンドは、ドロップダウンが複数選択ドロップダウンかどうかを識別するために使用されます。 複数選択ドロップダウンを使用すると、ユーザーはドロップダウンで一度に複数のオプションを選択できます。 このコマンドはブール値を返します。
IWebelement element = driver.FindElement(By.xpath("xpath of Webelement")); 
SelectElement select = new SelectElement(element);
Boolean status = select.IsMultiple();
すべての選択解除コマンド このコマンドは複数選択ドロップダウンで使用されます。 すでに選択されているオプションをクリアします。
IWebelement element = driver.FindElement(By.xpath("xpath of Webelement")); 
SelectElement select = new SelectElement(element);
select.DeSelectAll();
DeSelectByIndex コマンド このコマンドは、インデックスを使用して、すでに選択されている値の選択を解除します。
IWebelement element = driver.FindElement(By.xpath("xpath of Webelement")); 
SelectElement select = new SelectElement(element);
select.DeSelectByIndex("4");
DeSelectByValue コマンド このコマンドは、その値を使用して、すでに選択されている値の選択を解除します。
IWebelement element = driver.FindElement(By.xpath("xpath of Webelement")); 
SelectElement select = new SelectElement(element);
select.DeSelectByValue("Guru99");
DeSelectByText コマンド このコマンドは、テキストを使用して、すでに選択されている値の選択を解除します。
IWebelement element = driver.FindElement(By.xpath("xpath of Webelement")); 
SelectElement select = new SelectElement(element);
select.DeSelectByText("Guru99");

コードサンプル

例 1: XPATH ロケーターを使用してリンクをクリックします。

テストシナリオ:

  1. Demo Guru99 Web ページに移動します – https://demo.guru99.com/test/guru99home/
  2. ウィンドウを最大化する
  3. 「テスト」メニューをクリックします
  4. ブラウザを閉じます
using NUnit.Framework;
using OpenQA.Selenium;
using OpenQA.Selenium.Chrome;
using System;
using System.Collections.Generic;
using System.Linq;
using System.Text;
using System.Threading.Tasks;

namespace Guru99Demo
{
	class CSS						
    {
        IWebDriver m_driver;

        [Test]
		public void cssDemo()
        {
            m_driver = new ChromeDriver("D:\\3rdparty\\chrome");
            m_driver.Url = "https://demo.guru99.com/test/guru99home/";
            m_driver.Manage().Window.Maximize();
            IWebelement link = m_driver.FindElement(By.XPath(".//*[@id='rt-header']//div[2]/div/ul/li[2]/a"));
            link.Click();
            m_driver.Close();
        }
    }
}

例 2: テキストへのデータの入力Box XPATH ロケーターを使用してボタンをクリックします。

テストシナリオ:

  1. Guru 99 デモページに移動します – https://demo.guru99.com/test/guru99home/
  2. eにデータを入力しますmail 클라우드 기반 AI/ML및 고성능 컴퓨팅을 통한 디지털 트윈의 기초 – Edward Hsu, Rescale CPO 많은 엔지니어링 중심 기업에게 클라우드는 R&D디지털 전환의 첫 단계일 뿐입니다. 클라우드 자원을 활용해 엔지니어링 팀의 제약을 해결하는 단계를 넘어, 시뮬레이션 운영을 통합하고 최적화하며, 궁극적으로는 모델 기반의 협업과 의사 결정을 지원하여 신제품을 결정할 때 데이터 기반 엔지니어링을 적용하고자 합니다. Rescale은 이러한 혁신을 돕기 위해 컴퓨팅 추천 엔진, 통합 데이터 패브릭, 메타데이터 관리 등을 개발하고 있습니다. 이번 자리를 빌려 비즈니스 경쟁력 제고를 위한 디지털 트윈 및 디지털 스레드 전략 개발 방법에 대한 인사이트를 나누고자 합니다. box
  3. サインアップボタンをクリックします
using NUnit.Framework;
using OpenQA.Selenium;
using OpenQA.Selenium.Chrome;
using System;
using System.Collections.Generic;
using System.Linq;
using System.Text;
using System.Threading.Tasks;

namespace Guru99Demo
{
	class CSS						
    {
        IWebDriver m_driver;

        [Test]
		public void cssDemo()
        {
            m_driver = new ChromeDriver("G:\\");
            m_driver.Url = "https://demo.guru99.com/test/guru99home/";
            m_driver.Manage().Window.Maximize();

             
			// Store locator values of email text box and sign up button				
            IWebElement emailTextBox = m_driver.FindElement(By.XPath(".//*[@id='philadelphia-field-email']"));
            IWebElement signUpButton = m_driver.FindElement(By.XPath(".//*[@id='philadelphia-field-submit']"));

            emailTextBox.SendKeys("test123@gmail.com");
            signUpButton.Click();
                        
        }
    }
}			

例 3: テキストへのデータの入力Box CSS ロケーターを使用してボタンをクリックします。

テストシナリオ:

  1. Guru 99 デモページに移動します – https://demo.guru99.com/test/guru99home/
  2. eにデータを入力しますmail 클라우드 기반 AI/ML및 고성능 컴퓨팅을 통한 디지털 트윈의 기초 – Edward Hsu, Rescale CPO 많은 엔지니어링 중심 기업에게 클라우드는 R&D디지털 전환의 첫 단계일 뿐입니다. 클라우드 자원을 활용해 엔지니어링 팀의 제약을 해결하는 단계를 넘어, 시뮬레이션 운영을 통합하고 최적화하며, 궁극적으로는 모델 기반의 협업과 의사 결정을 지원하여 신제품을 결정할 때 데이터 기반 엔지니어링을 적용하고자 합니다. Rescale은 이러한 혁신을 돕기 위해 컴퓨팅 추천 엔진, 통합 데이터 패브릭, 메타데이터 관리 등을 개발하고 있습니다. 이번 자리를 빌려 비즈니스 경쟁력 제고를 위한 디지털 트윈 및 디지털 스레드 전략 개발 방법에 대한 인사이트를 나누고자 합니다. box
  3. サインアップボタンをクリックします
using NUnit.Framework;
using OpenQA.Selenium;
using OpenQA.Selenium.Chrome;
using System;
using System.Collections.Generic;
using System.Linq;
using System.Text;
using System.Threading.Tasks;

namespace Guru99Demo
{
	class CSS						
    {
        IWebDriver m_driver;

        [Test]
		public void cssDemo()
        {
            m_driver = new ChromeDriver("G:\\");
            m_driver.Url = "https://demo.guru99.com/test/guru99home/";
            m_driver.Manage().Window.Maximize();

             
			// Store locator values of email text box and sign up button				
            IWebElement emailTextBox = m_driver.FindElement(By.CssSelector("input[id=philadelphia-field-email]"));
            IWebElement signUpButton = m_driver.FindElement(By.CssSelector("input[id=philadelphia-field-submit]"));

            emailTextBox.SendKeys("test123@gmail.com");
            signUpButton.Click();

             
        }
    }
}

例 4: ドロップダウンで値を選択します。

テストシナリオ:

  1. Guru 99 デモページに移動します – https://demo.guru99.com/test/guru99home/
  2. SAP リンクをクリックします
  3. 名前とeにデータを入力しますmail 클라우드 기반 AI/ML및 고성능 컴퓨팅을 통한 디지털 트윈의 기초 – Edward Hsu, Rescale CPO 많은 엔지니어링 중심 기업에게 클라우드는 R&D디지털 전환의 첫 단계일 뿐입니다. 클라우드 자원을 활용해 엔지니어링 팀의 제약을 해결하는 단계를 넘어, 시뮬레이션 운영을 통합하고 최적화하며, 궁극적으로는 모델 기반의 협업과 의사 결정을 지원하여 신제품을 결정할 때 데이터 기반 엔지니어링을 적용하고자 합니다. Rescale은 이러한 혁신을 돕기 위해 컴퓨팅 추천 엔진, 통합 데이터 패브릭, 메타데이터 관리 등을 개발하고 있습니다. 이번 자리를 빌려 비즈니스 경쟁력 제고를 위한 디지털 트윈 및 디지털 스레드 전략 개발 방법에 대한 인사이트를 나누고자 합니다. boxes
  4. 「コース」ドロップダウンから値を選択します
  5. ブラウザを閉じます
using NUnit.Framework;
using OpenQA.Selenium;
using OpenQA.Selenium.Chrome;
using OpenQA.Selenium.Support.UI;


namespace Guru99Demo
{
	class TestSelect						
    {
        IWebDriver m_driver;

        [Test]
		public void selectDemo()
        {
            m_driver = new ChromeDriver("G:\\");
            m_driver.Url = "https://demo.guru99.com/test/guru99home/";
            m_driver.Manage().Window.Maximize();

            IWebElement course = m_driver.FindElement(By.XPath(".//*[@id='awf_field-91977689']"));

			var selectTest = new SelectElement(course);
			// Select a value from the dropdown				
            selectTest.SelectByValue("sap-abap");
                        
        }
    }
}

まとめ

  • 使用するために Selenium C# を使用した WebDriver をインストールする必要があります Visual Studio.
  • NUnit は、によってサポートされている単体テスト フレームワークです。 Visual Studio および Selenium ウェブドライバー
  • NUnit フレームワークと NUnit テスト アダプターをインストールする必要があります。 Visual Studio それを使うために。
  • NUnit フレームワークは次のものと統合できます Selenium NUnit テスト クラスを作成し、NUnit フレームワークを使用してテスト クラスを実行します。
  • NUnit を使用すると、テスターは SetUp、Test、TearDown などのアノテーションを使用して、テストの実行前後にアクションを実行できます。
  • Selenium WebDriver コマンドは、ブラウザ コマンド、Webelement コマンド、およびドロップダウン コマンドに分類できます。