SAP HR で組織管理 (OM) を学ぶ

SAP HRのOMモジュール

  • オブジェクトの種類 OM 内のエンティティはオブジェクト タイプ (組織単位、ポジション、ジョブなど) として維持されます。
  • の関係 オブジェクトを相互にリンクします (例: 個人とポジション、ポジションと組織単位)
  • 有効期限 オブジェクトの寿命を検証します
  • インフォタイプ 関連情報を記録するためのデータ入力画面

オブジェクトの種類

OM の各側面は、類似したデータをグループ化する方法であるオブジェクト タイプとして記録されます。 たとえば、組織単位はオブジェクト タイプであり、位置は別のオブジェクト タイプです。

の関係

OM 内には多くのオブジェクトがあり、リレーションシップを作成することでデータが相互にリンクされます。階層を構築するときarchical 組織構造では、組織単位オブジェクト間の関係を作成しています。職位を組織単位に付加すると、職位オブジェクトと組織単位オブジェクトとの間に関係が作成されます。

有効期限

オブジェクトまたはオブジェクト間の関係を作成するときは、開始日と終了日を入力する必要があります。 これらの有効期限により、指定された有効期間内にのみデータ入力を行うことができます。

インフォタイプ

OM情報を記録するためのデータ入力画面です。 一部のインフォタイプは「舞台裏」で自動的に更新されます。 他のインフォタイプでは、情報を手動で入力する必要があります。

さまざまな点を見てみましょう オブジェクトの種類 詳細に

OM は、オブジェクト タイプと関係の使用に基づいています。 オブジェクト タイプは、類似したデータをグループ化します。 組織計画は多くのオブジェクト タイプで構成されますが、XNUMX つの基本的な構成要素オブジェクト タイプとその「コード」は次のとおりです。

SAP HR のインフォタイプ

  • SAP HR システムの人事管理 (PA) モジュールは、マスタデータファイルのインフォタイプに個人関連データを保持します。
  • 組織管理 (OM) モジュールは、組織の部門構造を調べ、データをオブジェクト タイプで保持します。 OM オブジェクト タイプは、類似したデータをグループ化する方法です。 システムは各オブジェクト タイプにコードを割り当てます。
  • これらのオブジェクトは個別に作成および維持され、リレーションシップを使用して相互にリンクされます。

組織単位

SAP HRの組織単位

  • オブジェクトタイプ O 組織単位に使用されます。
  • 組織単位は、機能を実行する会社の単位です。
  • これらの単位には、たとえば、部門、グループ、プロジェクト チームなどがあります。
  • 組織単位を相互に関連付けることによって、会社の組織構造を作成します。
  • 組織構造は組織計画作成の基礎となります。

役職

SAP HR でのポジション

  • オブジェクトタイプ S 位置に使用されます。
  • ポジションは、タスクをさまざまなポジションに分散し、組織計画でレポート構造を表すために使用されます。
  • 役職は具体的なものであり、会社内の従業員が就きます。
  • ポジションは組織単位に割り当てられ、ジョブの特性を継承できます。

ジョブ

SAP HR での仕事

  • オブジェクトタイプ C Jobには(分類)が使用されます。
  • 役職は社内の人々 (マーケティング部門の秘書、人事マネージャーなど) によって保持されます。 対照的に、ジョブは企業内の職務の分類 (秘書、マネージャーなど) であり、タスクと特性の割り当てによって定義されます。
  • ジョブは、同様のタスクまたは特性を持つ複数のポジションに適用される職務記述として機能します。 ジョブを作成すると、ジョブ カタログにリストされます。
  • 新しいポジション (例: マーケティング部門の秘書) を作成するとき、それをジョブ インデックスにすでに存在するジョブ (例: 秘書) に関連付けることができます。 その後、ポジションはジョブのタスクと特性を自動的に継承します。 これにより、タスクと特性を各ポジションに個別に割り当てる必要がなくなり、代わりに記述ジョブを介して継承されるため、データ入力時間が大幅に短縮されます。 ただし、特定のタスクや特性をポジションに直接割り当てることもできることに注意してください。

次に仕事も重要ですwing コンポーネント:

  • 人件費計画
  • キャリアと後継者計画
  • 報酬管理

ジョブを作成すると、ジョブ カタログにリストされます。 ジョブ カタログは、企業向けに維持されているジョブのリストです。

コストセンター

SAP HRのコストセンター

  • オブジェクトタイプ K コストセンターに使用されます。
  • コストセンターは、コストの発生源を表す管理会計/財務項目です。 原価センタは OM の外部にあり、管理会計モジュールで作成および維持されます。 コスト センターは、組織単位またはポジションのいずれかと関係を持つことができます。
  • コスト センターの割り当ては、組織構造に沿って継承されます。

  • オブジェクトタイプ P 従業員に使用されます。
  • 一般に、個人とは、会社内で役職に就いている従業員を指します。
  • 従業員の追加情報 (住所、基本給など) は PA で管理されます。IT0001 (組織割り当て) には、役職の割り当て、ジョブ、組織単位、およびコスト センターの割り当ての定義が含まれます。

その他の注目すべきオブジェクト タイプは次のとおりです。 TASKS

  • オブジェクトタイプ T タスクに使用されます
  • タスクは従業員が引き受けなければならない個人の義務と責任です

タスクは XNUMX つの見出しの下に分類できます

  • ワークフローの一部として
  • 人事管理の一環として仕事や役職を説明する

SAP HR 組織が単一ユニットとして機能する仕組み

の関係

SAP の XNUMX 種類の関係を調べる必要があります。

1.同じオブジェクトタイプとの関係

2.さまざまなオブジェクト タイプとの関係

それらを詳しく見てみましょう –

同じオブジェクトタイプとの関係

同じオブジェクトタイプとの関係

  • 組織単位は相互に関連して階層を形成します。archiカル構造。
  • 各組織単位は、個別のオブジェクト タイプとして作成されます。 上の例を使用すると、「地域オフィス」の組織単位は、財務および財務部門の組織単位と同様にオブジェクト タイプです。 会計 そして人事。
  • 相互関係のある階層を作成するには、地方事務所と財務会計との間に、また地方事務所と人事との間に関係が存在する必要があります。
  • 関係は双方向に形成されるため、地方事務所は財務会計を組み込み、財務会計は地方事務所に属します。
  • オブジェクト間の関係を作成すると、 SAP 対応する逆の関係が自動的に作成されます。

さまざまなオブジェクト タイプとの関係

さまざまなオブジェクト タイプとの関係

  • SAP 組織単位にはポジションが関連付けられています。 したがって、組織単位オブジェクトは、関係として位置オブジェクト タイプにリンクされます。
  • 上記の例では、Human Resources の組織単位オブジェクトには「」という関係があります。組み込む' と HR マネージャーの職位オブジェクト。したがって、HR マネージャーの職位オブジェクトには ' の関係があります。属する' 人事の組織単位オブジェクトを使用します。

共通の関係性

共通の関係

  • オブジェクトは関係を通じてリンクされます。
  • 組織計画の個々の要素間の関係を作成します。 リンクされた複数のオブジェクトは、 構造。 要素間の接続の種類が異なるため、さまざまな種類の関係が存在します。

共通の関係