SAP PP01: OM インフォタイプを保守する方法

さまざまな OM オブジェクトを作成したら、それに関連するインフォタイプを管理する必要があります。

SAP-HR OM インフォタイプ保守を見てみましょう —

組織管理のインフォタイプを維持する方法

SAP を維持するには XNUMX つの方法があります – 組織管理インフォタイプ

1。 使用 組織と人材派遣取引

2 を使う エキスパートモード.

このチュートリアルでは、エキスパート モードについて説明します。

また, エキスパートモード メンテナンスに最適なインターフェイスです。tails。個々のオブジェクト aresオブジェクト マネージャーを使用して選出されます。 その特定のオブジェクトのインフォタイプを維持できるようになりました。

トランザクションコード PP01 すべてのオブジェクト タイプを維持するために使用できます。 認証制限により、PP01 にアクセスできない場合があります。 代わりに、次のいずれかを使用する必要があります。wing トランザクション: XNUMX つの特定のオブジェクト タイプへのアクセスを制限します。

  • PO10 組織ユニット
  • PO03 ジョブ
  • PO13 役職
  • PO01 ワークセンター

PP01の画面を以下に示します。 PO10、PO03、PO13、PO01 の画面は非常に似ています

OM インフォタイプの保守

  1. 計画バージョン: 常に正しいプラン バージョンで作業していることを確認することが重要です (このために、ユーザー パラメータでプラン バージョンをデフォルトにすることもできます)
  2. オブジェクト情報: オブジェクトのタイプ、ID、および略語が表示されるので、ユーザーは正しいオブジェクトが編集されていることを確認できます。
  3. Status:: タブページを使用して、更新するインフォタイプのステータスを選択します (ステータス = 1 の有効を選択します)。
  4. インフォタイプ: 更新するインフォタイプを選択します。
  5. 有効期間: 開始日と終了日は、選択した計画バージョンにオブジェクトが存在する期間を指定します。

重要な OM インフォタイプ

1. IT1000 – 説明: オブジェクトの略語と名前を示します。

重要な OM インフォタイプ

2. IT1001- 人間関係:

重要な OM インフォタイプ

  • オブジェクト タイプ間で作成できるさまざまな関係タイプが存在します。
  • 個々の関係は、関係インフォタイプ (IT1001) のサブタイプを表します。
  • すべての関係がすべてのオブジェクトに適用されるわけではありません。
  • 関係レコードは、エキスパート モード インターフェイスを使用して手動で作成できますが、他のインターフェイス (組織とスタッフ配置、シンプル メンテナンスなど) を使用する場合にも自動的に作成されます。
  • 関係を作成するとき、通常、逆の関係がシステムによって自動的に作成されます。