HANA の SAP DS (データ サービス)

SAP データ サービスとは何ですか?

SAP データ サービスは、データ統合、変換、データ品質、データ プロファイリング、異種データからのテキスト データ処理のための単一のエンタープライズ レベルのソリューションを提供する ETL ツールです。neoターゲットのデータベースまたはデータ ウェアハウスをソースとします。

デザイナを使用してデータのマッピングと変換を実行できるアプリケーション (ジョブ) を作成できます。 (SAP BODS の最新バージョンは 4.2)。

データサービスの特徴

  • 高性能の並列変換を提供します。
  • 包括的な管理ツールとレポート ツールが備わっています。
  • マルチユーザーをサポートします。
  • SAP BODS Web サービスベースのアプリケーションで非常に柔軟です。
  • 豊富な関数セットを備えたスクリプト言語を使用できます。
  • Data Services は、トリガーベースのテクノロジーを使用して SAP LT Replication Server (SLT) と統合できます。 SLT が追加 delta- すべての SAP または非 SAP ソース テーブルへの機能。これにより、変更のためのデータ キャプチャの使用と、 delta ソーステーブルのデータ。
  • ダッシュボードとプロセス監査によるデータ検証。
  • スケジュール機能と監視/ダッシュボードを備えた管理ツール。
  • デバッグと組み込みプロファイリングと競合wing データ。
  • SAP BODS サポート 幅広いソースとターゲット。
  • 任意のアプリケーション (SAP など)。
  • 一括読み込みと変更データ キャプチャを備えたデータベース
  • ファイル: 固定幅、カンマ区切り、COBOL、XML、 Excel.

データサービスのコンポーネント

SAP DATA サービスには以下のコンポーネントがあります –

  1. デザイナー - これは、データ ウェアハウスにデータを取り込むジョブを作成、テスト、実行できる開発ツールです。開発者はこれを使用して、ソースからターゲットへのフロー図でアイコンを選択することでオブジェクトを作成し、それらを構成できます。ワークフローとデータ フローを指定してアプリケーションを作成するために使用されます。データ サービス デザイナーを開くには、次の場所に移動します。 [スタート] メニュー -> [すべてのプログラム] -> [SAP Data Services (ここでは 4.2)] -> [Data Service Designer] をクリックします。

HANA の SAP DS (データ サービス)

  1. ジョブサーバー- これは、データ サービス処理エンジンを起動し、エンジンと Data Services Suite へのインターフェイスとして機能するアプリケーションです。
  2. エンジン- データ サービス エンジンは、アプリケーションで定義された個々のジョブを実行します。
  3. リポジトリ- リポジトリは、デザイナーの事前定義オブジェクトとユーザー定義オブジェクト (ソースおよびターゲットのメタデータ、変換ルール) を保存するデータベースです。リポジトリには XNUMX つのタイプがあります。
  • ローカルリポジトリ (Designer および Job Server によって使用されます)。
  • 中央リポジトリ (オブジェクトの共有とバージョン管理に使用されます)
  1. アクセスサーバー- アクセス サーバーは、Web アプリケーション、データ サービス ジョブ サーバー、およびエンジンの間でメッセージを渡します。
  2. 管理者- Web Administrator は、データ サービス リソースのブラウザベースの管理を提供します。詳細は次のとおりです。
  • リアルタイム サービスの構成、開始、停止。
  • バッチジョブのスケジュール、監視、実行。
  • Job Server、Access Server、およびリポジトリの使用法を構成します。
  • ユーザーの管理。
  • Web サービス経由でのバッチ ジョブとリアルタイム サービスの公開
  • アダプターの構成と管理。

データサービス Archi構造 –

データサービス archi構造は次のとおりですwing 成分-

  • 中央リポジトリ – ジョブ サーバーへのリポジトリ設定、セキュリティ管理、バージョン管理、オブジェクト共有に使用されます。
  • デザイナー – プロジェクト、ジョブ、ワークフロー、データ フローの作成と実行に使用されます。
  • ローカル リポジトリ (ここで変更を作成し、ジョブ、ワークフロー、データフローを開始できます)。
  • ジョブ サーバーとエンジン – ジョブを管理します。
  • Access Server – 開発者がリポジトリ内で作成したリアルタイム ジョブを実行するために使用されます。

以下の図では、Data Services とそこにあるコンポーネントの関係が示されています。

HANA の SAP DS (データ サービス)

SAP BODS Archi構造

デザイナーウィンドウの詳細: まず、SAP データ サービスの最初のコンポーネントであるデザイナーを調べます。

データサービスデザイナーの各セクションの詳細は以下のとおりです。

  1. ツールバー (開く、保存、戻る、検証、実行などに使用されます)。
  2. プロジェクトエリア (ジョブ、ワークフロー、データフローを含む現在のプロジェクトが含まれます。Data Services では、すべてのエンティティはオブジェクトです。
  3. ワークスペース (オブジェクトを定義、表示、および変更するアプリケーション ウィンドウ領域)。
  4. ローカルオブジェクトライブラリ (変換、ジョブ、ワークフロー、データフローなどのローカル リポジトリ オブジェクトが含まれます)。
  5. ツールパレット (ツール パレットのボタンを使用すると、ワークスペースに新しいオブジェクトを追加できます)。

HANA の SAP DS (データ サービス)

オブジェクト階層

以下の図は階層を示していますarchiData Services 内の主要なオブジェクト タイプの関係を計算します。

HANA の SAP DS (データ サービス)>

注:

HANA の SAP DS (データ サービス)

ワークフローと条件付き*はオプションです

SAP Data Services の詳細で使用されるオブジェクトは次のとおりです –

オブジェクト Description
プロジェクト プロジェクトは、デザイナー ウィンドウの最上位のオブジェクトです。 プロジェクトは、Data Services で作成する他のオブジェクトを整理する方法を提供します。一度に開くことができるプロジェクトは XNUMX つだけです (「開く」とは「プロジェクト領域に表示される」ことを意味します)。
ジョブ 「ジョブ」は、独立して実行をスケジュールできる最小の作業単位です。
スクリプト プロシージャ内の行のサブセット。
ワークフロー 「ワークフロー」とは、ジョブ全体の一貫した作業フローに複数のデータ フローを組み込んだものです。 ワークフローはオプションです。 ワークフローとは手順のことです。

  • 通話データフロー
  • 別のワークフローを呼び出す
  • ジョブで実行するステップの順序を定義します。
  • データ フローとの間でパラメーターを渡します。
  • 実行中に発生したエラーの処理方法を指定します。
  • プロジェクトのセクションを実行するための条件を定義します。
データフロー 「データ フロー」とは、ソース データがターゲット データに変換されるプロセスです。 データ フローは再利用可能なオブジェクトです。 常にワークフローまたはジョブから呼び出されます。

  • 読み取りたいソース データを特定します。
  • データに対して実行する変換を定義します。
  • データをロードするターゲットテーブルを特定します。
データストア Data Services をソース データベースおよびデータストア ターゲット データベースに接続する論理チャネル。

  • ソースデータベースとターゲットデータベースごとに指定する必要があります。
  • ソースおよびターゲットデータベースのメタデータをリポジトリにインポートするために使用されます
  • Data Services によってソース テーブルからデータを読み取り、ターゲット テーブルにデータをロードするために使用されます。
ターゲット Data Services がソースからデータをロードするテーブルまたはファイル。

SAP ソース テーブルからデータをロードする Data Services の例

データ サービス内のすべてはオブジェクトです。 ソース データベースとターゲット データベースごとにデータ ストアを分ける必要があります。

SAP ソース テーブルからデータをロードする手順 – SAP BODS には多くの手順があり、その中でソースとターゲットのデータ ストアを作成し、それらにマップする必要があります。

  • ソースと BODS の間にデータ ストアを作成する
  • メタデータ (構造) を BODS にインポートします。
  • インポートサーバーの構成
  • メタデータを HANA システムにインポートします。
  • BODS と HANA の間にデータ ストアを作成します。
  • プロジェクトを作成します。
  • ジョブの作成 (バッチ/リアルタイム)
  • ワークフローの作成
  • データフローの作成
  • データフローにオブジェクトを追加する
  • ジョブを実行する
  • HANA でデータ プレビューを確認する

ステップ1) SAP ソースと BODS の間にデータ ストアを作成する

  1. SAP BODS を介して SAP ソースから SAP HANA にデータをロードするには、データ ストアが必要です。 したがって、以下に示すように、最初にデータ ストアを作成します – [プロジェクト] -> [新規] -> [データ ストア]

    HANA の SAP DS (データ サービス)

  2. [新しいデータ ストアの作成] ポップアップが表示されるので、以下のように詳細を入力します。
    1. データストア名「ds_ecc」を入力します。
    2. データ ストア タイプ名として「SAP アプリケーション」を選択します。
    3. データベースサーバー名を入力してください
    4. ユーザー名とパスワード。
    5. 「適用」ボタンをクリックします。
    6. 「OK」ボタンをクリックします。

    HANA の SAP DS (データ サービス)

  3. データ ストアが作成され、以下のように作成されたデータストアが表示されます。
  1. ローカルオブジェクトライブラリに移動
  2. 「データストア」タブを選択します。
  3. データストア「ds_ecc」が表示されます。

HANA の SAP DS (データ サービス)

ステップ2) メタデータ (構造) を BODS サーバーにインポートします。

ECC から BODS へのデータ ストアを作成しました。 次に、メタデータを ECC から BODS にインポートします。 インポートするには、以下の手順に従ってください –

  1. データストア「ds_ecc」を選択し、右クリックします。
  2. 「名前でインポート」オプションを選択します。

    HANA の SAP DS (データ サービス)

    名前によるインポートのポップアップが表示されます。 以下のように詳細を入力します –

    1. [タイプをテーブルとして選択] を選択します。
    2. インポートするテーブルの名前を入力します。 ここでは KNA1 テーブルをインポートしています。
    3. 「インポート」ボタンをクリックします。 KNA1 テーブルは、「ds_ecc」データ ソースのテーブル ノードの下に表示されます。

    HANA の SAP DS (データ サービス)

テーブルのメタデータは、以下のようにデータストア ds_ecc にインポートされます –

HANA の SAP DS (データ サービス)

ステップ3) インポートサーバーの構成

これまで、ECC から SAP BODS 接続用に作成されたデータ保存「ds_ecc」にテーブルをインポートしてきました。 データをインポートするには SAP HANAインポートサーバーを設定する必要があります。

  1. これを行うには、 クイックビュー -> インポートサーバーの設定 以下のように -

    HANA の SAP DS (データ サービス)

  2. [システムの選択] のポップアップが表示されます。以下のように SAP HANA (ここでは HDB) システムを選択します。

HANA の SAP DS (データ サービス)

  1. 「次へ」ボタンをクリックします。 データ サービス認証情報の別のポップアップが表示されます。次のように入力します。wing details
  1. SAP BODS サーバーのアドレス (ここでは BODS:6400 )
  2. SAP BODS リポジトリ名 ( HANAUSER リポジトリ名 ) を入力します。
  3. ODBC データ ソース (ZTDS_DS) を入力します。
  4. SAP BODS サーバーのデフォルト ポート (8080) を入力します。

HANA の SAP DS (データ サービス)

「完了」ボタンをクリックします。

ステップ4) メタデータを HANA システムにインポートする

1. これまでインポートサーバーを設定しましたが、今度は SAP BODS サーバーからメタデータをインポートします。

  1. クイックビューで「インポート」オプションをクリックします。
  2. インポートオプションのポップアップが表示されます。 「メタデータの選択的インポート」オプションを選択します。

HANA の SAP DS (データ サービス)

「次へ」ボタンをクリックします。

2. 「メタデータの選択的インポート」のポップアップが表示されるので、対象のシステムを選択します。

  1. SAP HANA システム (ここでは HDB) を選択します。

HANA の SAP DS (データ サービス)

「次へ」ボタンをクリックします。

ステップ5) BODS と HANA の間にデータ ストアを作成する

ご存知のとおり、BODS ではソースとターゲットに個別のデータストアを作成する必要があります。 ソースのデータ ストアはすでに作成しました。次に、ターゲット (BODS と HANA の間) のデータ ストアを作成する必要があります。 そこで、「DS_BODS_HANA」という名前で新しいデータ ストアを作成します。

  1. [プロジェクト] -> [新規] -> [データストア] に移動します。

HANA の SAP DS (データ サービス)

  1. 以下のような「新規データストアの作成」画面が表示されます。
    1. データストア名 (DS_BODS_HANA) を入力します。
    2. データストア タイプとして「データベース」を入力します。
    3. データベースの種類として「SAP HANA」を入力します。
    4. データベースのバージョンを選択します。
    5. SAP HANA データベース サーバー名を入力します。
    6. SAP HANA データベースのポート名を入力します。
    7. ユーザー名とパスワードを入力します。
    8. 「自動データ転送を有効にする」にチェックを入れます。

HANA の SAP DS (データ サービス)

「適用」をクリックし、「OK」ボタンをクリックします。

データ ストア「DS_BODS_HANA」は、ローカル オブジェクト ライブラリのデータストア タブに次のように表示されます。

未満-

HANA の SAP DS (データ サービス)

  1. 次に、データ ストア「DS_BODS_HANA」にテーブルをインポートします。
    1. データ ストア「DS_BODS_HANA」を選択し、右クリックします。
    2. 「名前でインポート」を選択します。

HANA の SAP DS (データ サービス)

  1. 以下のように、名前によるインポートのポップアップが表示されます。
    1. 「タイプ」を「テーブル」として選択します。
    2. 「名前」を「KNA1」と入力します。
    3. 所有者は Hanauser として表示されます。
    4. 「インポート」ボタンをクリックします。

HANA の SAP DS (データ サービス)

テーブルは「DS_BOD_HANA」データストアにインポートされます。テーブル内のデータを表示するには、以下の手順に従います。

  1. データ ストア「DS_BODS_HANA」のテーブル「KNA1」をクリックします。
  2. データは表形式で表示されます。

HANA の SAP DS (データ サービス)

ステップ 6) プロジェクトを定義します。 プロジェクトのグループ化と組織化 関連するオブジェクト。 プロジェクトには、任意の数のジョブ、ワークフロー、データフローを含めることができます。

  1. デザイナーのプロジェクトメニューに移動します。
  2. 新しいオプションを選択します。
  3. プロジェクトオプションを選択します。

HANA の SAP DS (データ サービス)

以下のような新規プロジェクト作成のポップアップが表示されます。 プロジェクト名を入力し、「作成」ボタンをクリックします。 この例では BODS_DHK のプロジェクト フォルダーが作成されます。

HANA の SAP DS (データ サービス)

ステップ 7) ジョブを定義します。 ジョブは再利用可能なオブジェクトです。 ワークフローとデータフローが含まれます。 ジョブは手動で実行することも、スケジュールに従って実行することもできます。 BODS プロセスを実行するには、ジョブを定義する必要があります。

ジョブを JOB_Customer として作成します。

  1. 手順1で作成したプロジェクト(BODS_DHK)を選択し、右クリックして「新規バッチジョブ」を選択します。

    HANA の SAP DS (データ サービス)

  2. 名前を「JOB_Customer」に変更します。

ステップ 8) ワークフローを定義します。

  1. プロジェクトエリアでジョブ「JOB_Customer」を選択し、
  2. ツールパレットの「ワークフロー」ボタンをクリックします。 黒いワークスペース領域をクリックします。 ワークフロー アイコンがワークスペースに表示されます。
  3. ワークフローの名前を「WF_Customer」に変更します。

HANA の SAP DS (データ サービス)

ワークフローの名前をクリックすると、ワークフローの空のビューがワークスペースに表示されます。

HANA の SAP DS (データ サービス)

ステップ 9) データフローを定義します。

  1. ワークフロー「WF_Customer」をクリックします。
  2. ツール パレットの [データフロー] ボタンをクリックします。 黒いワークスペース領域をクリックします。 データフロー アイコンがワークスペースに表示されます。
  3. データフローの名前を「DF_Customer」に変更します。
  4. データフローは、左側のプロジェクト領域のジョブ名の下にも表示されます。

HANA の SAP DS (データ サービス)

ステップ 10) データフローにオブジェクトを追加します。

データ フロー内で、ソース データをターゲット テーブルに必要な形式に変換する指示を提供できます。

以下のオブジェクトが表示されます –

  • ソースのオブジェクト。
  • ターゲットテーブルのオブジェクト。
  • クエリ変換用のオブジェクト。 (クエリ変換は列をソースからターゲットにマップします。) データフロー DF_Customer 上で。 以下のように空のワークスペースが表示されます –

    HANA の SAP DS (データ サービス)

  1. ソースからオブジェクトを指定 – データ ストア「ds_ecc」に移動し、テーブル KNA1 を選択し、以下の画面のようにデータ フローの空白の画面にドラッグ アンド ドロップします。
  2. ターゲットのオブジェクトを指定してください - リポジトリからデータ ストア「DS_BODS_HANA」を選択し、テーブル KNA1 を選択します。
  3. ワークスペースにドラッグ アンド ドロップし、「ターゲットの作成」オプションを選択します。 ソースとターゲットの XNUMX つのテーブルがあります。 ここでは、テーブルをソースとターゲットとして定義します。

HANA の SAP DS (データ サービス)

  1. クエリ変換 – これは、ユーザー固有の条件の入力スキーマに基づいてデータを取得し、ソースからターゲットにデータを転送するために使用されるツールです。
    1. ツール パレットからクエリ変換アイコンを選択し、以下のようにワークスペース内のソース オブジェクトとターゲット オブジェクトの間にドラッグ アンド ドロップします。
    2. クエリオブジェクトをソースにリンクします。
    3. クエリオブジェクトをターゲットテーブルにリンクします。

    HANA の SAP DS (データ サービス)

    1. Double 「クエリ」アイコンをクリックします。これにより、列を入力スキーマから出力スキーマにマッピングします。

「クエリ」アイコンをクリックすると、マッピングのための次のウィンドウが表示され、次の操作を行います。wing ステップ–

  1. ソーステーブル KNA1 が選択されています。
  2. ソーステーブルからすべての列を選択し、右クリックして出力するマップを選択します。
  3. ターゲット出力がクエリとして選択され、列がマップされます。

HANA の SAP DS (データ サービス)

5. プロジェクトを保存して検証します。

1. 検証アイコンをクリックします。

2. 検証成功のポップアップが表示されます。

HANA の SAP DS (データ サービス)

ステップ 11) ジョブの実行 – ジョブを実行するには、以下のパスに従います。

  1. プロジェクトエリアアイコンを選択してプロジェクトを開き、作成したプロジェクトを選択します。
  2. ジョブを選択して右クリックします。
  3. ジョブを実行するには、「実行」オプションを選択します。

    HANA の SAP DS (データ サービス)

    1. ジョブの実行後、ジョブ ログ ウィンドウが表示され、ジョブに関するすべてのメッセージが表示されます。
    2. 最後のメッセージは「ジョブ < > は正常に完了しました」です。

    HANA の SAP DS (データ サービス)

    ステップ 12) – SAP HANA データベースのデータを検証/確認します。

    1. SAP HANA データベースにログインします。 SAP HANA スタジオをクリックし、HANAUSER スキーマを選択します。
    2. テーブルノードでKNA1テーブルを選択します。
    3. テーブル KNA1 を右クリックし、「データ プレビューを開く」を選択します。
    4. テーブル(KNA1) 上記のBODS処理により読み込まれたデータがデータプレビュー画面に表示されます。

    HANA の SAP DS (データ サービス)