SAP HANA Direct Extractor 接続 (DXC) チュートリアル

SAP HANA DXCとは何ですか?

SAP HANA DXC はバッチ駆動のデータ レプリケーション技術であり、一定の時間間隔を置いて実行できます。

SAP HANA DXC は、HTTPS 接続経由で SAP Business Suite アプリケーションの既存の ETL (抽出、変換、ロード) メソッドを使用します。

SAP Business Suite アプリケーション コンテンツでは、SAP Business Warehouse のデータ モデリングとデータ取得にデータ ソース エクストラクターを使用できます。

SAP DXC はこれらの Data Source Extractor を使用して、データを SAP HANA に直接配信します。

SAP DXC の利点

  • SAP DXC では、システムランドスケープに追加のサーバーやアプリケーションは必要ありません。
  • それはコムを減らしますplexSAP HANA でのデータ モデリング。ソース システムにすべてのビジネス抽出ロジックを適用した後、データを SAP HANA に送信します。
  • SAP HANA 導入のタイムラインが短縮されます。
  • SAP ビジネス サイトからセマンティックなリッチ データを抽出し、 SAP HANA.

SAP DXC の制限

  • データ ソースには事前定義された ETL メソッドが必要です。そうでない場合は定義する必要があります。
  • SAP DXC には、SP レベル以下の Net Weaver 7.0 以降 (ECC など) の Business Suite システムが必要です: リリース 700 SAPKW70021 (SP スタック 19、2008 年 XNUMX 月以降)。
  • キー フィールドが定義されたプロシージャは、データ ソースに存在する必要があります。

SAP DXC データ レプリケーションの構成

ステップ 1) XS エンジンと ICM サービスを有効にする

  • XS エンジンを有効にする

  SAP HANA スタジオ -> [システム] -> [構成] -> [xsengine.ini] を選択します。

SAP DXC データ レプリケーションの構成

「デフォルト」フィールドでインスタンス値を 1 に設定します。

  • ICM Web ディスパッチャ サービスの有効化 – HANA システムで ICM Web Dispatcher サービスを有効にします。 Web ディスパッチャーは、HANA システムでのデータの読み取りとロードに ICM メソッドを使用します。SAP HANA Studio に移動します。 -> [システム] -> [構成] -> [webdispatcher.ini] を選択します。

    SAP DXC データ レプリケーションの構成

    デフォルトの列 1 にインスタンス値を設定します。

ステップ 2) SAP HANA Direct Extractor 接続のセットアップ

  • SAP HANA で DXC 接続を設定する – DXC 接続を作成するには、以下のように SAP HANA に配送ユニットをインポートする必要があります –
  • 配送単位をインポートします。

DXC デリバリー ユニットを SAP から SAP HANA データベースにダウンロードする必要があります。 あなたはできる

ユニットをその場所にインポートします

「/usr/sap/HDB/SYS/global/hdb/content」。

SAP HANA コンテンツ ノードのインポート ダイアログを使用してデリバリー ユニットをインポートしますか? XSの設定

DXCを利用するアプリケーションサーバー? アプリケーション コンテナーの値を libxsdxc に変更します。

  • DXC を利用するように XS アプリケーション サーバーを構成します。

アプリケーション コンテナーの値を libxsdxc に変更します (値が存在する場合は、それを追加します)。

DXC 接続をテストします。

  • DXC が動作していることを確認します。

Internet Explorer で以下のパスを使用して DXC 接続を確認できます –

http://:80 /sap/hana/dxc/dxc.xscfunc

– ユーザー名とパスワードを入力して接続します。

  • ユーザーとスキーマはHANA Studioで定義する必要があります
  • http接続で SAP BW HANA の場合は SM59 を通じて定義する必要があります。

したがって、T コード SM59 を使用して SAP BW に http 接続を作成します。 入力パラメータは次のようになります

— RFC 接続が RFC 接続の名前と等しい

— ターゲット ホストが HANA ホスト名と等しい

— サービス番号が 80 に等しい

[セキュリティ] タブにログオンします。 HANA スタジオで作成された、基本的な認証方法を持つ DXC ユーザーを維持します。

  • BW のデータ ソースは、HANA 定義のスキーマに構造をレプリケートするように構成する必要があります。

Folloをセットアップする必要がありますwing プログラム SAP_RSADMIN_MAINTAIN を使用した BW のパラメータ

(TコードSE38またはSA38)

プログラム内のパラメータ リスト – パラメータ リストには value が含まれており、画面を呼び出す値を渡します。

SAP DXC データ レプリケーションの構成

PSA_TO_HDB: この XNUMX つのオブジェクト値は次のように示されます。

  • GLOBAL – これは、すべてのデータ ソースを HANA にレプリケートするために使用されます
  • SYSTEM – DXC を使用するようにクライアントを指定しました
  • DATASOURCE – データ ソースを指定し、指定されたもののみを使用できます。PSA_TO_HDB_DATASOURCETABLE: ここでは、DXC に使用されるデータ ソースのリストを含むテーブル名を指定する必要があります。
  • 「VALUE」フィールドに、作成したテーブルの名前を入力します。

PSA_TO_HDB_DESTINATION: ここでは、受信データを移動する必要があります (ここでは、SM59 で作成した値を指定する必要があります) (ここでは XC_HANA_CONNECTION_HANAS)

PSA_TO_HDB_SCHEMA: レプリケートされたデータにどのスキーマを割り当てる必要があるかを指定します

データソースのレプリケーション

RSA5 を使用して ECC にデータ ソースをインストールします。 データソース 0FI_AA_20 を取得しました

(FI-AA: 取引と減価償却)。 まず、指定されたアプリケーション コンポーネントを使用してメタ データをレプリケートする必要があります (データ ソースのバージョンは 7.0 バージョンにする必要があります。3.5 バージョンのデータ ソースがある場合は、最初にそれを移行する必要があります。SAP BW で​​データ ソースをアクティブにします)。

データ ソースが SAP BW にロードされてアクティブ化されると、次のものが作成されます。wing 定義されたスキーマ内のテーブル。

  • /ビック/A 00 – IMDSOアクティブテーブル
  • /ビック/A 40 – IMDSO アクティベーション キュー
  • /ビック/A 70 – 記録モード処理表
  • /ビック/A 80 – リクエストおよびパケット ID 情報テーブル
  • /ビック/A A0 – リクエストタイムスタンプテーブル
  • RSODSO_IMOLOG – IMDSO 関連テーブル。 DXC に関連するすべてのデータ ソースに関する情報を保存します。

テーブル /BIC/A0FI_AA_2000 がアクティブ化されると、データがテーブル /BIC/A0FI_AA_2000 に正常にロードされるようになりました。 また、SAP HANA Studio でテーブル /BIC/AXNUMXFI_AA_XNUMX のデータをプレビューできます。