SAP HANA の SLT (SAP Landscape Transformation Replication Server)

SLT (SAP Landscape Transformation Replication) とは何ですか?

SLT は、SAP ソース システムまたは非 SAP システムから SAP HANA データベースにデータをリアルタイムでロードして複製したり、データをスケジュールしたりできる ETL ツールです。

SAP SLT サーバーは、トリガーベースのレプリケーション アプローチを使用して、ソース システムからターゲット システムにデータを渡します。

SLT サーバーは、別のシステムまたは SAP ECC システムにインストールできます。

SLTシステムのメリットは以下の通りです。

  • リアルタイムまたはスケジュール時間のデータ複製が可能です。
  • リアルタイムでのデータのレプリケーション中に、SAP HANA 形式でデータを移行できます。
  • SLT はクラスター テーブルとプール テーブルを処理します。
  • これにより、ロード/レプリケーション中の非 Unicode および Unicode 変換が自動的にサポートされます。 (Unicode は ASCII に似た文字エンコード システムです。非 Unicode は ASCII よりも多くの文字をカバーするエンコード システムです)。
  • これは完全に統合されています SAP HANA スタジオ.
  • SLT にはテーブル設定と変換機能があります。
  • SLT には、SAP HANA Solution Manager による監視機能があります。

ArchiSAP / 非 SAP システムを使用した SAP SLT サーバーの概要は以下のとおりです。

SAP SLT 接続 ArchiSAP システムと SAP HANA 間の構造の概要

SAP SLT Replication Server は、すべてのメタデータ テーブル定義を ABAP ソース システムから SAP HANA.

SAP ソースの場合、SLT 接続は次のようになります。wing 特徴 -

  • テーブルがレプリケートされると、SAP SLT レプリケーション サーバーはソース システムにログ テーブルを作成します。
  • 読み取りエンジンは SAP ソース システムで作成されます。
  • SAP SLT と SAP Source 間の接続は RFC 接続として確立されます。
  • SAP SLT と SAP HANA 間の接続は DB 接続として確立されます。

ユーザー「SYSTEM」と同じ権限を持つデータベース ユーザーは、SAP SLT と SAP HANA データベース間の接続を作成できます。

SAP システムと SAP HANA データベース間の SAP SLT 接続
SAP システムと SAP HANA データベース間の SAP SLT 接続

SAP SLT サーバーは、SAP HANA データベースの DB 接続を自動的に作成します (トランザクション LTR 経由で新しい構成を作成するとき)。 手動で作成する必要はありません。

SAP ソース システム用の SAP SLT サーバーの構成

まず、SAP ソースと SAP HANA データベース間の接続用に SAP SLT レプリケーション サーバーを構成する必要があります。 T コード、LTR は、SAP ソースと SAP SLT の間の接続を作成するために使用されます。

ステップ1) SAP SLTサーバーにログインし、トランザクションを呼び出す 「LTR」 from SAP SLT レプリケーション サーバー。

SAP SLT サーバーの構成

SAP SLT サーバーにログインするための Web-dynpro ポップアップ画面が表示されます。

  1. クライアント/ユーザーID/パスワードを入力してください
  2. ログオンタブをクリックします

    SAP SLT サーバーの構成

    以下のような設定のポップアップ画面が表示されます。

    SAP SLT サーバーの構成

    新しい設定の「新規」ボタンをクリックします。

ステップ2) このステップでは、

  1. 構成名と説明を入力します。
  2. ソース システムとして SAP システムを選択します。
  3. SAP システムの RFC 接続を入力します。
  4. ユーザー名/パスワード/ホスト名とインスタンス番号を入力します。
  5. ジョブ オプションの詳細を入力します –
  • データ転送ジョブの数。
  • 計算ジョブの数。
  1. レプリケーション オプションを [リアルタイム] として選択します。
  2. すべての設定を維持したら、「OK」をクリックして SLT に新しいスキーマを作成します。

SAP SLT サーバーの構成

構成名「SLTECC」が追加され、アクティブになります。

SAP SLT サーバーの構成

SAP SLT サーバーの構成が正常に完了すると、SAP SLT サーバーは SAP HANA データベースの DB 接続を自動的に作成します (トランザクション LTR 経由で新しい構成を作成するとき)。 手動で作成する必要はありません。

次のステップでは、SAP ソースから SAP HANA にデータをインポートします。

SLT を介して SAP ソース データを SAP HANA にインポートする

SAP SLT サーバーを正常に構成すると、SAP SLT の上記の構成名として SCHEMA が SAP HANA データベースに作成されます。

このスキーマには次のものが含まれますwing オブジェクト-

  1. 1スキーマ – SLTECC。
  2. 1ユーザー – SLTECC。
  3. 1 特典
  4. 8テーブル
  • DD02L (SAP テーブル名)
  • DD02T (SAP テーブル テキスト)
  • RS_LOG_FILES
  • RS_MESSAGE
  • RS_ORDER
  • RS_ORDER_TEXT
  • RS_SCHEMA_MAP
  • RS_STATUS。
  1. 4 役割 –
  • SLTECC_DATA_PROV
  • SLTECC_DATA_POWER_USER
  • SLTECC_DATA_USER_ADMIN
  • SLTECC_DATA_SELECT
  1. 2プロシージャ
  • RS_GRANT_ACCESS
  • RS_REVOKE_ACCESS

すべての設定が完了したので、SAP ECC (ERP Central Component) からテーブルをロードします。

ステップ1) SAP ECC から SAP HANA データベースにテーブルをロードするには、以下の手順に従います。

  1. クイックビューからデータプロビジョニングに移動します。
  2. SAP HANA システムを選択します。
  3. 「完了」ボタンをクリックします。

SAP ソース データを SAP HANA にインポートする

ステップ2) SLTベースのテーブルデータプロビジョニングの画面が表示されます。 データ プロビジョニングには以下の 5 つのオプションがあります。

プロビジョニングオプション Detail
負荷(全負荷) これは XNUMX 回限りのイベントであり、ソース システムからのデータの初期ロードが開始されます。
複製 (フルロード + Delta ロード) 初期ロードが開始されます (事前に実行されていない場合)。また、 delta 変化。 データベース トリガーと関連するログ テーブルがテーブルごとに作成されます。
レプリケーションの停止 テーブルの現在のレプリケーション プロセスを停止します。 データベーストリガーとロギングテーブルを完全に削除します。
サスペンド テーブルの実行中のレプリケーション プロセスを一時停止します。 データベース トリガーはソース システムから削除されず、変更の記録は継続されます。 関連情報は、ソース システムの関連ログ テーブルに保存されます。
履歴書 再開は、一時停止されたテーブルのレプリケーションを再開します。 再開後、一時停止されていたレプリケーション プロセスが再開されます。

表の最初のオプションを使用します 「ロードオプション」 ソースから SAP HANA テーブルへのテーブル (LFBK) データの初期ロード用。

ステップバイステップは以下のとおりです-

  1. ソースおよびターゲット システムのtails SAP SLT 構成に従って選択されます。
  2. [ロード] ボタンをクリックし、SAP Hana にロード/レプリケートする必要があるテーブル (LFBK) を選択します。
  3. テーブル (LFBK) は、アクションが「ロード」、ステータスが「スケジュール済み」であるデータ ロード管理セクションに追加されます。

SAP ソース データを SAP HANA にインポートする

データロード後、ステータスが「実行済み」に変わります。 テーブルはデータを含む「SLTECC」スキーマで作成されます。

ステップ3) 以下のようにスキーマ「SLTECC」からデータプレビューでテーブル(LFBK)のデータを確認します。

  1. SAP HANA Studio から SAP HANA データベースにログインし、SAP HANA System HDB (HANAUSER) を選択します。

SAP ソース データを SAP HANA にインポートする

  1. テーブル ノードの下のテーブル (LFBK) を選択します。
  2. [テーブル (LFBK)] を右クリックし、[データ プレビューを開く] オプションをクリックします。
  3. SLT処理により読み込まれたデータがデータプレビュー画面に表示されます。

SAP ソース データを SAP HANA にインポートする

これで、テーブル「LFBK」にデータが正常にロードされました。 このテーブルは今後モデリングで使用します。

非 SAP システムと SAP HANA 間の SAP SLT 接続

SAP SLT Replication Server は、すべてのメタデータ テーブル定義を非 ABAP ソース システムから SAP HANA に変換します。

非 SAP ソースの場合、SLT 接続は次のようになります。wing 特徴 -

  • テーブルがレプリケートされると、SAP SLT レプリケーション サーバーはソース システムにログ テーブルを作成します。
  • 読み取りエンジンは SAP SLT レプリケーション サーバーで作成されます。
  • SAP SLT と SAP Source/SAP HANA 間の接続は DB 接続として確立されます。
非 SAP システムと SAP HANA 間の SAP SLT 接続

非 SAP SLT 接続と SAP HANA システム/データベース間の SAP SLT 接続

SAP SLT は最も単純な変換しか実行できないため、plex 変換するには、SAP Data services などの別の ETL ツールが必要です。