PgAdmin を使用して PostgreSQL (Postgres) でユーザーを作成する方法

このチュートリアルでは、

PgAdmin で PostgreSQL ユーザーを作成する方法

Following PostgreSQL PgAdmin でユーザーを作成する方法を段階的に説明します。

ステップ1) 「ログイン」を右クリックします

最初のステップでは、[ログイン グループ ロール] を右クリック -> [作成] -> [ログイン グループ ロール…] をクリックします。

PgAdmin で PostgreSQL ユーザーを作成する

ステップ2) ログイン/グループロールの作成

次に、ログインの名前を入力します。

PgAdmin で PostgreSQL ユーザーを作成する

ステップ3) 「定義」をクリックして「De」と入力しますtails

  1. パスワードを入力します
  2. アカウントの有効期限

PgAdmin で PostgreSQL ユーザーを作成する

ステップ4) 特権セクション

  1. 「ログイン可能」ボタンを「はい」に切り替えます
  2. スーパーユーザーを「はい」に切り替えます

PgAdmin で PostgreSQL ユーザーを作成する

ステップ5) 最大XNUMXWの出力を提供する SQL

  1. 前の手順で行った選択に従ってユーザーを作成するための SQL クエリが表示されます。
  2. [保存]ボタンをクリックします

PgAdmin で PostgreSQL ユーザーを作成する

ステップ6) ロールが作成されました

これで、オブジェクトツリーにRoleが反映されました。

PgAdmin で PostgreSQL ユーザーを作成する

ステップ7) 作る データベース

ここで、以下のユーザー Postgres の作成例に示すように、所有者 myguru をそれに割り当てます。

PgAdmin で PostgreSQL ユーザーを作成する

ステップ8) コマンドライン

これで、オーナーが myguru であることがわかります。

PgAdmin で PostgreSQL ユーザーを作成する

PostgreSQL ユーザー SQLShell の作成 (コマンド ライン)

コマンドラインコマンドを使用してユーザーを作成できます。

ユーザーを作成

このパスワードを使用して Postgres ユーザーを作成する方法は、プログラマーや管理者にとって PostgreSQL サーバーのコンソールにアクセスできるため、より便利です。 さらに、PostgreSQL クライアントのインターフェイスにログインして使用する代わりに、Postgres ユーザーを作成し、単一のコマンドで実行する必要があります。

構文:

CREATE USER name WITH option

where the option can be:

|SUPERUSER | NOSUPERUSER 
| CREATEROLE | NOCREATEROLE 
| CREATEDB | NOCREATEDB 

| INHERIT | NOINHERIT 

| LOGIN | NOLOGIN 

| REPLICATION | NOREPLICATION 

| BYPASSRLS  | NOBYPASSRLS 

| CONNECTION LIMIT 

| ( ENCRYPTED ] PASSWORD 'password.' 

| VALID UNTIL 'timestamp1 

| IN ROLE role_name [, ...J 

| IN GROUP role_name [, ...]

| ROLE role_name [, ...]

| ADMIN role_name [, ...)

| USER role_name [, ...]

| SYSID uid

例:

CREATE USER tom;

ユーザートムを作成します

CREATE USER tom WITH SUPERUSER;

スーパーユーザー権限を持つユーザー ブックを作成します。 続きを見てみましょうwing 例。

ステップ1) 3 まで有効なスーパーユーザーを作成していますrd 2025 年 11 月 50:38:XNUMX IST。 フォローを入力してくださいwing command

CREATE USER mytest WITH
	LOGIN
	SUPERUSER
	CREATEDB
	CREATEROLE
	INHERIT
	NOREPLICATION
	CONNECTION LIMIT -1
	VALID UNTIL '2025-04-03T11:50:38+05:30' 
	PASSWORD '123456';

ユーザーSQLShellの作成

ステップ2) ユーザーのチェックリストにコマンド \du を入力します

ユーザーSQLShellの作成

注意: CREATE USER は CREATE ROLE コマンドと同じです。 XNUMX つのコマンドの違いは、Postgres CREATE ユーザー コマンドが作成されるときはデフォルトで LOGIN 状態になるのに対し、CRETE ROLE オプションが使用される場合は NOLOGIN が想定されることです。

既存のユーザーをデータベースに追加する

ユーザーにデータベースにアクセスする権限を付与できます。

たとえば、ユーザー「mytest」にユーザー guru99 に対するすべての権限を付与します。

GRANT ALL PRIVILEGES ON DATABASE guru99 TO mytest;

既存のユーザーをデータベースに追加する

の実行後、 PostgreSQL add user コマンドを実行すると、ユーザーは指定された権限でデータベースにアクセスできるようになります。

コマンド GRANT は非常に強力です。 選択、挿入、更新などの詳細な権限をユーザーに与えることができます。

PostgreSQL のユーザーを更新しています

既存のユーザー権限の変更

新しいユーザー「mytest」が存在したので、ALTER USER を使用してライブラリアンに付与された権限を変更できます。

ALTER USER Postgres の形式には、ユーザーの名前の後に、どのような変更を行うかを PostgreSQL に指示するためのいくつかのオプションが含まれています。

ALTER USER role_specification WITH OPTION1 OPTION2 OPTION3;

権限の取り消し

このコマンドは、間違って割り当てた権限を取り消したい場合に使用する必要があります。 ALTER USER コマンドは、許可オプションの前にプレフィックスを付けずに使用できます。

たとえば、次のように mytest から SUPERUSER ステータスを削除できます。

ALTER USER mytest WITH NOSUPERUSER;

\du を使用すると、スーパーユーザー権限が削除されることがわかります。

権限の取り消し

権限の割り当て

次のコマンドを使用して、ユーザー SUPERUSER 権限を「mytest」に戻すことができます。wing command

ALTER USER mytest WITH SUPERUSER;

\du を使用すると、スーパーユーザー権限が追加されることがわかります。

権限の割り当て

PostgreSQL ユーザーの削除

特定のユーザーがデータベースに存在しないことが確実な場合は、「任意のユーザーを削除」を使用できます。 ユーザーを削除しても実際のデータベースには影響しないことに注意してください。

Syntax: DROP USER [user]

ユーザーを削除するには、そのユーザーがデータベースの所有者であることを確認する必要があります。他のwise、エラー メッセージが表示される場合があります。

ERROR:  role "username" cannot be dropped because some objects depend on it

例:

  1. アカウント「myguru」はデータベース「demoDB」の所有者です。
  2. コマンド DROP USER myguru を入力してください
  3. エラーが表示される

PostgreSQL ユーザーの削除

データベース所有者を変更すると、ユーザーは削除できます

PostgreSQL ユーザーの削除

チートシート

重要なコマンドは次のとおりです

コマンド Description
CREATE USER [user]
ユーザーを作成するコマンド
ALTER USER role_specification
既存のユーザー権限の変更
ALTER USER [user]
権限の取り消し
ALTER USER [user name] WITH SUPERUSER
権限の割り当て
DROP USER [user]
ユーザーを削除するコマンド