FBRA: SAP で決済済みアイテムをリセットする方法

このチュートリアルでは、次のことを学びます。

  • ARクリアアイテムのリセット方法
  • 樹液でクリアしたアイテムをリセットする方法

ARクリアアイテムのリセット方法

In SAP 顧客の支払いが間違った請求書に対して行われた場合は、リセットすることができます。

ステップ1) SAP コマンドフィールドにトランザクションコード FBRA を入力します。

ARクリア済みアイテムをリセット

ステップ2) 次の画面で、フォローを入力します。wing

  1. 消込済明細の消込伝票番号を入力します。
  2. 掲載された会社コードを入力してください
  3. 入力する 年度 そこに投稿された

ARクリア済みアイテムをリセット

ステップ3) 「保存」ボタンを押して、アイテムのクリア済みステータスをリセットします。

ARクリア済みアイテムをリセット

ステップ4) モーダルダイアログを確認する box 公開通信の非アクティブ化について

ARクリア済みアイテムをリセット

ステップ5) 次のダイアログで box、フォロを入力してくださいwing

  1. 決済された項目の取消理由を入力します
  2. 投稿日を入力してください

ARクリア済みアイテムをリセット

ステップ6) 次のダイアログで box, 決済伝票のリセットを確認します。

ARクリア済みアイテムをリセット

ステップ7) 次のダイアログで box, 消込済明細のリセットを確認するには、反対仕訳伝票番号を確認します。

ARクリア済みアイテムをリセット

樹液でクリアしたアイテムをリセットする方法

SAP では、間違った請求書に対してベンダー支払いが行われた場合、それをリセットできます。

ステップ1) トランザクションコードを入力してください

最初のステップで、SAP コマンドフィールドにトランザクションコード FBRA を入力します。

樹液でクリアしたアイテムをリセットする

ステップ2) クリアした項目をリセットする

  1. 消込済明細の消込伝票番号を入力します。
  2. 掲載された会社コードを入力してください
  3. 転記された会計年度を入力してください

樹液でクリアしたアイテムをリセットする

ステップ3) 「保存」ボタンを押します

ここで、「保存」ボタンを押して、アイテムのクリア済みステータスをリセットします。

樹液でクリアしたアイテムをリセットする

ステップ4) リセットを確認する

次のダイアログで box, 決済伝票のリセットを確認します。

樹液でクリアしたアイテムをリセットする

ステップ5) リセットの確認

次に、ステータス バーでリセットの確認を確認します。

樹液でクリアしたアイテムをリセットする