SAP で会計年度バリアントを作成して会社コードに割り当てる

このチュートリアルでは、次のことを学びます。

  • 会計年度バリアントの作成方法
  • 会社コードを会計年度バリアントに割り当てる方法

会計年度バリアントの作成方法

ステップ1) SAP コマンドフィールドにトランザクションコード SPRO を入力し、Enter キーを押します。

会計年度バリアントの作成

ステップ2) 次の画面で、SAP リファレンス IMG を選択します。

会計年度バリアントの作成

ステップ3) 次の画面「Display IMG」で次の操作を行います。wing メニューパス:

SAP カスタマイジング導入ガイド 財務 会計 -> 財務会計グローバル設定 -> 会計年度 -> 会計年度バリアントの維持 (短縮会計年度の維持)

会計年度バリアントの作成

ステップ4) 次の画面で、アプリケーション ツールバーから「新しいエントリ」を選択します。

会計年度バリアントの作成

ステップ5) 次の画面で次のように入力しますwing 且つ

  1. XNUMX 桁の一意の会計年度バリアント キーを入力してください
  2. 作成したバリアントの説明を入力します。
  3. 会計年度が年に依存する場合、つまり会計年度の開始日と終了日が年度間で異なる場合は、このオプションを選択します。通常、このオプションは短縮された会計年度に使用されます。
  4. 会計年度が暦年と同じである場合、つまり XNUMX 月から XNUMX 月までは、このオプションを選択します。
  5. この会計年度の会計期間の数を入力してください
  6. 決算活動に使用される、この会計年度の特別会計期間の数を入力します。

会計年度バリアントの作成

ステップ6) 必要なデータをすべて入力したら、標準ツールバーから「保存」を押します

会計年度バリアントの作成

ステップ7) 次の画面でカスタマイズリクエスト番号を入力すると、新しい会計年度バリアントが作成されます。

会計年度バリアントの作成

ステップ8) 期間の日付を管理する場合、つまり会計年度バリアントが暦年ではない場合は、次の方法で転記期間を管理できます。

  1. 期間を維持する会計年度バリアントを選択します
  2. 期間フォルダーを選択します

会計年度バリアントの作成

ステップ9) 次の画面で、会計年度の期間を昇順に維持します。

会計年度バリアントの作成

ステップ10) 期間を更新したら、SAP 標準ツールバーの「保存」を押します。

会計年度バリアントの作成

会社コードを会計年度バリアントに割り当てる方法

ステップ1) トランザクションコードSPROを入力します。 SAP コマンドフィールドを入力して Enter キーを押します

会社コードを会計年度に割り当てる

ステップ2) 次の画面で、SAP リファレンス IMG を選択します。

会社コードを会計年度に割り当てる

ステップ3) 次の画面「Display IMG」で次の操作を行います。wing メニューパス:

SAP カスタマイジング導入ガイド -> 財務会計 -> 財務会計グローバル設定 -> 会計年度 -> 会計年度バリアントへの会社コードの割り当て

会社コードを会計年度に割り当てる

ステップ4) 次の画面で、リスト内の会社コードを対応する会計年度バリアントに割り当てます。

会社コードを会計年度に割り当てる

ステップ5) 割り当て後、SAP 標準ツールバーから「保存」を押します。

会社コードを会計年度に割り当てる

ステップ6) 次の画面で、カスタマイズリクエスト番号を入力します。

会社コードを会計年度に割り当てる

成功しました 割り当てられた会社コード 会計年度バリアントへ

会社コードのグローバルパラメータ設定を使用して、会社コードに会計年度バリアントを割り当てることもできます。