SAP の FD32: 信用管理領域のチュートリアル

複数の未払いの債権や不良債権は、企業の業績に大きな影響を与える可能性があります。

与信管理を使用すると、顧客の与信限度額を定義することで信用リスクを最小限に抑えることができます。

SAP では、与信およびリスク管理は与信管理領域で行われます。 与信管理が集中化されている場合は、すべての会社コードに対して XNUMX つの与信管理領域を定義できます。 一方、与信ポリシーで分散与信管理が必要な場合は、会社コードごと、または会社コードのグループごとに与信管理領域を定義できます。

与信管理領域は、顧客の与信限度額を定義および制御するために使用されます。

顧客の信用管理領域マスターデータを維持できます。

与信管理のステップごとの説明

ステップ1) SAP コマンドフィールドにトランザクションコード FD32 を入力します。

SAP の与信管理領域

ステップ2) 次の画面で、フォローを入力します。wing

  1. 与信限度額を表示したい顧客の顧客IDを入力してください
  2. 信用管理エリアに入る
  3. 中央データセクションを確認してください

SAP の与信管理領域

ステップ3) 次の画面で、顧客の与信管理データを維持します。

SAP の与信管理領域

ステップ4) から「保存」ボタンを押します SAP 与信限度額の変更を保存するための標準ツールバー

SAP の与信管理領域