SAP BI/BW でキー数値を含む InfoObject を作成する方法

RSA1 -> モデリング -> Infoobjects に移動します。

インフォエリアを右クリックし、「キー数値のインフォオブジェクトカタログの作成」をクリックします。 キーフィギュア情報オブジェクトカタログをアクティブ化します。

今すぐクリック インフォオブジェクトカタログ -> 情報オブジェクトの作成

SAP BI/BW でキー数値を含む InfoObject を作成する

  1. キーフィギュアの技術名を入力します。
  2. 意味のある説明を入力してください
  3. 作成される新しいキーフィギュアが他の既存のキーフィギュアと同じ技術的特性を持っている場合、参照キーフィギュアについて言及されます。 この場合、既存のキーフィギュア(技術名はここに記載されています)です。
  4. 作成される新しいキーフィギュアが既存のキーフィギュアの技術的特性の一部を持っている場合、テンプレートが指定されます。 この場合、既存のキーフィギュア (技術名はここに記載されています)。
  5. 入力ボタンを押します。

SAP BI/BW でキー数値を含む InfoObject を作成する

上記の手順が完了すると、キーフィギュア Infoオブジェクトの編集画面が表示されます。 キーフィギュアの情報オブジェクト編集画面には、以下に示す 3 つのタブ ページがあります。

  1. 種類・単位
  2. アグリゲーション
  3. 追加のプロパティ

各タブページを個別に見てみましょう。

タブページ:タイプ/ユニット

  1. このタブページでは、キー数値タイプ (金額、数量など)、データタイプ、および通貨/数量単位を決定します。
  2. キー数値タイプの金額または数量を選択した場合は、このキー数値に通貨または数量単位を割り当てる必要があります。
  3. キー数値タイプ「金額」の場合、固定通貨 (USD など) または変動通貨 (0CURRENCY など) を選択できます。
  4. キー数値タイプ「数量」の場合、KG などの固定数量単位、または 0UNIT などの変動数量単位のいずれかを選択できます。

タブページ:タイプ/ユニット

タブページ: 集計

集約は、インフォキューブ内のデータを具体化して要約したビューです。 つまり、インフォキューブ データのサブセットを統合して保存します。 データベース。 適切な集計を使用してインフォキューブに対してクエリが実行されると、クエリは集計されたデータをデータベースから直接読み取ります。 インフォキューブのベビーキューブとも呼ばれます。 インフォキューブに大量のデータが含まれている場合は、集計を使用することをお勧めします。

データが BI および BEx レポートのテーブルに保存されるときのキー数値の動作に関する集計ルールは、このタブページで設定されます。

  1. アグリゲーション

「集計」フィールドでは、キー数値を集計する方法を決定する関数 (SUM/MAX/MIN) を指定します。

  1. 例外の集計

「例外集計」フィールドでは、ビジネスエクスプローラで例外集計の参照特性を使用してキー数値を集計する方法を決定する関数 (最後の値、最初の値、最大または最小) を指定します。

  1. 例外集約の参照特性

例外集計の参照特性項目では、キー数値が例外集計で集計される基準となる特性を選択します。 一般に、これは時間特性です。

  1. 累積値/非累積値

非累計値は、XNUMX つ以上のオブジェクトのレベルで、常に時間との関係で表示される非集計キー数値です。

タブページ: 集計

タブページ: 追加プロパティ

  1. このタブ ページは主に、Business Explorer (BEx) のキー数値表示タイプ (小数点以下の桁数、表示スケーリングなど) のデフォルト設定を変更するために使用されます。
  2. また、最大精度でキー数値を設定することもできます。これにより、このキー数値を含む計算がより多くの小数点以下の桁数で内部処理され、丸め誤差が削減されますが、速度は低下します。

タブページ: 追加プロパティ

最後にキー数値を保存して有効化します。