SAP BW の DSO とは何ですか? なぜ使用するのか?

DSOとは何ですか?

DSO は、主に統合およびクレンジングされたトランザクション データまたはマスター データを最も低い粒度で保存する XNUMX 次元のストレージ ユニットです。 DSO はデータ ストア オブジェクトの略です。

  • XNUMX次元の透明なテーブルです。
  • データは詳細レベルで保存されます。
  • DSO を使用すると、データ フィールドを上書きすることもできます。
  • 詳細レベルのレポートは DSO から取得できます。

DSO を使用する理由

SAP R/3 システム(OLTP:常に変化するオンライン トランザクション処理データ)から BI に抽出する必要がある販売注文データの例を考えてみましょう。 R/3 システムで作成された受注は、レコードの作成後いつでも編集できます。 最初に受注レコードが R/3 で登録されると、これらのレコードは BI に抽出されます。 R/3 でレコードが変更されたら、BI で変更を行う必要があります。

  • データは SAP R/3 システムから抽出され、データ ストア オブジェクトにロードされます。
  • 最初、レコードは DSO の新規ステータスに保存されます。 レコードは新しいテーブルに保存されます。
  • DSO データがアクティブ化されると、データはアクティブ テーブルに保存されます。新しいテーブルにはそのデータは保持されなくなります。
  • R/3 でレコードが変更されると、これらの変更を BI に反映するために、変更が DSO に抽出されます。
  • これで、DSO コンテンツがアクティブ化されるまで、データは新しいテーブルに保存されます。 データをさらにロードする必要があります インフォキューブ そこからレポートが配信されます。
  • DSO には上書き機能と追加機能があります。 すべての特性が同じ場合、キー数値は選択された機能に基づいて集計/上書きされます。
  • Cube は本質的に加算的なものです。 すべての特性が同じ場合、キー数値が集計されます。

DSO の種類

DSO は次のように分類できます。wing タイプ:

  1. 標準 DSO
  2. DSO を直接更新する
  3. 書き込みに最適化された DSO