Quick Test Professional IDE の使用方法?

このチュートリアルでは、Quick Test Professional IDE を紹介します。

UFTを起動する

HP QTP を起動するには、[スタート] メニューで、

[プログラム] > [Quick Test Professional] フォルダ > [Quick Test Professional] を選択するか、 double 「HP UFT」アイコンをクリックします。

UFTを起動する

アドインマネージャー

Micro Focus UFT を初めて起動すると、 アドインマネージャー 対話 box 開きます。

インストールされているすべてのアドインのリストが表示されます。テスト用にロードするアドインを選択し、「OK」をクリックします。あなたはできる later QTP の起動後にアドインを追加または削除します。今のところはデフォルトのままで先に進みます

アドインマネージャー

おすすめ 特定の用途に必要なアドインのみを選択します テスト セッション。 場合によっては、異なるアドインが相互に干渉し、オブジェクトの識別と QTP のパフォーマンスが低下するためです。 QTP はロードしたアドインを記憶するため、次回 QTP を開くと、前のセッションで選択したアドインがデフォルトで選択されます。 また、このダイアログが不要な場合は、 box 次回 QTP を起動するときに開くには、「起動時に表示」チェックをオフにしますbox。 [OK]をクリックします。

ホームページ

また, ホームページ では、現在のリリースの新機能について説明します。これらの機能の詳細情報へのリンクも含まれています。また、作業のベスト プラクティスを提供するツールであるプロセス ガイダンスへのリンクも提供します。 QTP。最近使用したファイルのリストからドキュメントを開くことも、ようこそ! ボタンをクリックすることもできます。新しいドキュメントまたは既存のドキュメントを開くための領域。

ホームページ

Following IDE の重要なコンポーネントです

  1. メニューバー
  2. プロパティウィンドウ
  3. 「ドキュメント」タブ
  4. ソリューションエクスプローラ
  5. ツールbox タブ
  6. 「出力」タブ
  7. アクティブな画面
  8. [データ]タブ

次回 QTP を開くときに QTP にスタート ページを表示させたくない場合は、「起動時にスタート ページ ウィンドウを表示しない」チェックをオンにします。box。 このオプションを選択すると、別の QTP ドキュメントを開いた直後に、現在の QTP セッションのスタート ページも自動的に非表示になります。 スタート ページを再度表示するには、[表示] > [スタート] を選択します。

ソリューションエクスプローラ

また, ソリューションエクスプローラ   ここでarchiカルツリー 現在のテスト内のすべてのアクションとテストとその参照、イベント、フロー。

ソリューションエクスプローラ

介して 関数ライブラリ、 テストで何度も使用できるコードまたは関数を作成できます。

ソリューションエクスプローラ

機能の詳細情報は、パネルの右側の「プロパティ」パネルに表示されます。

データ表

入力できます データ ウィンドウの下部にあるメニューバーのデータタブからテストに関連します。 このパネルは、テストで使用できるデータ ソースのツリー階層です。

データ表

Action”タブはデを与えますtails テストコードの。

データ表

<データ表

表示するには エラー 演奏中に遭遇した 自動化テスト、下部パネルのエラータブを使用できます。

データ表

IDE ペインの移動

QTP ウィンドウ ペインは、個人の好みに合わせて移動できます。

ソリューション エクスプローラーを移動したいとします。

QTP ウィンドウで、ソリューション エクスプローラーのタイトル バーをドラッグします。

ペインをドラッグすると、アクティブなペインと QTP ウィンドウの各端にマーカーが表示されます。

ソリューション エクスプローラーをドラッグし、さまざまなマーカーの上にカーソルを置きます。 影付きの領域が表示され、ペインの新しい位置が示されます。 それをトップに移動させましょう。 マウスボタンを放します。 ソリューション エクスプローラー ペインが所定の位置にスナップされ、影付きの領域に新しいペインとして表示されます。

IDE ペインの移動