SAP 賃金タイプのチュートリアル: プライマリ、セカンダリ、ダイアログ、時間

支払いデータ (手当または控除) は、賃金タイプを使用して保存されます。

SAP の賃金タイプ

2つの主要カテゴリー SAP における賃金タイプの割合

  • 主/主賃金タイプ
  • 副次的/技術的賃金の種類

主な賃金タイプは再び次のように分類されます。

  1. ダイアログの賃金タイプ
  2. 時間賃金タイプ

ダイアログの賃金タイプ:- これらは、維持しながらオンラインで入力できる賃金タイプです。 マスターデータ 自分で SAPシステム。 例の場合。 基本給与 (IT0008)、追加支払い (IT0015)、定期支払い/控除 (IT0014)。

SAP のダイアログ賃金タイプ

時間賃金タイプ:- 時間評価が完了すると、時間ウェイジタイプがシステムによって作成されます。 これらはオンラインで維持できず、システムによって生成されます。

例:有給休暇75%

SAP の時間賃金タイプ

第二次賃金の種類

第 XNUMX の賃金タイプはシステムによって生成され、オンラインで管理することはできません。 それらは次の期間に作成されます。 給与 走る。 二次賃金タイプは、他のいくつかの賃金タイプを蓄積したり、ウェイジタイプ情報を一時的に保存したりするためのコンテナとしても使用されます。 第二賃金タイプの技術名は「/」で始まります

例: /559 銀行送金

SAP の第 XNUMX の賃金タイプ