SAP HR のマッチコード W とは何ですか?

SAP HR のマッチコード W

を実行したとしましょう 給与 特定の給与エリアの全従業員 (たとえば、合計 1000 人の従業員) を対象とした特定の月。 支払いが実行されたら、14 人の従業員のマスター データ (15、8、10 などの基本的なインフォタイプ) にいくつかの変更が加えられたとします。

これら 10 人の従業員の給与計算を再実行することが不可欠ですが、従来の給与計算メカニズムを使用すると、SAP は給与計算領域で 1000 人の従業員のデータを処理することになり、時間がかかります。

抜け出す方法が必要ですか? 答えはマッチコード W にあります! マッチコード W を選択して給与計算を実行すると、システムはデータが変更された 10 人の EE のみを処理し、その他はデータに変更がないため 03 回目は処理されません。変更された日付に基づいて従業員が選択されます。 SAP Infotype XNUMX の最初の MD 変更で

マッチコード W を実行する手順 —

ステップ1) PC00_MXX_CALC を使用して、任意の国の給与ドライバーに移動します (XX はその国のモルガです)。

ステップ2) 右上に検索ヘルプ ボタンがあるので、それをクリックします。

SAP HR のマッチコード W

ステップ3) バリエーションを選択 – W

SAP HR のマッチコード W

ステップ4) 追加の画面が表示され、マスター データを変更する従業員の選択をさらに制限するために使用できます (上記の例では 10 人)。 この画面はオプションであり、バイパスできます。

SAP HR のマッチコード W

ステップ5) 給与計算を実行します。