SQL Server でログイン、ユーザーを作成し、アクセス許可を付与する方法

SQL Server で新しいログインを作成する方法

SQL Server でログインを作成する方法は次のとおりです。

ステップ1) ログイン SQL サーバーを作成するには、[セキュリティ] > [ログイン] に移動します。

SQL Server で新しいログインを作成する

ステップ2) 次の画面で、「

  1. ログイン名
  2. SQLサーバー認証を選択します
  3. MySQL のパスワードを入力して、パスワードを持つユーザーを作成します
  4. [OK]をクリックします。

SQL Server で新しいログインを作成する

ステップ3) ログインが作成されました

SQL Server で新しいログインを作成する

SQL サーバーのログインとユーザーを作成するための T-SQL コマンドを使用してログインを作成することもできます。

CREATE LOGIN MyLogin WITH PASSWORD = '123';

SQL Server データベースでユーザーを作成する方法

ユーザーとは、アクセスするために使用できるアカウントです。 SQLサーバー。 ユーザー SQL サーバーを作成するには、次のいずれかを使用できます。wing ふたつのやり方:

  • T-SQLの使用
  • SQL Server ManagementStudioの使用

SQL Server Management Studio でユーザーを作成する方法

ここでは、ユーザーを作成する方法を段階的に説明します。 SQL Server Management Studio:

EDU_TSQL データベースのユーザーを作成します。

ステップ 1) SQL サーバーに接続して新しいユーザーを作成します

  1. SQL Server に接続し、オブジェクト エクスプローラーからデータベース フォルダーを展開します。
  2. ユーザーを作成して拡張する必要があるデータベースを特定します。
  3. 「セキュリティ」フォルダを展開します。
  4. ユーザーフォルダーを右クリックし、「新しいユーザー...」を選択します。

SQL Server Management Studioでユーザーを作成する

ステップ 2) ユーザー名を入力しますtails

次の情報が得られますwing 画面、

  1. 希望のユーザー名を入力してください
  2. ログイン名(前に作成したもの)を入力します
  3. [OK]をクリックします。

SQL Server Management Studioでユーザーを作成する

ステップ3) ユーザーが作成されます

ユーザーが作成されました

SQL Server Management Studioでユーザーを作成する

T-SQL を使用してユーザーを作成する

SQL サーバーにユーザーをデータベースに追加するには、T-SQL の create user コマンドを使用できます。 SQL create user コマンドは次のようになります。wing 構文:

create user <user-name> for login <login-name>
create user Guru99 for login MyLogin

注: クエリはクエリ ウィンドウ内で実行する必要があります。 ログイン用のユーザーがすでに作成されている場合、同じログイン用のユーザーを作成すると SQL Server はエラーをスローします。

SQL Server でのユーザーへのアクセス許可の割り当て

アクセス許可とは、セキュリティで保護された SQL Server リソースに対するユーザーのアクセス レベルを管理するルールを指します。 SQLサーバー このようなアクセス許可を付与、取り消し、拒否することができます。 SQL サーバーのユーザー権限を付与するには、次の XNUMX つの方法があります。

  • T-SQLの使用
  • SQL Server ManagementStudioの使用

SQL Server Management Studio でのアクセス許可の割り当て

SQL Server Management Studio でユーザーにアクセス許可を割り当てる方法を段階的に説明します。

ステップ1) SQL Server インスタンスに接続し、以下に示すようにオブジェクト エクスプローラーからフォルダーを展開します。 ユーザー名 (Guru99) を右クリックし、「プロパティ」を選択します。

SQL Server Management Studio でのアクセス許可の割り当て

ステップ2) 次の画面で、

  1. 左側から「Securables」オプションをクリックします。
  2. 検索をクリックします

SQL Server Management Studio でのアクセス許可の割り当て

ステップ3) 次のウィンドウでは、

  1. 「スキーマに属するすべてのオブジェクト」を選択します。
  2. スキーマ名を「dbo」として選択します
  3. [OK]をクリックします。

SQL Server Management Studio でのアクセス許可の割り当て

ステップ4)

  1. 権限を付与したいテーブルを特定します
  2. [明示的なアクセス許可] で [許可] を選択します
  3. 「OK」をクリックします

SQL Server Management Studio でのアクセス許可の割り当て

ステップ5) ユーザー Guru99 には、Course テーブルに対する SELECT 権限が付与されます。

T-SQL を使用してアクセス許可を付与する

T-SQL を使用してユーザーにアクセス許可を付与するには、まず use ステートメントを使用してデータベースを選択します。 次に、grant ステートメントを使用してユーザーに権限を割り当てます。 SQL サーバーでユーザーを作成し、権限を付与するための構文は次のとおりです。

use <database-name>
grant <permission-name> on <object-name> to <username\principle>

たとえば、次のようになります。wing コマンドは、という名前のオブジェクト (テーブル) に対する選択権限をユーザー Guru99 に付与する方法を示します。 コー​​ス データベース EDU_TSQL 内:

USE EDU_TSQL
GO
Grant select on Course to Guru99

許可が下りますよ!