SQL Server Management Studio: MS SSMS のダウンロードとインストール

サーバー管理スタジオとは何ですか?

SQL Server Management Studio(SSMS) MS SQL サーバーに接続して操作するためのグラフィカル インターフェイスを提供する IDE です。で発売されました Microsoft SQL Server 2005 内のすべてのコンポーネントの構成、管理、管理に使用されます。 Microsoft SQLサーバー。

SQL Server Management Studio をダウンロードしてインストールする方法

Following ダウンロードしてインストールする手順は次のとおりです Microsoft SQL Server Management Studio (SSMS):

ステップ1) SQL Server Management Studio をインストールします。

これに行く をクリックします。入力したコードが正しければ、MFAの設定は正常に完了します SQL Server Management Studio 18.0 (プレビュー 6) をダウンロードする ダウンロード SSMS 用

SQL Server Management Studioをダウンロードしてインストールします

ステップ2) Double ファイルをクリックします。

ダウンロードすると、「」という名前の .exe ファイルが生成されます。SSMS-Setup-ENU.exeに設立された地域オフィスに加えて、さらにローカルカスタマーサポートを提供できるようになります。」 Double クリックして

ステップ3) インストールボタンをクリックします。

以下のウィンドウが表示されます。 クリック 'インストール' システムに SQL Server Management Studio (SSMS) をインストールするボタン

SQL Server Management Studioをダウンロードしてインストールします

ステップ4) ssms のインストール プロセスが完了するまで待ちます。

インストールが始まります。 以下の画面が表示されます パッケージの進捗状況 > 全体的な進捗状況.

SQL Server Management Studioをダウンロードしてインストールします

ステップ5) セットアップが完了しました。

Once 記入済みの, SSMS セットアップでは、以下の画面に「セットアップが完了しました」というメッセージが表示されます。

SQL Server Management Studioをダウンロードしてインストールします

「マネジメントスタジオ」へのアクセス方法

これで、「Management Studio」を開く準備が整いました。 「スタート」メニュー > 「プログラム」に移動します。Microsoft SQL Server ツール 18> Microsoft SSMS 18。

以下 「サーバーに接続」 画面が表示されます。 サーバー名はデフォルトで選択した名前になります。 MS SQLサーバーのインストール.

「マネジメントスタジオ」にアクセス

上記の各フィールドを理解しましょう

  1. サーバーの種類: これは、利用可能な XNUMX つの MS SQL サービス オプションから XNUMX つを選択するオプションです。 データベースを作成して操作するための「データベースエンジン」に取り組んでいきます。 他のサーバー タイプには、分析、レポート、統合サービスが含まれます。
  1. サーバー名: これは、MS SQL Server がインストールされており、そのサーバーとの接続を確立する必要があるサーバーの名前です。 通常、サーバー名は次のように使用されます。 「マシン名\インスタンス」 ここで、インスタンスは、SQL Server のインストール中に SQL Server インスタンスに付けられた名前です。
  1. 認証: これはデフォルトで「Windows 「認証」を使用する場合は、Windows SQL Server のインストール中に「認証」を実行します。それ以外の場合、「混合モード (Windows 認証と Windows 認証)」を選択すると、認証はデフォルトで「SQL Server インストール」になります。
  1. ユーザー名パスワード: 「認証」以外を選択した場合Windows 「SQL サーバーのインストール」と同様に「認証」の場合、これら 2 つのフィールドが必須になります。

ソフトウェアの制限をクリック '接続する。' 今、あなたはに接続されます 「データマネジメントスタジオ」。

コマンドラインを使用して「Management Studio」にアクセスします。

あるいは、次を使用して MS SQL Management Studio を開くこともできます。 ウィンドウのコマンドライン。 のフルパスが必要です ssms.exe。 以下はデフォルトの場所とファイル名です。

パス:

C:\Program Files (x86)\Microsoft SQL Server Management Studio 18\Common7\IDE
Exe name: ssms.exe

コマンドラインを使用して「Management Studio」にアクセスする

コマンドライン経由でアクセスする手順は次のとおりです。

  1. 次のように入力してコマンド プロンプトを開きます CMD in 検索ウィンドウ。
  2. 以下に示すように、パス全体を入力し、その後に ssms.exe を入力し、「Enter」を押します。

コマンドラインを使用して「Management Studio」にアクセスする

「サーバーに接続」 前のセクションで説明したのと同様の画面が表示されます。

データ管理スタジオ IDE の概要

以下はData Management Studioの起動画面です。

データ管理スタジオ IDE の概要

各セクションについて詳しく説明します。

1) オブジェクトエクスプローラー

オブジェクト エクスプローラーは、サーバーに含まれるデータベース オブジェクトのツリー ビューを提供します。 このセクションでは、すべてのデータベース、セキュリティ、サーバー オブジェクトをクイック リファレンスとして示します。 各オブジェクトのコンポーネントを表示するには、オブジェクトの左側にある + アイコンをクリックして展開します。

データ管理スタジオ IDE:オブジェクト エクスプローラー

2) データベース選択ドロップダウン

このドロップダウンにより、ユーザーは データベース ここでクエリを実行します。

3) クエリエディタ

ここにすべてのクエリを記述できます。 MS SQLサーバー クエリを簡単に作成できるように、テーブルや列などの対話型の提案を提供します。

4) 実行ボタン

このボタンは最終的にクエリを実行し、結果を返します。

SSMS のヒントと問題

  • Management Studio はスタンドアロン製品です。 の特定のバージョンには対応しません。 SQLサーバー。 たとえば、SMMS バージョン 18 は SQL Server 2017 や SQL Server 2016 でも使用できます。
  • 大きなコードの削減 読みやすさ。 使用 注釈 読みやすさを向上させるため。 コメントアウトするには、行の前に「-」を入力します。
  • グループコメント: 行のグループをすべて選択し、下の画像に示されているアイコンをクリックすると、行のグループをコメントアウトできます。

    SSMS のヒントと問題

  • 予期しないシャットダウン、システム障害により、予期しないデータ損失が発生する可能性があります。 セット 「自動回復」 データ損失を最小限に抑えるためにオプションがオンになっています。 データを自動回復する時間間隔や、この情報を削除するまでに保存する日数もカスタマイズできます。 「ツール」>「オプション」>「環境」>「自動回復」

    SSMS のヒントと問題

失敗した場合は、次の名前のポップアップ ウィンドウが表示されます。

  • 多くの場合、後で参照できるようにクエリの結果をテキスト形式で保存する必要があります。

    SSMS のヒントと問題

上で強調表示されたアイコンをクリックして選択し、クエリを実行できます。 今後の参照のためにファイルを保存できる場所を指定するように求められます。

SSMS のバージョンと更新

SSMS の最初のバージョンは SQL Server 2005 で使用されました。SSMS は、SQL Server 2008、SQL Server 2012、および SQL Server 2016 でも SQL Server の不可欠な部分であり続けています。2016 年では、 Microsoft SSMS のバージョン番号を 16.3 として、最初の一連の数値バージョン管理を開始しました。すべてのシリーズには、バージョン番号として 16.x、17.x、および 18.0 が含まれます。

最新の 18.0 シリーズは次のとおりです。wing バージョン: 18.0 (プレビュー 4)、18.0 (プレビュー 5)、および 18.0 (プレビュー 6)

18 年 2018 月 18.0 日までの最新バージョンは SSMS 6 (プレビュー XNUMX)

18.0 シリーズのその他のアップデートについては、こちらをご覧ください –

https://docs.microsoft.com/en-us/sql/ssms/release-notes-ssms?view=sql-server-2017

SSMS がサポートするオペレーティング システム

以下の表に示します SQLサーバーのエディション およびそれに対応するサポート対象 オペレーティングシステム。 「Y」はサポートされていることを意味し、「N」はサポートされていないことを意味します。

SSMS がサポートするオペレーティング システム

まとめ

  • SSMS の完全な形式は「SQL Server Management Studio」です
  • Server Management Studio は、MS SQL Server に接続して操作するためのグラフィカル インターフェイスを提供します。
  • まず主要なウィンドウとしてオブジェクト エクスプローラー、クエリ エディターが提供されます。