ME41: SAP で RFQ (見積依頼) を作成する方法

名言集

見積もりとは、当社の調達ニーズに最適な供給元を選択するために、ベンダーに対して、最良の価格、契約条件、納品スケジュール、その他の情報に関する情報の提供を求めるものです。

以下に、SAP MM モジュールでの購買における見積のプロセス フローを示します。

ご購入時のお見積りの流れ

見積プロセスは見積依頼の作成から始まり、その後、見積を保守して候補ベンダーから受け取ったすべての情報を入力します。 次に、オファーを比較し、他のオファーを拒否して最適なオファーを選択します。 で SAP、プロセスでは複数のトランザクションが使用されます。

見積依頼書の作成方法

まず、見積依頼を作成する必要があります。 RFQはトランザクションごとに作成できます ME41。 新しい RFQ を最初から作成することも、既存の購買要求または概要契約を参照して作成することもできます。 参照ドキュメントを使用して RFQ を作成する場合は、適切なボタンをクリックして参照ドキュメント番号を入力するだけです。 この場合、参照ドキュメントなしで新しい RFQ を作成します。

ステップ1) トランザクション ME41 に、次のように入力します。

  1. 見積依頼タイプ: 見積タイプ (A – 標準 RFQ)。
  2. 言語キー: 引用文で使用する言語 (EN – 英語)。
  3. 見積依頼データ: 今日の日付。
  4. 見積期限: この日付は配達日より前である必要があります。
  5. 見積依頼番号: 見積書に割り当てる番号を入力します (内部的に割り当てたい場合は、このフィールドを空白のままにしておきます)。
  6. パーチ。 組織: 購入組織 (例: 0001)。
  7. 購買グループ: 購入グループ (例: 001)。
  8. アイテムカテゴリ: デフォルトは空白です - 標準アイテム。
  9. 配送日: 指定配達日時。
  10. 植物.
  11. ストレージの場所: 入庫用の SLoc。
  12. 要件追跡番号.

見積依頼の作成

イベント ENTERをクリックすると、ヘッダーデータ画面に移動します。

ステップ2)

  1. 有効範囲:有効期間の範囲を入力します。 その他の情報としては、 集合数 (複数文書の一括管理)、 締め切り 入札提出のために、 デートを締めくくる アプリケーションと 拘束期間 引用用に。
  2. 集合番号 – Col.no is a very important field as you can later compare quotations based on this information, or find RFQs using this number.
  3. 必要に応じて保証日を入力できます。
  4. 目標値: 契約リリース注文の作成中にメッセージを警告するためのしきい値。

見積依頼の作成

ツールバーを調べて、アイコンを使用してどの画面を呼び出すことができるかを確認する必要があります。

ステップ3) ツールバーのアイコンの中には、 見積依頼の作成 「ベンダーアドレス」ボタンでは、次のことができます。

  1. 適切なベンダーを選択してください。 ワンタイムベンダーの場合は、ベンダー番号を入力した後、ベンダーアドレスを指定する必要があります。

見積依頼の作成

ステップ4) ツールバーには、項目概要画面を呼び出す概要ボタンもあります。

見積依頼の作成

品目概要画面では、品目情報、材料、数量などを入力できます。

  1. 材料番号:調達する資材を入力します。
  2. 見積依頼数量: 必要な数量と単位を入力します。 ツールバーからさらに多くの画面を検査し、ドキュメントを保存できます。

見積依頼の作成

見積依頼の作成

T コードを使用すると、いつでも戻って見積依頼を編集できます。 ME42 または、次を使用して情報を表示します ME43。 上記のプロセスを繰り返して、見積依頼先のすべてのベンダーに RFQ を送信します。

一括番号を管理している場合 引用 (私たちは 190123 を使用しました)、トランザクション コードを使用して、一括番号のすべての見積を確認できます。 ME4N.