Java 配列チュートリアル: 宣言、作成、初期化 [例]

Java配列とは何ですか?

Java配列 これは、同じデータ型のすべてのデータ値を含む非常に一般的なタイプのデータ構造です。 配列に入れられるデータ項目は要素と呼ばれ、配列の最初の要素はインデックス XNUMX から始まります。 配列はオブジェクト クラスを継承し、シリアル化可能およびクローン化可能なインターフェイスを実装します。 プリミティブ値またはオブジェクトを配列に格納できます。

簡単に言うと、これを置き換えるのに役立つプログラミング構造です。

x0=0;
x1=1;
x2=2;
x3=3;
x4=4;
x5=5;

これとともに …

x[0]=0;
x[1]=1;
x[2]=2;
x[3]=3;
x[4]=4;
x[5]=5;

このチュートリアルでは、次のことを学びます。

これがどのように役立つかというと、変数がインデックス ([] 内の数字) を簡単に参照できることです。 ルーピング.

for(count=0; count<5; count++) {
     System.out.println(x[count]);
   }

配列変数

プログラム内で配列を使用することは、 3ステップのプロセス

1) 配列の宣言

2) 配列の構築

3) 配列を初期化する

1) 配列の宣言

構文

<elementType>[] <arrayName>;

or

 <elementType> <arrayName>[];

例:

int intArray[];
 // Defines that intArray is an ARRAY variable which will store integer values
int []intArray;

2) 配列の構築

 arrayname = new dataType[]

例:

intArray = new int[10]; // Defines that intArray will store 10 integer values

宣言と建設の組み合わせ

int intArray[] = new int[10];

3) 配列を初期化する

intArray[0]=1; // Assigns an integer value 1 to the first element 0 of the array

intArray[1]=2; // Assigns an integer value 2 to the second element 1 of the array

配列の宣言と初期化

[]  = {};

例:

 int intArray[] = {1, 2, 3, 4};
// Initilializes an integer array of length 4 where the first element is 1 , second element is 2 and so on.

最初のアレイプログラム

ステップ1) 以下をコピーしますwing エディターにコードを入力します。

class ArrayDemo{
     public static void main(String args[]){
        int array[] = new int[7];
        for (int count=0;count<7;count++){
           array[count]=count+1;
       }
       for (int count=0;count<7;count++){
           System.out.println("array["+count+"] = "+array[count]);
       }
      //System.out.println("Length of Array  =  "+array.length);
      // array[8] =10;
      }
}

ステップ2) コードを保存し、コンパイルして実行します。 出力を観察する

期待される出力:

array[0] = 1
array[1] = 2
array[2] = 3
array[3] = 4
array[4] = 5
array[5] = 6
array[6] = 7

ステップ3) x が配列への参照の場合、 x.length 配列の長さがわかります。

行 #10 のコメントを解除します。 コードを保存、コンパイル、実行します。出力を観察します。

Length of Array  =  7

ステップ4) C とは異なり、Java は配列内の要素にアクセスするときに配列の境界をチェックします。 Java では、プログラマがその境界を超えることはできません。

行 #11 のコメントを解除します。 コードを保存、コンパイル、実行します。出力を観察します。

Exception in thread "main" java.lang.ArrayIndexOutOfBoundsException: 8
        at ArrayDemo.main(ArrayDemo.java:11)
Command exited with non-zero status 1

ステップ5) ArrayIndexOutOfBoundsException がスローされます。 C の場合、同じコードで何らかのガベージ値が表示される可能性があります。

Java 配列: 参照渡し

配列は参照によって、またはへのポインタとして関数に渡されます。
オリジナル。 これは、内部の配列に対して行うすべての操作を意味します。
関数はオリジナルに影響を与えます。

例: 配列が参照によって渡されることを理解するには

ステップ1) 以下をコピーしますwing エディターにコードを書き込む

class ArrayDemo {
   public static void passByReference(String a[]){
     a[0] = "Changed";
   }
 
   public static void main(String args[]){
      String []b={"Apple","Mango","Orange"};
      System.out.println("Before Function Call    "+b[0]);
      ArrayDemo.passByReference(b);
      System.out.println("After Function Call    "+b[0]);
   }
}

ステップ2) コードを保存、コンパイル、実行します。 出力を観察する

期待される出力:

Before Function Call    Apple
After Function Call    Changed

多次元配列

多次元配列は実際には配列の配列です。

多次元配列を宣言するには 変数、別の正方形セットを使用して追加の各インデックスを指定します brackets.

Ex: int twoD[ ][ ] = new int[4][5] ;

多次元配列にメモリを割り当てる場合、最初 (左端) の次元のメモリを指定するだけで済みます。

残りのディメンションは個別に割り当てることができます。

Java では、多次元配列内の各配列の配列長を制御できます。

public class Guru99 {
public static void main(String[] args) {

// Create 2-dimensional array.
  int[][] twoD = new int[4][4];

  // Assign three elements in it.
  twoD[0][0] = 1;
  twoD[1][1] = 2;
  twoD[3][2] = 3;
  System.out.print(twoD[0][0] + " ");
}

}

期待される出力:

1