Java 変数とデータ型と例

Javaの変数とは何ですか?

Javaの変数 Java プログラムの実行中にデータ値を保存するデータ コンテナーです。 すべての変数には、保持できる値のタイプと量を指定するデータ型が割り当てられます。 変数はデータの記憶場所名です。 Java 変数には主に、ローカル、インスタンス、静的の XNUMX つのタイプがあります。

プログラムで変数を使用するには、2 つの手順を実行する必要があります。

  1. 変数宣言
  2. 変数の初期化

この中の Javaチュートリアル、あなたは学びます-

変数宣言:

変数を宣言するには、データ型を指定し、変数に一意の名前を付ける必要があります。

変数宣言

他の有効な宣言の例は次のとおりです。

int a,b,c;

float pi;

double d;

char a;

変数の初期化:

変数を初期化するには、変数に有効な値を割り当てる必要があります。

変数の初期化

他の有効な初期化の例は次のとおりです。

pi =3.14f;

do =20.22d;

a=’v’;

変数の宣言と初期化を組み合わせることができます。

変数宣言と初期化を組み合わせる

例:

int a=2,b=4,c=6;

float pi=3.14f;

double do=20.22d;

char a=’v’;

変数の種類

Java には、次の XNUMX 種類の変数があります。

  1. ローカル変数
  2. インスタンス変数
  3. 静的変数

1) ローカル変数

ローカル変数は、メソッドの本体内で宣言される変数です。

2) インスタンス変数

インスタンス変数は STATIC キーワードなしで定義されます。それらはメソッド宣言の外で定義されます。 これらはオブジェクト固有であり、インスタンス変数として知られています。

3) 静的変数

静的変数は、プログラムの実行開始時に XNUMX 回だけ初期化されます。 これらの変数は、インスタンス変数を初期化する前に、最初に初期化する必要があります。

例: Java の変数の型

class Guru99 {
    static int a = 1; //static variable  
    int data = 99; //instance variable  
    void method() {
        int b = 90; //local variable  
    }
}

Javaのデータ型とは何ですか?

Javaのデータ型 は、変数または識別子に格納できるさまざまなサイズとタイプの値を割り当てる指定子として定義されます。 Java には豊富なデータ型セットがあります。 Java のデータ型は XNUMX つの部分に分けることができます。

  1. プリミティブデータ型 :- 整数、文字、ブール値、浮動小数点数が含まれます
  2. 非プリミティブ データ型 :- これには、クラス、配列、インターフェイスが含まれます。


Javaデータ型

プリミティブデータ型

プリミティブ データ型は事前定義されており、Java 言語内で使用できます。 プリミティブ値は他のプリミティブ値と状態を共有しません。

8 つのプリミティブ型があります: byte、short、int、long、char、float、 double、およびブール値

整数データ型

byte (1 byte)
short (2 bytes)
int (4 bytes)
long (8 bytes)

整数データ型

浮動データ型

float (4 bytes)

double (8 bytes)

テキストデータ型

char (2 bytes)

論理的

boolean (1 byte) (true/false)
データ型 デフォルト値 デフォルトのサイズ
バイト 0 1バイト
短い 0 2バイト
int型 0 4バイト
長い 0L 8バイト
フロート 0.0f 4バイト
double 0.0d 8バイト
ブール値 false 1ビット
チャリオット 「\u0000」 2バイト

覚えておくべきポイント:

  • すべての数値データ型は符号付き (+/-) です。
  • データ型のサイズはすべてのプラットフォームで同じままです (標準化されています)
  • Java の char データ型は 2 バイトです。 UNICODE キャラクターセット。 そのおかげで、Java は国際化をサポートします。 UNICODE は、世界中のすべての既知の文字と言語をカバーする文字セットです。

Java変数の型変換と型キャスト

ある型の変数は別の型の値を受け取ることができます。 ここには 2 つのケースがあります –

事例1) 小さい容量の変数は、より大きい容量の別の変数に割り当てられます。

Java 変数とデータ型

このプロセスは自動であり、非明示的プロセスとして知られています。 変換

事例2) より大きな容量の変数がより小さな容量の別の変数に割り当てられます


Java 変数とデータ型

このような場合、明示的に指定する必要があります。 型キャスト演算子。 このプロセスは次のように知られています 型キャスト。

場合によっては、型キャスト演算子を指定しない場合もあります。 コンパイラがエラーを返します。 このルールはコンパイラによって適用されるため、プログラマは、これから実行しようとしている変換によってデータの一部が失われる可能性があることを認識し、変換を防ぐことができます。 偶発的な損失。

例: 型キャストを理解するには

ステップ1) 以下をコピーしますwing エディターにコードを入力します。

class Demo {
 public static void main(String args[]) {
  byte x;
  int a = 270;
  double b = 128.128;
  System.out.println("int converted to byte");
  x = (byte) a;
  System.out.println("a and x " + a + " " + x);
  System.out.println("double converted to int");
  a = (int) b;
  System.out.println("b and a " + b + " " + a);
  System.out.println("\ndouble converted to byte");
  x = (byte)b;
  System.out.println("b and x " + b + " " + x);
 }
}

ステップ2) コードを保存、コンパイル、実行します。

期待される出力:

int converted to byte
a and x 270 14
double converted to int
b and a 128.128 128

double converted to byte
b and x 128.128 -128