MySQL Workbench チュートリアル: とは何か、インストールと使用方法

MySQLとは何ですか?

MySQL はオープンソースのリレーショナル データベースです。

MySQL はクロスプラットフォームです。つまり、次のようなさまざまなプラットフォーム上で実行されます。 Windows、Linux、Mac OS など。

この MySQL Workbench チュートリアルでは、次のことを学びます。

MySQL を使用する理由

市場には多数のリレーショナル データベース管理システムがあります。

リレーショナル データベースの例には次のものがあります。 Microsoft SQL サーバー, Microsoft Access、Oracle、DB2など

なぜ他のデータベース管理システムではなく MySQL を選ぶのかと疑問に思う人もいるかもしれません。

この質問に対する答えは、さまざまな要因によって決まります。

SQL Server などのリレーショナル データベースと比較した MySQL の強みを見てみましょう

  • MySQL は、それぞれ独自の仕様を持つ複数のストレージ エンジンをサポートしますが、SQL サーバーなどの他のシステムは XNUMX つのストレージ エンジンのみをサポートします。 このステートメントを理解するために、MySQL でサポートされている XNUMX つのストレージ エンジンを見てみましょう。
  • InnoDB: – バージョン 5.5 以降、MySQL で提供されるデフォルトのストレージ エンジン。 InnoDB は、参照整合性のための外部キーをサポートし、ACID 標準トランザクションもサポートします。
  • MyISAM: – バージョン 5.5 より前の MySQL のデフォルトのストレージ エンジンでした。 MyISAM にはトランザクションのサポートがありません。 InnoDB と比較した利点としては、シンプルさと高いパフォーマンスが挙げられます。
  • MySQL 他のリレーションデータベースシステムと比較して高いパフォーマンスを持っています。 これは、設計がシンプルで、複数のストレージ エンジンがサポートされているためです。
  • 費用対効果が高く、他のリレーショナル データベースと比較するとコストの点で比較的安価です。実際、コミュニティ版は無料です。商用版にはライセンス料金がかかりますが、これも次のような製品のライセンス料金と比較してコスト効率が高くなります。 Microsoft SQLサーバー。
  • クロスプラットフォーム – MySQL は多くのプラットフォームで動作するため、ほとんどのマシンに導入できます。 MS SQL Server などの他のシステムは、 windows プラットフォームを提供します。

MySQL と対話するには、 サーバーアクセスツール MySQLサーバーと通信できるもの。 MySQL は複数のユーザー接続をサポートしています。

MySQL ワークベンチとは何ですか?

MySQLワークベンチ   ビジュアルデータベースの設計とモデリング MySQL サーバー リレーショナル データベースへのアクセス ツール。 新しい物理データ モデルの作成と、リバース/フォワード エンジニアリングおよび変更管理機能を使用した既存の MySQL データベースの変更が容易になります。 MySQL ワークベンチの目的は、データベースをより簡単に、より構造化された方法で操作するためのインターフェイスを提供することです。

MySQLワークベンチ

MySQL ワークベンチ – モデリングおよび設計ツール

  • モデルは、最も有効で高性能なデータベースの中核です。 MySQLworkbench には、開発者やデータベース管理者がフォワード エンジニアリングを使用して MySQL データベースに簡単に変換できる物理データベース設計モデルを視覚的に作成できるツールがあります。
  • MySQL ワークベンチは、同じ環境での複数のモデルの作成をサポートします。
  • データベースを構成するテーブル、ビュー、ストアド プロシージャ、トリガーなどのすべてのオブジェクトをサポートします。
  • MySQL ワークベンチには、検出された可能性のある問題をデータ モデラーに報告するモデル検証ユーティリティが組み込まれています。
  • また、さまざまなモデリング表記も可能であり、スクリプト言語である LUA を使用して拡張することもできます。

以下の図は、MySQLWorkbench のモデリング ウィンドウを示しています。

MySQL ワークベンチ - モデリングおよび設計ツール

MySQL ワークベンチ – SQL 開発ツール

構造化照会言語(SQL) リレーショナル データベースを操作できるようになります。 SQL はすべてのリレーショナル データベースの中心です。

  • MySQLworkbench には SQL ビジュアル エディターが組み込まれています。
  • Visual SQL エディターを使用すると、開発者は MySQL サーバー データベースに対してクエリを構築、編集、実行できます。 vie用のユーティリティがありますwing データを作成してエクスポートします。
  • 構文カラー ハイライターにより、開発者は SQL ステートメントを簡単に作成およびデバッグできます。
  • 複数のクエリを実行すると、結果が別のタブに自動的に表示されます。
  • クエリは履歴パネルにも保存されます。 later 取得と実行。

以下の図は、MySQL Workbench の SQL 開発ウィンドウを示しています。

MySQL ワークベンチ - SQL 開発ツール

MySQL Workbench の使用方法 – 管理ツール

サーバー管理は、企業のデータを保護する上で重要な役割を果たします。 サーバー管理に関する主な問題は、ユーザーの管理、サーバー構成、サーバー ログなどです。 ワークベンチ MySQL には次の機能がありますwing MySQL サーバー管理のプロセスを簡素化する機能。

  • ユーザー管理 – ユーザー管理用のビジュアル ユーティリティ。データベース管理者は、必要に応じて既存のユーザーを簡単に追加および削除したり、権限を付与および削除したり、ユーザー プロファイルを表示したりできます。
  • サーバー構成 – サーバーの高度な構成と最適なパフォーマンスのための微調整が可能になります。
  • データベースのバックアップと復元 – MySQL ダンプ ファイルをエクスポート/インポートするためのビジュアル ツール。 MySQL ダンプ ファイルには、データベース、テーブル、ビュー、ストアド プロシージャを作成し、データを挿入するための SQL スクリプトが含まれています。
  • サーバーログ – vie用のビジュアルツールwing MySQLサーバーのログ。 ログには、エラー ログ、バイナリ ログ、InnodDB ログが含まれます。 これらのログは、サーバーの診断を実行するときに役立ちます。 以下の図は、MySQL Workbench のモデリング ウィンドウを示しています。

以下の図は、Workbench MySQL の管理パネルを示しています。

MySQL Workbench – 管理ツール

MySQL ワークベンチをインストールする方法 ( Windows)

この初心者向けの MySQL Workbench チュートリアルでは、MySQL Workbench のインストール方法と使用方法を学びます。

MySQL ワークベンチのインストールは 2 段階のプロセスです。

1)インストール MySQLコミュニティサーバー

2)インストール MySQLワークベンチ – zip ファイルまたは msi インストーラーを使用してワークベンチをインストールできます (推奨)

注: インストールを実行するには、管理者またはパワー ユーザーの権限が必要です。

はじめに

上記のインストールが完了したら、以下に示すように MySQL Workbench をセットアップする必要があります。
Following これは、MySQL ワークベンチをインストールする方法に関する段階的なプロセスです。

ステップ1) ホームウィンドウを開く
最初のステップは、Workbench MySQL を起動することです。 あなたが見ているものはこう呼ばれています ホームウィンドウ

MySQLワークベンチをインストールする

ステップ2) 新しい接続ウィザードを開く
次に、ファイルを含む MySQL サーバー接続を作成する必要があります。tails ターゲットデータベースサーバーと接続方法について説明します。クリック ” + ” MySQL Workbench ホーム ウィンドウ。 これで開きます 新しい接続のセットアップ。 ウィザード

MySQLワークベンチをインストールする

ステップ3) 「サーバー管理の構成」ボタンをクリックします
初心者は、ローカルにインストールされたサーバーへの接続を作成できます。 クリック サーバー管理の構成 ボタンを押す 新しい接続のセットアップ MySQL サーバーの構成を確認するためのウィンドウ。

MySQLワークベンチをインストールする

ステップ4) 「次へ」ボタンをクリックして続行します
という名前の新しいウィンドウが開きます。 ローカル管理の構成。 「次へ」ボタンをクリックして続行します。

MySQLワークベンチをインストールする

ステップ5) パスワードを入力して「OK」を押します
次に、ウィザードはデータベースへの接続をテストします。 テストが失敗した場合は、戻ってデータベース接続パラメータを修正します。5. 次に、ローカルの mysql サーバー インスタンスとの接続をテストするための root パスワードを求めるポップアップ ウィンドウが開きます。 パスワードは、MySQL Workbench のインストール時に設定したものです。 パスワードを入力して押してください OK

MySQLワークベンチをインストールする

ステップ6) [次へ] をクリックして続行します
次に、ウィザードはデータベースへの接続をテストします。 テストが失敗した場合は、戻ってデータベース接続パラメータを修正します。 それ以外の場合、すべてのテストが成功した場合は、「次へ」をクリックして続行します。

MySQLワークベンチをインストールする

ステップ7) [次へ]をクリックします
その後、ローカル サービス管理に関する新しいウィザードが開きます。これにより、XNUMX 台のマシンにインストールされている複数の mysql サーバーを切り替えることができます。 初心者の場合は、これを回避して、 Next 続行します。

MySQLワークベンチをインストールする

ステップ8) MySQL サーバー構成ファイルの選択
次に、ウィザードは MySQL Server 構成ファイルにアクセスできるかどうかを確認し、開始/停止コマンドをテストします。

MySQLワークベンチをインストールする


ステップ9) 「完了」をクリックしてサーバーの構成を終了します
次に、現在の構成を確認できます。 レビュー後wing 構成を変更したら、「完了」をクリックしてサーバーの構成を終了します

MySQLワークベンチをインストールする

ステップ10) 「接続テスト」をクリックします
次のステップでは、サーバーへの接続に使用できる接続をセットアップします。 まだ接続を作成していない場合は、指定されたデフォルト値を使用できます。 接続名 [2] を入力した後、[接続のテスト] [1] をクリックします。

MySQLワークベンチをインストールする

ステップ11) [OK]をクリックします。
新しいダイアログ box root/選択したユーザーのパスワードを尋ねるメッセージが開きます。 MySQL root ユーザーがパスワードを持っている場合は、Store in Vault 機能を使用してパスワードを入力できます。 「OK」をクリックします。

MySQLワークベンチをインストールする

入力したユーザーのパスワードが正しい場合は、次のようになります。wing 画面が表示されます。 クリック どちらもOK ボタンをクリックすれば準備完了です。

MySQLワークベンチをインストールする

新しいインスタンスがホームページに表示されます。

MySQLワークベンチをインストールする

Double をクリックしてクエリを開始します。

まとめ

  • MySQL は、クロスプラットフォームのオープンソース リレーショナル データベースです。
  • MySQL は複数のストレージ エンジンをサポートしており、サーバーのパフォーマンスのチューニングと柔軟性が大幅に向上します。 バージョン 5.5 より前のデフォルトのストレージ エンジンは MyISAM でしたが、バージョン 5.5 の時点ではトランザクションのサポートがありませんでした。 デフォルトのストレージ エンジンは、トランザクションと外部キーをサポートする InnoDB です。
  • MySQL サーバーは、商用製品とオープンソース製品の両方を含む多数のサーバー アクセス mysql ツールを使用して管理できます。 よくある例としては次のようなものがあります。
  • phpMyAdminの – クロスプラットフォームのWebベースのオープンソースサーバーアクセスツール
  • SQLヨグ – を対象とした windows プラットフォーム、デスクトップ商用サーバー アクセス ツール
  • MySQL 作業台 – クロスプラットフォームのオープンソースサーバーアクセスツール
  • MySQL ワークベンチは、MySQL サーバーの統合開発環境です。 ためのユーティリティがあります データベースモデリング 設計、SQL 開発、サーバー管理。