Windows に SQLite をダウンロードしてインストールする方法

SQLite では、オペレーティング システムに応じてさまざまなインストール パッケージが提供されています。 また、幅広いプログラミング言語用の API も多数提供しています。

SQLite パッケージ インストーラーをダウンロードしてインストールします

Windows 10 ユーザーが利用できるインストール パッケージ:

SQLiteから 公式ウェブサイト ダウンロードセクションにあります。 次のことwing スクリーンショットを使用すると、Windows 用のさまざまな SQLite インストール パッケージをダウンロードできます。

SQLiteをダウンロードしてインストールする

コマンドラインシェルプログラム:

強調表示されたダウンロード パッケージは、 コマンドライン プログラム (CLP)。 CLP は、SQLite データベース管理システムと SQLite のすべての機能にアクセスできるコマンド ライン アプリケーションです。 CLP を使用すると、SQLite データベースを作成および管理できます。 これはチュートリアル全体で使用するツールです。

  • 32 ビット DLL(x86): x86 プラットフォーム用の SQLite データベース システム コア ライブラリ。
  • 64 ビット DLL (x64): x64 プラットフォーム用の SQLite データベース システム コア ライブラリ。

マシンへのコマンドライン プログラム (CLP) のインストール

続きましてwing 手順を参照すると、マシンにコマンドライン プログラム (CLP) をインストールする手順が表示されます。

ステップ1) 前の画像で強調表示されたダウンロード パッケージを PC にダウンロードします。 それは "ZIP”ファイル。

ステップ2) zip ファイルを解凍します。 「」が見つかります。sqlite3.exe” を解凍したファイルに次のように記述しますwing:

コマンドラインプログラムのインストール

ステップ3) 「マイ コンピュータ」を開き、パーティションをダブルクリックします。 「C」 そこに移動するには:

コマンドラインプログラムのインストール

ステップ4) 新しいディレクトリを作成します。sqlite"

コマンドラインプログラムのインストール

ステップ5) ファイルをコピーします。sqlite3.exe」をそれに入れます。 これは、チュートリアルで SQLite クエリを実行するために使用するものです。

コマンドラインプログラムのインストール

ただし、さまざまな目的のための他のパッケージがいくつかあります。 それらは必須ではありません。 ただし、Windows 以外の OS を使用している場合は、これが必要になる可能性があります。 Linux または SQLite の Mac OS バージョン。

また、必要に応じて、そこからドキュメントやソース コードを入手することもできます。 Windows Phone 8 や .Net などの API も入手できます。 プログラミング言語.

以下に、さまざまな目的に応じた他のパッケージをいくつか示します。

  • ソース コードといくつかの代替ソース コード形式 – SQLite を構成する完全なソース コード。
  • ドキュメント – HTML ページとしての SQLite のドキュメント。 これは同じオンライン ドキュメントですが、HTML ページとしてダウンロードできるため、オフラインで開くことができます。
  • Linux 用のプリコンパイル済みバイナリ。
  • Mac OS X (x86) 用のプリコンパイル済みバイナリ。
  • Windows Phone 8 用のプリコンパイル済みバイナリ – SQLite データベースを使用する Windows Phone 8 用のアプリケーションを開発するための SDK およびコンポーネント。
  • Windows ランタイム用のプリコンパイル済みバイナリ – Windows ランタイム プラットフォームの SQLite データベースに接続するアプリケーションを開発するための SDK およびその他のコンポーネント。
  • .NET 用のプリコンパイル済みバイナリ – これらは、.NET アプリケーションから SQLite データベースに接続するために使用できる DLL および .NET ライブラリのセットです。

SQLite Studio – マネージャーと管理

SQLite データベースの操作を容易にする SQLite 管理ツールが多数あります。 これらのツールは、コマンド ラインを使用してデータベースを作成および管理する代わりに、データベースを作成および管理できる一連の GUI ツールを提供します。

SQLite の公式 Web サイトには、そのようなツールが多数リストされています。 ここから見ることができます: SQLite管理ツール。 おすすめはこちら

SQLite スタジオ: インストール不要のポータブルツールです。 SQLite3 と SQLite2 の両方をサポートします。 CSV、HTML、PDF、JSON などのさまざまな形式でデータを簡単にインポートおよびエクスポートできます。 オープンソースであり、Unicode をサポートしています。

SQLite Studio – マネージャーと管理

サンプルデータベースの紹介

続きましてwing ステップでは、チュートリアル全体で使用するサンプル データベースを作成します。

ステップ1) テキスト ファイルを開いて次の内容を貼り付けますwing そこにコマンドを入力します:

CREATE TABLE [Departments] (  
    [DepartmentId] INTEGER  NOT NULL PRIMARY KEY,  
    [DepartmentName] NVARCHAR(50)  NULL  
);  
INSERT INTO Departments VALUES(1, 'IT');
INSERT INTO Departments VALUES(2, 'Physics');
INSERT INTO Departments VALUES(3, 'Arts');
INSERT INTO Departments VALUES(4, 'Math');

CREATE TABLE [Students] (  
    [StudentId] INTEGER  PRIMARY KEY NOT NULL,  
    [StudentName] NVARCHAR(50) NOT NULL,  
    [DepartmentId] INTEGER  NULL, 
    [DateOfBirth] DATE NULL,
    FOREIGN KEY(DepartmentId) REFERENCES Departments(DepartmentId)
);  
INSERT INTO Students VALUES(1, 'Michael', 1, '1998-10-12');
INSERT INTO Students VALUES(2, 'John', 1, '1998-10-12');
INSERT INTO Students VALUES(3, 'Jack', 1, '1998-10-12');
INSERT INTO Students VALUES(4, 'Sara', 2, '1998-10-12');
INSERT INTO Students VALUES(5, 'Sally', 2, '1998-10-12');
INSERT INTO Students VALUES(6, 'Jena', NULL, '1998-10-12');
INSERT INTO Students VALUES(7, 'Nancy', 2, '1998-10-12');
INSERT INTO Students VALUES(8, 'Adam', 3, '1998-10-12');
INSERT INTO Students VALUES(9, 'Stevens', 3, '1998-10-12');
INSERT INTO Students VALUES(10, 'George', NULL, '1998-10-12');

CREATE TABLE [Tests] (
    [TestId] INTEGER NOT NULL PRIMARY KEY,
    [TestName] NVARCHAR(50) NOT NULL,
    [TestDate] DATE NULL
);
INSERT INTO [Tests] VALUES(1, 'Mid Term IT Exam', '2015-10-18');
INSERT INTO [Tests] VALUES(2, 'Mid Term Physics Exam', '2015-10-23');
INSERT INTO [Tests] VALUES(3, 'Mid Term Arts Exam', '2015-10-10');
INSERT INTO [Tests] VALUES(4, 'Mid Term Math Exam', '2015-10-15');

CREATE TABLE [Marks] (  
    [MarkId] INTEGER NOT NULL PRIMARY KEY,
    [TestId] INTEGER NOT NULL,
    [StudentId] INTEGER  NOT NULL,  
    [Mark] INTEGER  NULL,
    FOREIGN KEY(StudentId) REFERENCES Students(StudentId),
    FOREIGN KEY(TestId) REFERENCES Tests(TestId) 
);  

INSERT INTO Marks VALUES(1, 1, 1, 18);
INSERT INTO Marks VALUES(2, 1, 2, 20);
INSERT INTO Marks VALUES(3, 1, 3, 16);
INSERT INTO Marks VALUES(4, 2, 4, 19);
INSERT INTO Marks VALUES(5, 2, 5, 14);
INSERT INTO Marks VALUES(6, 2, 7, 20);
INSERT INTO Marks VALUES(7, 3, 8, 20);
INSERT INTO Marks VALUES(8, 3, 9, 20);

ステップ2) としてファイルを保存します 「チュートリアルSampleDB.sql」 続いてwing ディレクトリ「c:\ sqlite"

ステップ3) スタート メニューから Windows コマンド ライン ツール (cmd.exe) を開き、次のように入力します。 "CMD" それを開きます。

ステップ4) デフォルトのパスで開きます。次の場所に移動する必要があります。 「C:\sqlite」 このチュートリアルの前半で次のように作成したフォルダーwing command 「cd「C:\sqlite」:

サンプルデータベースの紹介

ステップ5) 続きを書いてくださいwing コマンド、

sqlite3 TutorialsSampleDB.db < TutorialsSampleDB.sql

コマンドは正常に完了し、次のようにコマンドの後に出力が表示されないはずです。wing スクリーンショット:

サンプルデータベースの紹介

ステップ6) これで、データベース ファイルが表示されるはずです。チュートリアルSampleDB.db” ディレクトリに作成されます”c:\ sqlite"

サンプルデータベースの紹介