Cassandra TTL& Cassandra CQLのデータ型(例)

Cassandra データ型

Cassandra さまざまなタイプのデータ型をサポートします。以下の表は、データ型、その定数、および説明を示しています。

CQLタイプ 定数 Description
アスキー 文字列 US-ASCII 文字列
Bigint 整数 64ビット符号付きロング
ブロブ しみ XNUMX進数の任意のバイト
ブーリアン ブール 正しいか間違っているか
カウンター 整数 分散カウンタ値 64 ビット
10進数 整数、浮動小数点数 可変精度XNUMX進数
Double 整数、浮動小数点数 64ビット浮動小数点
フロート 整数、浮動小数点数 32ビット浮動小数点
フローズン タプル、コレクション、ユーザー定義型 店舗 cassandra
INET 文字列 IPV4 または IPV6 形式の IP アドレス
int型 整数 32ビット符号付き整数
リスト 要素のコレクション
ゲレンデマップ Json スタイルの要素のコレクション
作成セッションプロセスで 要素のコレクション
テキスト 文字列 UTF-8でエンコードされた文字列
スタンプ 整数、文字列 日付と時刻を使用して生成された ID
時間単位 ウイズ タイプ 1 uuid
タプル 2,3、XNUMX つのフィールドのグループ
ウイド ウイズ 標準uuid
バーチャー 文字列 UTF-8でエンコードされた文字列
ヴァリント 整数 任意精度の整数

Cassandra 自動データ有効期限を使用した TTL (Time to Live)

Cassandra データを自動的に期限切れにする機能を提供します。

データの挿入中に、「ttl」値を秒単位で指定する必要があります。 「ttl」値は、データの存続時間の値です。 一定の時間が経過すると、データは自動的に削除されます。

たとえば、挿入時に ttl 値 100 秒を指定します。 データは100秒後に自動的に削除されます。 データの有効期限が切れると、その期限切れのデータには廃棄マークが付けられます。

墓石は猶予期間のために存在します。 データの有効期限が切れると、データは圧縮プロセス後に自動的に削除されます。

構文

Insert into KeyspaceName.TableName(ColumnNames) values(ColumnValues)
	using ttl TimeInseconds;

これは、ttl 値 100 秒でデータが Student テーブルに挿入されているスナップショットです。

Cassandra 自動データ有効期限を使用した TTL

insert into University.Student(rollno,name,dept,semester) values(3,'Guru99','CS’,7) using ttl 100;

これは、100 秒後にデータが自動的に期限切れになり、データが自動的に削除されるスナップショットです。

Cassandra 自動データ有効期限を使用した TTL