VBA コントロール – Excel のフォーム コントロールと ActiveX コントロール

VBA コントロール: Excel の VBA フォーム コントロールと ActiveX コントロール

Excel の VBA フォーム/GUI コントロール

GUI は、Graphical User Interface の頭字語です。 GUI は、ユーザーが対話するプログラムの一部です。 GUI はコントロールで構成されます。 これらの Excel VBA コントロールはフォームで使用できます。 次のことwing 表は、最も一般的に使用される GUI VBA コントロールの一部を示しています。

S / N 管理 Description
1 Command コードを実行するために使用されます
2 コンボ Box ユーザーにドロップダウン リストを表示するために使用されます。
3 チェック Box true または false の値に使用されます。 複数のチェック boxes は同時に真の値を持つことができます。
4 リスト Box ユーザーに単純なリストを提示するために使用されます
5 テキスト Box ユーザー入力を受け入れるために使用されます
6 スクロール・バー ナビゲーション目的でスクロールバーを提供するために使用されます。
7 スピンボタン スピン ボタンに表示される上矢印または下矢印をクリックして、数値を増減するために使用します。
8 オプションボタン true または false の値に使用されます。 一度に true 値を持つことができるオプション ボタンは XNUMX つだけです。
9 ラベル ユーザーに静的テキストを表示するために使用されます
10 画像 画像を表示するために使用されます
11 トグルボタン 押された状態と押されていない状態のボタン。


VBA GUI コントロールでは、

  1. 「開発者」タブをクリックします
  2. 「挿入」ドロップダウンボタンをクリックします

次の情報が得られますwing ドロップダウンパネル

Excel の VBA フォーム/GUI コントロール

VBA フォーム コントロールの上にマウスを置くと、次のようにコントロールの名前が表示されます。

Excel の VBA フォーム/GUI コントロール

スプレッドシートへの GUI コントロールの追加

次に、ワークブックにコマンド ボタンを追加します。そのためには、次のことを行う必要があります。

  • 「挿入」ドロップダウンをクリックします
  • 上の画像に示すように、コマンド ボタン (ActiveX コントロール) をクリックします。
  • シート上にボタンをドラッグして描画します

スプレッドシートへの GUI コントロールの追加

GUI コントロールのプロパティの設定

次に、ボタンのキャプションをよりわかりやすいものに設定します。

GUI コントロールのプロパティの設定

  1. 作成したイコールボタンを右クリックします
  2. プロパティメニューを選択
  3. 次の情報が得られますwing プロパティウィンドウ

GUI コントロールのプロパティの設定

  • name プロパティを btnButton に設定します。 name プロパティは、コード ウィンドウでコントロールを識別するために使用されます。 btn はボタンの接頭辞です。
  • [Caption] プロパティを [Click Me] に設定します。 キャプション プロパティのテキストは、ユーザーにボタン上で表示されるものです。

完了したらウィンドウを閉じます。

次の情報が得られますwing 結果。

GUI コントロールのプロパティの設定

VBA で ActiveX コントロールを使用する方法

Excel の ActiveX コントロールのセクションでは、VBA に「commandclick」ボタンを組み込み、そのボタンを使用してプログラムを実行する方法を説明します。

ステップ1) このステップでは、Active X コントロールから「挿入ボタン」オプションをクリックします。 次に、そこからコマンド ボタン オプションを選択します。

VBA で ActiveX コントロールを使用する

ステップ2) 「clickcommandbutton1」を挿入するには、マウス カーソルを Excel シートにドラッグします。

VBA で ActiveX コントロールを使用する

ステップ3) 次に、コマンドボタンを右クリックし、「コードの表示」オプションを選択します。

VBA で ActiveX コントロールを使用する

ステップ4) 正しいシートにいることを確認してください。 コードエディタが開きます。 コードを入力してください。

  • コードでは、範囲 A1 から A10 を定義しました。
  • この範囲は、Excel シートのセル番号を「A1 ~ A10」として定義します。
  • 次に、コード内で文字列「Guru99 VBA Tutorial」を定義します。
  • Excelで「コマンドボタン」をクリックしたとき。 「A99~A1」のセル範囲に「Guru10 VBA Tutorial」が出力されるはずです。

VBA で ActiveX コントロールを使用する

ステップ5) 次のステップでは、コード ファイルを保存してエディタを終了します。 Excel ファイルに戻るには、Excel シート アイコンをクリックします。 VBA で ActiveX コントロールを使用する 一番左にあります。

VBA で ActiveX コントロールを使用する

ステップ6) Excel シートで、[デザイン モード] タブがオンになっていることがわかります。 「オフ」になっていることを確認してください。そうしないとコードが機能しません。

VBA で ActiveX コントロールを使用する

ステップ7) デザイン モードがオフの場合、緑色のハイライトは表示されません。 コマンドボタンをクリックできるようになりました。

VBA で ActiveX コントロールを使用する


ステップ8) 「コマンドボタン1」をクリックします。 「A99~A1」のセル範囲に「Guru10 VBA チュートリアル」が印刷されます。

VBA で ActiveX コントロールを使用する

上記のExcelコードをダウンロードします。

前提条件

構成 Microsoft Excel
前のチュートリアルで説明したように、リボンにここに示すように「開発者」アイコンが表示されていることを確認してください。

前提条件

次に、以下のスクリーンショットに示すように、sheet1 の名前を「VBA Operator」に変更します。 ワークブックを Excel マクロ有効ワークブック (*.xlsm) ファイル拡張子で保存します。 (下の画像を参照)。

前提条件

その後、「保存」ボタンをクリックします。