Informatica でのランク変換の例

ランク変換とは何ですか?

ランク変換は、グループとランクに基づいてデータのフィルタリングを実行するアクティブな接続された変換です。 たとえば、給与が最も高い従業員のレコードを XNUMX 件取得したいとします。このようなフィルタリングはランク変換によって実行できます。

ランク変換では、グループに基づいてランキングを行う機能も提供します。 たとえば、部門ごとの給与所得者のトップ XNUMX を取得したい場合は、この変換を使用してこのグループ化を行うことができます。

ランク変換は出力行数に影響を与えるため、アクティブな変換です。

ランク変換には、行にランクを割り当てる出力ポートがあります。

私たちの要件は、各部門の上位 3 人の給与所得者の従業員をロードすることです。 ランク変換を使用してこれを実装します。

ステップ 1 – ソースEMPとターゲットEMP_TARGETを含むマッピングを作成します

Informatica でのランク変換の例

ステップ 2– 次にマッピングで

  1. 変換メニューを選択
  2. 作成オプションを選択

    Informatica でのランク変換の例

ステップ 3 – 変換の作成ウィンドウ内

  1. ランク変換の選択
  2. 変換名「rnk_salary」を入力します
  3. 「作成」ボタンを選択します

Informatica でのランク変換の例

ステップ 4 – ランク変換がマッピング内に作成されます。ウィンドウの [完了] ボタンを選択します。

Informatica でのランク変換の例

ステップ 5 – ソース修飾子からランク変換までのすべてのポートを接続します。

Informatica でのランク変換の例

ステップ 6– ランク変換をダブルクリックすると、「変換編集ウィンドウ」が開きます。 このウィンドウで

  1. プロパティメニューを選択
  2. 上/下プロパティから「上」オプションを選択します
  3. ランク数に 3 を入力します

Informatica でのランク変換の例

ステップ 7 – 再度「変換編集」ウィンドウで

  1. 「ポート」タブの選択
  2. 部門番号列のグループ化オプションを選択します
  3. 給与列でランクを選択します
  4. [OK]ボタンを選択します

Informatica でのランク変換の例

ステップ 8 –ランク変換からターゲットテーブルにポートを接続します。

Informatica でのランク変換の例

さて、保存してください マッピング セッションとワークフローを作成した後、実行します。 ソース修飾子はすべてのレコードをフェッチしますが、ランク変換では部門ごとに XNUMX つの高額給与を持つレコードのみが渡されます。