Informatica でのジョイナー変換の例

ジョイナー変換とは何ですか?

ジョイナー変換は、Informatica で結合を作成するオプションを提供するアクティブな接続された変換です。 ジョイナー変換を使用して作成された結合は、データベースの結合と似ています。 ジョイナー変換の利点は、異種の結合を作成できることです。neo私たちのシステム(異なるデータベース)。

ジョイナー変換では、結合に使用するソースが XNUMX つあります。 これら XNUMX つのソースは次のように呼ばれます。

  • マスターソース
  • 詳細ソース

ジョイナー変換のプロパティでは、どのデータ ソースをマスターにすることができ、どのソースを詳細ソースにすることができるかを選択できます。

実行中、マスター ソースは結合目的でメモリにキャッシュされます。 したがって、レコード数の少ないソースをマスター ソースとして選択することをお勧めします。

次のことwing 結合はジョイナ変換を使用して作成できます

  1. マスター外部結合

    マスター外部結合では、詳細ソースからのすべてのレコードが結合によって返され、マスター ソースから一致する行のみが返されます。

  2. 詳細外部結合

    詳細外部結合では、一致する行のみが詳細ソースから返され、マスター ソースからはすべての行が返されます。

  3. 完全外部結合

    完全外部結合では、両方のソースからのすべてのレコードが返されます。 マスター外部結合と詳細外部結合は、次の左外部結合と同等です。 SQL.

  4. 通常の結合

    通常の結合では、一致する行のみが両方のソースから返されます。

この例では、ジョイナー変換を使用して emp テーブルと dept テーブルを結合します。

ステップ 1 – 以下のスクリプトを使用してデータベースに新しいターゲットテーブル EMP_DEPTNAME を作成し、そのテーブルを Informatica ターゲットにインポートします。

上記の emp_deptname.sql ファイルをダウンロードします。

ステップ 2 – 新しいマッピングを作成し、ソーステーブル「EMP」と「DEPT」、および前のステップで作成したターゲットテーブルをインポートします

Informatica でのジョイナー変換の例

ステップ 3 – 変換メニューから、作成オプションを選択します。

  1. ジョイナ変換の選択
  2. 変換名「jnr_emp_dept」を入力します
  3. 作成オプションを選択

Informatica でのジョイナー変換の例

ステップ 4 – 両方の列からすべての列をドラッグ アンド ドロップします。 ソース修飾子 ジョイナー変換へ

Informatica でのジョイナー変換の例

ステップ 5 – Double ジョイナー変換をクリックし、変換編集ウィンドウ内でクリックします。

  1. 条件タブを選択
  2. 新しい条件を追加アイコンをクリックします
  3. マスター列と詳細列のリストで部門番号を選択します

Informatica でのジョイナー変換の例

ステップ 6 – 次に、同じウィンドウで

  1. プロパティタブを選択します
  2. 結合タイプとして通常の結合を選択します
  3. 「OK」ボタンを選択

Informatica でのジョイナー変換の例

パフォーマンスを最適化するために、レコード数が少ないソース テーブル パイプラインにマスター ソースを割り当てます。 このタスクを実行するには –

ステップ 7 –Double ジョイナー変換をクリックしてプロパティの編集ウィンドウを開き、

  1. 「ポート」タブの選択
  2. マスターにしたい特定のソースの列を選択します
  3. [OK]を選択

Informatica でのジョイナー変換の例

ステップ 8 – 関連する列を結合子変換からターゲットテーブルにリンクします。

Informatica でのジョイナー変換の例

次に、マッピングを保存し、そのマッピングのセッションとワークフローを作成した後に実行します。結合は Informatica ジョイナーを使用して作成され、関連するデtails 両方のテーブルから取得されます。